2017年10月19日 (木)

移民の本質

移民をいれなければ日本は没落するとメディアはいう。では移民を受け入れてどうやってGDPを上げるのか。殆どの企業は日本人より安い賃金で労働させられるとしか考えていない。日本人より安い賃金で働く移民が大量に来たらこの人手不足でさえ非正規雇用が3割以上なのに5割は軽く越えて失業者も増加するだろう。

 一部の大企業、グローバル企業だけが潤い国民は貧困層が増えて貧富の差が広がっていく未来しかない。しかも移民といったら中国系だから傍若無人の振る舞いで「郷に入っては郷に従え」ではなく「郷に入ったら郷が従え」という文化、日本人の持つマナー、ルールは完全に崩壊し、道徳心と言った世界に誇る気高い精神は徐々に汚染されやがては順番を守らない。ツバは平気で吐く。公共の場で大声で話すといった中国のような国に変わっていくだろう。日本の文化に馴染んで同化していくという人がいるがそれは少数の場合で、労働力の名の下に移民を何十万と受け入れれば彼らは同化などせず、独自のコミュニティを形成し自国と同じような生活を送るに決まっている。それは日本国の中に中国人の国が出来るようなものでEUの移民達を見ても明らかだ。 

 市場はグローバルなんだから国内のことなんて知ったことではない。安い賃金で働かせて国際競争力を高めるんだと、どんどんグローバル企業優先政策を取り続けた結果もの凄い格差が生まれたのが韓国、移民によって国の文化、伝統、コミュニティ、生活が逼迫されているのがドイツだ。韓国、ドイツ共に高い経済力を誇っているがその実態は決して誉められたものではない。韓国はアメリカ以上の格差社会で財閥企業に入れなければ人生終了、75%以上の韓国人は韓国から出て行きたいといっている。ドイツはグローバル企業のフォルクスワーゲンが儲けるため不正に手を染め恐らくは政府まで絡んでいたという話もある。政府自らが悪事を働きグローバル企業が儲かるのなら何をやっても良いと暴走、出来る訳がないのに難民を無制限に受け入れるといった結果、年内に100万~150万の難民が押し寄せ既にドイツ国民の半数以上が不安、不満を頂き数万規模の難民、移民排斥デモが行われている。他のEU諸国も移民に反対しているところが殆どでハンガリーなどは遂にEUの理念だった国境を無くす事をやめ国境を封鎖した。日本が移民を受け入れればドイツ、韓国のような末路を辿るだろう。

 日本は移民など受け入れず自国の生産性向上のため設備投資、人材投資を続ければ良いのだ。労働者の賃金が上がっていかなければ経済成長ましてGDP600兆円など夢の又夢、最初から安い賃金で働かせるための移民で労働力強化など根本から間違っている。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

移民の本質

移民をいれなければ日本は没落するとメディアはいう。では移民を受け入れてどうやってGDPを上げるのか。殆どの企業は日本人より安い賃金で労働させられるとしか考えていない。日本人より安い賃金で働く移民が大量に来たらこの人手不足でさえ非正規雇用が3割以上なのに5割は軽く越えて失業者も増加するだろう。

 一部の大企業、グローバル企業だけが潤い国民は貧困層が増えて貧富の差が広がっていく未来しかない。しかも移民といったら中国系だから傍若無人の振る舞いで「郷に入っては郷に従え」ではなく「郷に入ったら郷が従え」という文化、日本人の持つマナー、ルールは完全に崩壊し、道徳心と言った世界に誇る気高い精神は徐々に汚染されやがては順番を守らない。ツバは平気で吐く。公共の場で大声で話すといった中国のような国に変わっていくだろう。日本の文化に馴染んで同化していくという人がいるがそれは少数の場合で、労働力の名の下に移民を何十万と受け入れれば彼らは同化などせず、独自のコミュニティを形成し自国と同じような生活を送るに決まっている。それは日本国の中に中国人の国が出来るようなものでEUの移民達を見ても明らかだ。 

 市場はグローバルなんだから国内のことなんて知ったことではない。安い賃金で働かせて国際競争力を高めるんだと、どんどんグローバル企業優先政策を取り続けた結果もの凄い格差が生まれたのが韓国、移民によって国の文化、伝統、コミュニティ、生活が逼迫されているのがドイツだ。韓国、ドイツ共に高い経済力を誇っているがその実態は決して誉められたものではない。韓国はアメリカ以上の格差社会で財閥企業に入れなければ人生終了、75%以上の韓国人は韓国から出て行きたいといっている。ドイツはグローバル企業のフォルクスワーゲンが儲けるため不正に手を染め恐らくは政府まで絡んでいたという話もある。政府自らが悪事を働きグローバル企業が儲かるのなら何をやっても良いと暴走、出来る訳がないのに難民を無制限に受け入れるといった結果、年内に100万~150万の難民が押し寄せ既にドイツ国民の半数以上が不安、不満を頂き数万規模の難民、移民排斥デモが行われている。他のEU諸国も移民に反対しているところが殆どでハンガリーなどは遂にEUの理念だった国境を無くす事をやめ国境を封鎖した。日本が移民を受け入れればドイツ、韓国のような末路を辿るだろう。

 日本は移民など受け入れず自国の生産性向上のため設備投資、人材投資を続ければ良いのだ。労働者の賃金が上がっていかなければ経済成長ましてGDP600兆円など夢の又夢、最初から安い賃金で働かせるための移民で労働力強化など根本から間違っている。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

財政健全化は不要

新聞やテレビでは増税や緊縮財政で財政健全化などという馬鹿げた話をまだしている。プライマリーバランスが悪化して何か問題があるのか? そもそも何のためにプライマリーバランスを黒字化させようというのだ。無理矢理政府の支出を削って歳出を減らしたところでデフレである我が国の経済が更に落ち込めば歳入も減少していく、デフレの国というのは民間企業も家計も消費や投資をしないのだから政府が金を使わなくてはいけないのに、その政府ですら金を使わなくなったらお終いだ。ギリシャを見れば分かるが日本以上のデフレでありながらドイツに緊縮財政を迫られた為にプライマリーバランスの黒字化に成功しているのに破綻した。(正確には破綻間近でEUが助けた)

 デフレ脱却とプライマリーバランスの黒字化など両立しないことは明らかである。先ず何よりもデフレ脱却を一丁目一番とし企業や家計にお金を使って貰う環境を構築すれば自然と税収は増えていきプライマリーバランスの黒字化も達成出来る。その為には国債を発行しプライマリーバランスが悪化しようとも政府が自らお金を使って需要を創出しなくてはいけないのだ。

 日本がデフレ脱却出来ない一番の原因は政府が財政出動でお金を使うと「プライマリーバランスが悪化する」「国債が破綻する!」といった有りもしない嘘、的はずれな批判が起きるからである。国債を刷って何がいけない。 日本国債は100%円建て、政府が借りたお金はそのまま社会保障やら公共投資に使われ全て国民に還元されるのだ。そしてまた国民や民間企業が預金をして銀行が国債を買う。この繰り返しである。

 日本国債を買うお金がなくなることもないし日本政府が国債を償還出来なくなることもない。何故なら政府はいくらでも日本円が刷れるし現在日銀が行っている量的緩和で既に300兆近くの国債が政府に戻っている。つまり実質的な政府の借金は800兆円だ。財政破綻主義者は「札を刷ったらハイパーインフレになる!」といっていたが300兆も量的緩和を現在まで続けているのにどうしてハイパーインフレどころか、インフレすらまともに起きないのだろうか? 簡単なことだ。銀行が国債を売却してもそのお金を貸す先がないからである。インフレというのはモノやサービスが買われる事で上がっていくのであり、札を刷れば上がるという話ではない。

 日本の間違いは財政破綻という嘘に惑わされ政府がお金を使わないこと。ただそれだけである。デフレである以上国債なんていくら発行しても問題はない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

GDP

GDPとは国内総生産の事で、この文字だけ見ると日本国内で作られた製造品(家電製品や車)の合計なのかと勘違いしてしまうが「生産」はモノ以外にサービスも含まれる。つまり日本国内で働いている人は全員生産者であり、生産活動(モノやサービス)によって生産物を提供しているから、その生産の合計がGDPという事になる。 

 日本国内で流通している生産物を誰かが買う(消費者)ことで販売者の所得が生まれる。消費者とは家計(個人)であり、企業であり、政府である。生産物を買うお金はどこから生み出されたのかといえば、勿論働いてモノやサービスを生産しそれを違う消費者に買って貰って得た所得からとなる。

 要するに働いている人は全員生産者であると同時に消費者でもあり、生産して(働いて)得たお金で今度は消費者に周り物やサービスを購入することで誰か(販売者)の所得を増やしている。このプロセスの連続がマクロ経済、即ちGDPの総計になっている。
 

 故に国内総生産と国内総支出(消費)と国内総分配(所得)の合計はそれぞれ全て一致する。 

 これを三面等価の原則と呼ぶが例えば私が働いて10万円分の生産品を作る。それを誰かが10万円を払って買ってくれれば私の所得は10万円増えることになる。この一連の流れで10万円分の生産、10万円分の消費、10万円分の所得が増えたことになる。
 

 だからGDP=国内総所得でありGDPは日本国民の所得の合計額でその国の国力を表す指標とされている。GDPの上昇は日本国民の所得が増加し豊かになった証、反対にGDPの低下は国民の所得が減り貧乏になったというわけだ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

上手の手から……

TBSは日曜朝の関口宏サンデーモーニングで明らかのように左翼ちゃんねるである。
 9月25日安倍総理出演のTBS、NEWS23で放送事故が発生した。MCの星がイヤホンからディレクターの指示を受けながら番組を進行しているのがあまりにもリアルである。
 星が右耳のイヤホンを外し肩に引っ掛けるように垂らしていたところ「モリカケ問題(森友学園、加計学田)」という音声が入った。星のイヤホンから指示が漏れ、星のピンマイクに拾われた。この音声を受けて再び星は「あとで、お時間あるので」と消費税から話を変えようとするが、首相は「ついでに言わせてください」とストップを無視して話を続ける。ひと段落したところで映像が入り次の話題に移ったが、そのテーマは指示通り「森友・加計」だった。

 つまりTBSは首相の口からモリカケ問題でボロをださせる事が目的である。安倍自民党を勝たせずボロ負けさせて退陣させたい。それで喜ぶのは北の金正恩、次に習近平である。

 トランプと安倍さんの仲は極めて良好、仮に一見民主党じゃなかった立憲民主党の枝野幸男が万が一首相になればトランプとの人間関係は最悪になる。朝鮮有事のときにTBSはそういうことを目論でいる。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

移民の本質

移民をいれなければ日本は没落するとメディアはいう。では移民を受け入れてどうやってGDPを上げるのか。殆どの企業は日本人より安い賃金で労働させられるとしか考えていない。日本人より安い賃金で働く移民が大量に来たらこの人手不足でさえ非正規雇用が3割以上なのに5割は軽く越えて失業者も増加するだろう。

 一部の大企業、グローバル企業だけが潤い国民は貧困層が増えて貧富の差が広がっていく未来しかない。しかも移民といったら中国系だから傍若無人の振る舞いで「郷に入っては郷に従え」ではなく「郷に入ったら郷が従え」という文化、日本人の持つマナー、ルールは完全に崩壊し、道徳心と言った世界に誇る気高い精神は徐々に汚染されやがては順番を守らない。ツバは平気で吐く。公共の場で大声で話すといった中国のような国に変わっていくだろう。日本の文化に馴染んで同化していくという人がいるがそれは少数の場合で、労働力の名の下に移民を何十万と受け入れれば彼らは同化などせず、独自のコミュニティを形成し自国と同じような生活を送るに決まっている。それは日本国の中に中国人の国が出来るようなものでEUの移民達を見ても明らかだ。 

 市場はグローバルなんだから国内のことなんて知ったことではない。安い賃金で働かせて国際競争力を高めるんだと、どんどんグローバル企業優先政策を取り続けた結果もの凄い格差が生まれたのが韓国、移民によって国の文化、伝統、コミュニティ、生活が逼迫されているのがドイツだ。韓国、ドイツ共に高い経済力を誇っているがその実態は決して誉められたものではない。韓国はアメリカ以上の格差社会で財閥企業に入れなければ人生終了、75%以上の韓国人は韓国から出て行きたいといっている。ドイツはグローバル企業のフォルクスワーゲンが儲けるため不正に手を染め恐らくは政府まで絡んでいたという話もある。政府自らが悪事を働きグローバル企業が儲かるのなら何をやっても良いと暴走、出来る訳がないのに難民を無制限に受け入れるといった結果、年内に100万~150万の難民が押し寄せ既にドイツ国民の半数以上が不安、不満を頂き数万規模の難民、移民排斥デモが行われている。他のEU諸国も移民に反対しているところが殆どでハンガリーなどは遂にEUの理念だった国境を無くす事をやめ国境を封鎖した。日本が移民を受け入れればドイツ、韓国のような末路を辿るだろう。

 日本は移民など受け入れず自国の生産性向上のため設備投資、人材投資を続ければ良いのだ。労働者の賃金が上がっていかなければ経済成長ましてGDP600兆円など夢の又夢、最初から安い賃金で働かせるための移民で労働力強化など根本から間違っている。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

ちょっとしたこと

 daigoの祖父の竹下登は根回しの人といわれた。朝起きるとその日誕生日の国会議員を頭に入れ国会で会うと共産党であろうと
「誕生日、おめでとう御座います」といったという。そういわれて気分を害す人はいない。これは田中角栄譲りの手法だったのだろう。この小さな気配りが敵を作らないメリットを生んでいった。
 見え見えだ総理がそんなことをしてどうする。国会は理性のぶつかり合いなどというのはとんでもない勘違いで政治資金規正などあってないが如く、政治家に金と女はつきもので権力と地位とカネのオンパレード、一般市民よりお盛んなのが常識である。
 よって俗世間なら見え見えの言動も功を奏す理屈だ。
「ハイ、なんでしょうか?」
「なーにー」
同じ返事でも上段と下段では一生が違ってくる。それは月とスッポン程の差で仮に言われた用言を忘れても上段の人は、
「ハハハ、忙しかったんだろう。今度は忘れないようにね」といわれ。下段はこのときとばかり
「馬鹿野郎。いつもいやいや仕事をしているから忘れるんだよ」と何十分もいわれ、怒られる方も反省しないでその人を恨むようになる。いった方にしてみればとっと辞表を書いてくれということだ。
「ハイ、なんでしょうか」明るくそういうことに務めることである。   

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

日本国債は破綻しない

 よくギリシャを引き合いにだし「日本もギリシャのように破綻する!」と財政破綻論を語る人がいるが、ギリシャの金利が一時10%を越えたのに対し破綻する日本国債の金利が何故世界最低水準なのか納得出来る説明を聞いたことがない。

「日本の国債は信用力が高いから大丈夫なんだ」という人がいるが国債の信用力って具体的に何だろうか。4月にも米国の大手格付け会社が日本国債の格付けをA+からAに引き下げたが金利は上がるどころか下がっている。  結論からいえば所謂国債の信用力と現在の低金利はまったく関係なく、なんのことはない銀行の貸出先がないから国債が買われているだけである。  実際にバブルに湧いて好景気だったときの方が遙かに金利高くなんと6%以上もあった。

 当時はこんなに金利が高かったのに金利が返せなくなって財政破綻する! といった人はいなかっただろう。それは当然みんながお金を借りてどんどんどんどん投資や消費を増やしたからである。税収は増えGDP(国力)はグングン上昇していったのだ。  しかしそう長くは続かないバブル崩壊によって日本経済は停滞、本来なら景気を回復させるために政府が積極的に支出を増やすべきだったが公共事業費の削減(全盛期の半分)や増税などの緊縮政策を繰り返し日本はデフレに突入、失われた20年と呼ばれる暗黒期から現在まで脱していない。  
 バブル崩壊後、企業は借金を返済し個人は預金を続けた。だから銀行は貸出先がなく仕方なく国債を買っている。誰も日本国債の信用など考えて買っていない。単に日本がデフレでお金を借りる人がいないから国債の金利が低いのだ。よって超低金利というのは日本にとってまったく良い事ではない。消費増税など止めて積極財政で政府が支出を増やすべきである。財政破綻などあり得ないのだから国債だって発行すればいい。

   デフレ脱却を果たせば自然と金利は上昇していく、そのときまた財政破綻を語る人はいなくなるだろう。何故なら金利の上昇が日本経済復活の象徴なのだから。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

二つの説②

 だがそれだと困った問題が起きる。北とイランは仲がいい。イランの敵のイスラエルは公式ではないが核を既に所有している。
 イスラエルのスポンサーは米でイランに核を持たせるわけにはいかない。そこでイランは北からミサイルを買っている可能性が濃厚。よって北を認めるとイランも認めることになる。

 日本は米経由の情報が入ってきて洗脳されているから、ロシアを悪い国と見るのと同様に日本はアラビスド(親サウジアラビア)である。何故なら米の主観がそうでサウジの敵はイランだからイランは悪いヤツだとみるが、ユダヤ人は2000年前にエルサレムを追われた。そしてドイツ人からの迫害に合いながらシオイズム精神で、そこはアッラーを信じるムスリム(イスラム教徒)の都市だったのに、2000年ぶりに帰ってきましたといってユダヤ人にイスラエルとして認めたのは米であった。

 米は北だけなら核を認めていい。しかし北を叩けばイラクは次は俺の番かとビビる。これは大した抑止力になるのではないのかと思案中とみる。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

二つの説①

 米が仮に戦争したくないとする。
  もう面倒だからと北の核を認めるとお墨付きを与えれば北の核は悪い核から良い核に反転する。

 日米同盟の日本は米が良い核だといっているのにいいや悪い核だといったら日米安保が一枚岩でなくなる。米は日本に核を持たせたくない。しかし米北同盟もないのにいきなり北の核を認めたら日本の面目は当然立たない。
 そこで日本の非核三原則、持たず、作らず、持ち込まえずを持たず、作らず、しかし持ち込むに変える。核の所有権はないが米の核の使用権と管理権は日本となる。

 これはもう殆ど日本が核をもったのと同様の価値がある。ヨーロッパはロシアの核が脅威だからニュークリア・シェアリング「核兵器の共有」で北大西洋条約機構(NATO)の28ヶ国は米から核をリースされているのでロシアはヨーロッパだけでなく米も相手にすることになる。つまりこれと同じことをすればいい。国会決議は不要、安倍さんが決断すればできる。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

«GDPとは