« 原油価格が最高値を更新 | トップページ | 舛添要一厚生労働大臣へ »

2008年4月23日 (水)

Nスペをみて私は科学が発達する程、人種問題が解決に進むのではないかと思いました。

白人も黒人も黄色人種も元を辿れば祖先は同じホモサピエンスです。今から20万年前、人類はアフリカで誕生しました。チンパンジーと人の違いは全身にメラニンを張り巡らせる進化をしたかどうかだそうです。森から出てサバンナで暮らすようになった人類の祖先は強い紫外線から身を守る為にメラニンを獲得し褐色の肌を持つようになりました。そして6万年前に獲物を追ってアフリカを出た人類はアラビア半島で二手に分かれ東は1万5千㎞先のオーストラリアに到達し北は6千万㎞のところに辿り着き生息域を世界に広げていきました。

人は太陽光を浴びないとビタミンDがつくれません。しかし浴びすぎると癌になってしまいます。紫外線の弱い地域に移動した人類はビタミンDが不足してしまう為、紫外線量に遭わせて肌の色を変化させます。更に肌の色だけでなく目(青い目)や髪(金髪)もメラニンが少ないために生まれました。
番組ではイギリスに移住してきたインド人の男の子がビタミンD欠乏症の為に歯が生えてこないという現象がおきている事を紹介していました。世界最北に住むイヌイット族の人は肌は黄色のまま、アザラシ・鯨・魚などを食べてビタミンDを補ってきましたが近年では伝統食を食べなくなってしまい骨が脆くなるという問題が起きています。反対にオーストラリアはイギリスからの移民が多く、白人の人たちが三人に一人の割合で皮膚癌にかかってしまいます。

このように人類は生息する地域によって太陽光線の調節するために肌を黒くしたり黄色くしたり白くしたりして生き延びてきました。番組では言いませんでしたが日本の場合は暑くて倒れそうな夏は黒くなり寒くて死にそうなときは白くなればいいのですがカメレオンではないので中間色の黄色となったのだと捉えました。イギリスに住むインド人の子供は生薬を飲み続けなければいけません。またその逆にオーストラリアに住む白人はサングラスを掛け帽子を被り常に紫外線をさけている現状があります。

人類は歴史の中で黒人を奴隷にしたりアヘンを黄色人種に売りつけアヘン戦争までの暴挙に至りました。キング牧師(人種差別の撤廃運動をした黒人牧師)が「私には夢がある。いつの日か、嘗ての奴隷の子達と、嘗ての奴隷の所有者達の子達が、席を並べられる事を」と名演説をしましたが差別区別をしてしまう人間の性では、その願いが叶う日は遠いのが現状です。しかし科学が発展すると例えば団塊の世代の人たちは「夏、海水浴に行くと十二分に太陽を浴びて日焼けすれば冬風邪をひかない」とか「潮風にあったた方が良い」と教えられたそうです。その根拠はなんだったのか分かりませんが、何れにしろ良くないことしていたと気づいたように人間は、その土地で環境に馴染む為に肌の色を変えてきただけで、そこに優劣は存在しない事がハッキリしてくるのではないでしょうか。よって私はキング牧師の夢は科学の進歩によって実現されるのではないかと思いました。

この記事を読んで良かったと思った方はランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« 原油価格が最高値を更新 | トップページ | 舛添要一厚生労働大臣へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nスペをみて私は科学が発達する程、人種問題が解決に進むのではないかと思いました。:

« 原油価格が最高値を更新 | トップページ | 舛添要一厚生労働大臣へ »