« 青い聖火護衛隊の正体 | トップページ | メタボの大本はグルメブーム? »

2008年4月22日 (火)

今日のニュースで感じたこと。

山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審で殺人や強姦致死などの罪に問われていた当時18歳だった少年に死刑の判決が出ました。 最高裁が示した死刑の判断基準に永山基準というのがありますが、犯行時18歳だった被告に高裁レベルで死刑が言い渡されるのは、最高裁に記録が残る昭和41年以降3人目で、近年の厳罰化の流れを反映した司法判断となったそうです。
事件発生から9年を経て4度目となる判決で、初めての死刑宣告。9年間死刑の判決を訴え続けてきた被害者のご主人である本村洋さんが判決の後記者会見で、記者の質問に対し淡々と答えている姿を見て「こういう人こそ司法に携わって欲しい」と思いました。
そして「心は晴れるが私が死刑を望んだという十字架を背負っていく事には変わりない。」と話していたことがとても印象的でした。

ゆうき 蘭でした。

|

« 青い聖火護衛隊の正体 | トップページ | メタボの大本はグルメブーム? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511120/40962694

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のニュースで感じたこと。:

« 青い聖火護衛隊の正体 | トップページ | メタボの大本はグルメブーム? »