« その時、歴史は動いた~人間は尊敬すべきものだ~ 全国水平社・差別との闘いを観て③ | トップページ | フランスと中国 »

2008年4月25日 (金)

原油高のお話

相変わらずWTI数値は高く意味もなくWTI原油価格は上がっています。しかし、1バレル116円当たりにいてかなり高いのですが、主な要因はドル安だからです。以前にも「世界の金利」というところで書いていますが、アメリがドル安だと自国通貨が高くなりよって原油が買いやすくなり、アメリカ市場が不安定なことを考えて原油先物にお金が流れているのだと思います。しかし、ユーロ建てではそれほど上がっていません。従ってWTIを上げているヘッジはもう少し上がると思っているのか、この水準から下がると思っているのか強弱相まっている様子が投機筋に現れていると思います。

この記事を読んで良かったと思う方は、ランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« その時、歴史は動いた~人間は尊敬すべきものだ~ 全国水平社・差別との闘いを観て③ | トップページ | フランスと中国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原油高のお話:

« その時、歴史は動いた~人間は尊敬すべきものだ~ 全国水平社・差別との闘いを観て③ | トップページ | フランスと中国 »