« 日本史サスペンス 春日局編を見て① | トップページ | 福田さん、私が首相だったら・・聖火リレーは中止します。 »

2008年4月19日 (土)

日本史サスペンス 春日局編を見て②

春日局の本名は斉藤福です。実父は明智光秀の重臣であり甥(一説では従弟)とも言われる齋藤歳三で、その死後は母方の縁者・稲葉家の娘となりました。光秀は本能寺の変で信長を討ってくれましたし稲葉家には姉川の合戦の時に救われていますので家康は春日局に対しては悪い感情は抱いていなかったのだと思います。結論を言うと嫡男・信康そして正室・築山御前の処刑を命じた信長と自分を殺そうとした浅井、両者の血をひく子供ではなく本能寺の変で天下取り足がかりを作ってくれた明智の血を引き養父は命の恩人である春日局の子を後継者にしたいと思ったのではないのでしょうか。

番組では春日局から家康と謁見を望み竹千代を跡継ぎに勧めたとされていましたが、この時代の家康はまさに雲の上の人です。一介の乳母がお目通りしたいといって会える相手ではありません。よって家康のほうから春日局を呼び出し協力するように言ったのではないかと思います。その上、運良く彼は長男でした。大義名分がたちます。長幼の序によって長男が家督を継ぐべしというのが、ここから徳川幕府250年あまりの鉄則となるわけです。以上が私の考える家光が跡目を継いだ最大の理由です。(番組では春日局の意見を取り入れてという事になっています)

ゆうき 蘭でした。

|

« 日本史サスペンス 春日局編を見て① | トップページ | 福田さん、私が首相だったら・・聖火リレーは中止します。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本史サスペンス 春日局編を見て②:

« 日本史サスペンス 春日局編を見て① | トップページ | 福田さん、私が首相だったら・・聖火リレーは中止します。 »