« 私の抱いている疑問 | トップページ | 大泉総理と風子さんについて »

2008年4月 5日 (土)

行列の出来る法律相談所をみて感じる事

法律とは、人間の価値観を成文化したものであるという高尚な定義があるそうです。
でも日曜日の夜の業れるの出来る法律相談所をみていると私は首を傾げたくなります。この番組の視聴率は高いので説明する必要はないと思うのですが簡単にいうと身近な問題を取り上げ島田紳助さんがコミカルにバラエティー調に進めていく人気番組です。しかし私は島田紳助さんが弁護士に答えを求める際「貴方の真実は」といって導き出される弁護士先生達の答えに危惧を感じる時があります。それは同じ日本人で同じ時代に法律を勉強し同じ事例を解釈しているにも拘わらず、何故○と×、右と左ほど各人の解釈が違うのでしょうか。それも殆ど一致することがないといっていいほど、いつも異なる見解を語っています。

素人は同じ法律を勉強したのだから見解はほぼ一致すると信じています。例えば医学で一つの症状に対し相反する病名を二つも付けられたらたまりません。例えば被告人を守る側の弁護士に対し暴く側の検事、そして判決を導き出す裁判官は同じ司法試験の合格者です。つまり北村弁護士や丸山弁護士(現在は議員なのでレギュラーではありませんが)は本人の希望次第で判事(裁判官)にもなれた筈です。そうすると一つの事件に対し裁判官の思想や個性で事件に白黒がつけられるという不安に駆られます。昨今、騒がれているロス疑惑の三浦和義という人の場合も最高裁で無罪が決定しています。これは一事不再理といって日本の法律ではもう覆ることない結論であり事実以上の真実であります。しかし三浦和義という人がサイパンに旅行に行った時、管轄が日本からアメリカに移り其処を逮捕されました。まだ結論は出ていませんがもし有罪となった場合、一物二価以上の決定が下されることになります。同じ事件を日本では無罪、アメリカでは有罪ということになると明らかにどちらかが間違っていた事になります。そう考えると裁判官によっても異なるし国によっても異なるということになり、法は正義であるという観念が大きく覆ります。法律を信じすぎると無罪は無実であったと勘違いしてしまいますが無実であっても有罪になることもあるという観念を持たざるを得ません。法律とは人間の価値観ではなく方便である側面が露呈するかもしれません。

それにしても何故ロス疑惑から26年経っての再逮捕なのでしょうか。
三浦という人の逮捕直前には沖縄米兵による少女暴行事件、イージス艦と漁船が接触事故がありましたがコメンテーターとしてテレビに出ている黒鉄ヒロシさん(漫画家)が何故この時期なのかと言っていたのが印象的でした。

|

« 私の抱いている疑問 | トップページ | 大泉総理と風子さんについて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mpfeelg/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008年4月 5日 (土) 20時22分

初めまして。あし@から訪問させて頂きましたDoraNekoと申します。
記事と直接関係のない書き込みで申し訳ありません。
当方はDoraNekoのリンクPage という笑える画像・面白画像を集めたブログと、
ブログの宣伝・告知・アクセスアップなどができるトラックバック受付所
猫式虎場あ湯 http://nekoshikitb.cocolog-nifty.com/blog/の管理人です。
ご自分のブログにスパム対策でトラックバック受付をしていない方でも
自分への被リンクが増えるトラックバック送信が自由に可能ですので
もし興味がおありでしたらお気軽にお役立て頂ければと思います。
突然のカキコ失礼しました。m( _ _ )m

投稿: DoraNeko | 2008年4月 5日 (土) 22時18分

さくらPaPa。*^▽^)σ 気ままなBlog です
大阪から発信しています。♪(゚▽^*)ノ⌒☆

遊泳中ですのぞいて頂くと大喜びします。o@(^-^)@o。

あなたのBlogにemoを貼ると面白い変化が「ココロ分析」
笑う門に福来る。(^。^)y-.。o○

投稿: 桜パパ370歳の≡Slowlife | 2008年4月 6日 (日) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行列の出来る法律相談所をみて感じる事:

« 私の抱いている疑問 | トップページ | 大泉総理と風子さんについて »