« 千原せいじさんの意見に賛成です。 | トップページ | 町村官房長官、口は重宝なものです。 »

2008年5月 3日 (土)

徹子の部屋 ゲスト:大平光代さんをみて

以前、大平光代さんの書いた「だから、あなたも生きぬいて」を読んだことがあります。徹子の部屋でゲストで出演していたので、もう一度本を読みました。 中学2年の時に酷いイジメに遭い、復学すると更にイジメがエスカレートして割腹自殺をはかりましたが未遂に終わり、その後自暴自棄になり極道の妻を経てホステスをしていたときに父親の知り合いだったおじさんとあい「今のような生き方をしてはいけない」と何度も説得してくれたことからやり直すことを決心しました。心機一転、資格を取得しようと勉強を開始するのですが中学2年から全く勉強していなかった大平さんは漢字が読めず本を選ぶのにも苦労します。宅建と司法書士の資格をとり最大の難関である司法試験にも合格した、まさに奇蹟の人です。弁護士になられてからは自分と同じ様な目に遭う子供を増やさないようにと活動されています。現在は結婚もされて1歳4ヶ月の悠ちゃんという女の子がいるとの事です。

さて私もイジメ問題には強い関心があります。何故いじめるのかという事を考えると、これは野村監督が自身がイジメにあった時の事を回想して言っていたのですが「あいつはイジメてもバックに誰もいない。(強力な親や兄弟)という事を前提としている」との事でしたが私も同感です。例えばイジメられた子が来なくなりイジメが原因で不登校になったという事が明らかになったとき罰則規定をうけると設ければ、いじめは減るのではないでしょうか。「イジメの事実を全く知らなかった」と担任は言いますが知らなかったでは済まされません。知らなくても管理責任は問われます。自分のクラス内にいじめあ遭った場合は担任も責任を問われるシステムがあれば教師の目も行き届くと思います。ところが、そういった事がないとイジメっ子は表向き改心したように見せて「もう大丈夫」と帰ってくると更に陰湿なイジメが始めまるのだと思います。

そこで重要なことは戻ってこなくてもいいという事を前提にして通信教育でも勉強できるシステムを作った方がいいのではないかと私は思います。行きたくない学校に無理矢理行かせて自殺してしまうケースが増えているようですが、ストレスとは逃げ道がないからストレスになるのだと考えます。人にはそれぞれタイプがあって、みんなと一緒にいなければ勉強できない人も居ますが一人でコツコツ勉強する方が向いている人もいます。

その例が前述の大平さんと作家の司馬遼太さんです。彼は学校では劣等生でしたが自分の好きなことを調べるとなると卓越した能力を発揮したそうです。今もイジメの問題がクローズアップされますが本当にいじめられている子を救済したいのであれば通信教育で学べるようにすることが一番救いになるのではないでしょうか。仮に大平さんの時代にそうしたシステムがあれば道がそれることなく勉強していけたかも知れないと思います。

実際、私も小学校の時に独学で簿記を勉強した事があり分からない事があると掲示板で聞くまくっていました。皆さん親切丁寧に教えてくださったので随分助かりました。つまり通信教育でも、そうした交流があれば充分勉強することは可能です。その上パソコンに適した性格はみんなと集まって黒板に書かれた事を勉強するタイプよりも自分が疑問に思った事の情報を集め自らスキルアップできるタイプの人の方が向いていると思います。これからはPCスキルの高い人がどれだけいるかが国力になると考えます。諸外国、特に中国には人口の面で13倍差を付けられていますので日本は一人一人のスキルアップ、質を向上させる事が急務です。いじめ問題を解決したいのであれば通信教育の充実を計る事が近道であるというのが私の考えでした。

この記事を読んで良かったと思った方はランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« 千原せいじさんの意見に賛成です。 | トップページ | 町村官房長官、口は重宝なものです。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

学校って勉強を学ぶだけのところでしょうか?そういう考えの人がいるから、団体行動ができない人間が増えるのです。学問を学ぶ以外に、集団の中で生きる自分の存在、協調性、チームワーク、友情を学ぶ必要があるから学校に行く意味があるのです。通信教育で学問は学べても、一生一人で生きていくわけではないはずなので、その後、相当苦労すると思います。できれば学校という集団で小さい頃からもまれた方がいいのです。

投稿: ベンジョンソン | 2008年11月16日 (日) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徹子の部屋 ゲスト:大平光代さんをみて:

« 千原せいじさんの意見に賛成です。 | トップページ | 町村官房長官、口は重宝なものです。 »