« ガイアの夜明け ネットの闇 ~有害サイトから家族を守れ~をみて⑤ | トップページ | ガイアの夜明け ネットの闇 ~有害サイトから家族を守れ~をみて⑦ »

2008年5月21日 (水)

ガイアの夜明け ネットの闇 ~有害サイトから家族を守れ~をみて ⑥

私は小学生の時に当時まだネットが普及していなかったのでニフティが運営していたパソコン通信のフォーラムに入っていました。私が簿記を勉強する人たちの会計フォーラムの初級者が集う「寺子屋」で分からない事を聞き親切丁寧に教えて頂いたお陰で簿記2級まで取得する事ができました。今思えば3級が受かったときにはフォーラムの多くの人からお祝いのコメントを頂き、そのことが嬉しくて2級までとれたのだと思います。その後ネットが主流となってパソコン通信は廃れてしまいましたがパソコン通信を通じて犯罪被害に遭ったという話は一度も聞いた事がありません。余談ですが当時、高校生達のフォーラムに入った会議室(今で云う掲示板)で昔のアニメの話になったのですが私はそのアニメを知らなかったので「それはどういう話ですか」と聞いたら「あなたいくつ?」と返ってきたので「小学校3年生です」と答えたら私達は小学生相手に話していたのかと驚かれた事がありました。

私はフォーラムが無くなってしまったのでネットに移行しましたが、そこでは私の書いた小説「大泉総理と風子さん」が誹謗中傷を受けたことがあります。今までパソコン通信では温かい人たちに囲まれていましたので、とてもショックを受けました。私は今でもニフティのパソコン通信が復活してくれればいいのにと思っています。当時は未成年が単独で入会する事は出来ず親自身が本名を登録して子供が入会できる仕組みでしたので誹謗中傷したときには当局が誰がしているのか分かるシステムがひかれていたのです。現在の携帯を通じての自殺に至らしめるほどの嫌がらせは親の目の届かないところで行われている点が最大要因ではないかと考えます。

他の先進国ではどうかというと、そもそもインターネット機能付きのケータイを子どもに持たせているのは世界の中でも日本だけでインターネット先進国と言われているアメリカの家庭でも子どもに使わせているのはパソコンのみです。携帯を渡す場合は最初はフィルタリングソフトをかけルールや判断能力を身に付けてから徐々にフィルタリングを外すようにしているそうです。日本の場合、子どもにケータイを自由に与えているだけではなく、そのケータイにフィルタリングさえかかっていないのが一般的です。番組でも韓国のケースを放映していました。韓国ではホームドクターというフィルタリングソフトがヒットしていて有害サイトにアクセスしようとすると親の携帯に通報してくれたり子供が使うPCの時間も設定できるようになっていました。日本では国の要請を受けて、携帯通信会社がフィルタリング機能の強化に取り組み始めたのはつい最近で普及しているとは云えません。 

この記事を読んで良かったと思った方はランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« ガイアの夜明け ネットの闇 ~有害サイトから家族を守れ~をみて⑤ | トップページ | ガイアの夜明け ネットの闇 ~有害サイトから家族を守れ~をみて⑦ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガイアの夜明け ネットの闇 ~有害サイトから家族を守れ~をみて ⑥:

« ガイアの夜明け ネットの闇 ~有害サイトから家族を守れ~をみて⑤ | トップページ | ガイアの夜明け ネットの闇 ~有害サイトから家族を守れ~をみて⑦ »