« クローズアップ現代をみて | トップページ | 柔道とJUDO »

2008年5月11日 (日)

カンブリア宮殿(アルプス技研 松井社長)をみました。

今、企業は海外に目を向けていて新入社員200名ほどを外国人(主に中国人)から採用しています。彼らは大学生の頃から日本語を学んでいて日本語で出される入社試験問題も中国人の方が平均点数が10~15点ほど高いそうです。近年、日本では工学部出身の学生が減っているのでグローバルに人材を採用すべきという見方が出てきています。
                                                 
人材派遣会社には登録型(グッドウィルなど)と常用雇用型の二つの形態があります。アルプス技研は常用雇用型で3000人を抱える専門家集団でソニー・三菱重工・日産・リコー・ニコンなどに社員を派遣しています。松井社長は脱サラし25歳でアルプス技研を設立しました。順調に運営していたのですが、社員が50人になったとき事件は起きました
派遣していた社員が仕事で上司に怒られ得意先に上司の悪口を送り辞職してしまったのです。その一件から松井社長は一番大切なことは技術力ではない。いくら技術が高くてもマナーがなっていなければアルプス技研の社員はダメだと思われてしまうと考えるようになり行動力や表現力、マナーを教える地獄の訓練をして社員教育をしアルプス技研の社員は規律正しくしっかりしていると評判になりました。

松井社長は新入社員の教育を徹底するようになりました。アルプス技研では社員研修として内観(過去の自分を振り返り紙に書き出し自分と向き合う作業)と大きな声でビジネス10箇条の暗唱する事を課しています。「プライドがうぬぼれだったり自信が過信だったりする。組織は頭(TOP)から腐る」と語る松井社長は重役社員にも内観を実施しています。これからの時代は前述のように人材をグローバルな視点で採用する動きがあります。そんな中でも初心を忘れず高い技術力と礼儀を重んじるアルプス技研は成長しているのだなと思いました。

この記事を読んで良かったと思った方はランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« クローズアップ現代をみて | トップページ | 柔道とJUDO »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

アルプス技研ってブラック偏差値高いらしいですね~

投稿: | 2013年2月10日 (日) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンブリア宮殿(アルプス技研 松井社長)をみました。:

» メイド・イン・ジャパンで食糧危機に立ち向かえ! [好きなTV番組]
食の安全について30年も前から考えていたのは素晴らしいです。 やはりビジネスのポイントは人と違うことを先にやることなんだと思います。 世の中がスタンダードになる前に抑える、 無農薬の野菜がもっともっと拡がると良いですね。 金言1 「情報公開をすれば コストは下がる」 金言2 「本物を見れば ニセモノが分かるようになる」 金言3 「価値は"安さ"だけじゃない�... [続きを読む]

受信: 2008年5月17日 (土) 23時34分

» 医療シリーズ第一弾 [好きなTV番組]
後期高齢者医療制度など、最近特に医療制度について問題になっています。 救急車をタクシー代わりに使う人が本当にいるなんて信じられませんでした。 医療現場もそう、世の中の人間もそう、何か人としておかしくなっている部分が現代の日本人にはあるのではないでしょうか? どうすれば、正常な世の中になるのか考えているのですが、 未だに答えは見つかりません。 良い方向に進んでいってくれることを祈ります�... [続きを読む]

受信: 2008年5月18日 (日) 14時53分

« クローズアップ現代をみて | トップページ | 柔道とJUDO »