« クラスター爆弾① | トップページ | ケータイ事情 ① »

2008年6月 1日 (日)

クラスター爆弾②

重要なことは、この条約に米・中・露の大国 とイスラエルが同意していません。
同じようにアメリカは地球温暖化対策のキッカケとなった京都議定書にも批准していません。

確認されただけでも5500人がクラスター爆弾(第二の対人地雷との異名も)によって死亡しています。日本は金額にして276億円ものクラスター爆弾を所有しています。日本の所有クラスター爆弾は旧式で不発の確立は10-40%、 この不発爆弾はチャイルドキラーと言われていて子供が手を伸ばしたくなる興味をそそられる色と形をしているので、コレを拾った或いは踏んだ子供が死んでしまったり手足を失うという悲劇が後を絶たなかったのですから、とりあえず良かったわけです。

爆弾は米・中・露の大国が製造していますが日本には日米安保がありますから常識的に考えてアメリカ製を所有しているのだと思います。ここで疑問が二つあります。一つは日本が所有しているクラスター爆弾を日米安保に基づいて米軍が使用することは可能なのか。もう一つは日本所有の旧式爆弾は使えないのですがアメリカが不発しない或いは不発防止装置が完備されたクラスター爆弾を売りつけてきた場合は、どうなるのでしょうか。

つまり「日本は新型を買いなさい。ただし使用するのはアメリカにするから」と言われたときはどうなるのでしょうか。又、現在使用できない276億円のクラスターはどう処分するのでしょうか。 それにしても276億円つぎこんで買った爆弾。これは当然税金が使われた事になります。爆弾が消えることは素晴らしいのですが276億円がもったいない。

ところで多くの日本人が「何故、日本はいの一番に賛意を表明しなかったのか」と思ったのではないでしょうか。私は日米安保条約のある日本は、その気持ちがあっても最初から賛成するわけにはいかなかった。しかし京都議定書は日米の間に条約がなかったので気を遣う必要がなく素直な気持ちで率先して世界に発信することが出来たというのが真相だと考えます。 「アメリカさん、日米安保は宜しくね。でも最後の最後まで反対しても反対票は1票。採択に意味をなしませんし、それでも反対すれば日本は四面楚歌 孤立無援 天涯孤独になります」 そういう様な政治決断があったのではないでしょうか。

この記事を読んで良かったと思った方は投票してくださると嬉しいです。

|

« クラスター爆弾① | トップページ | ケータイ事情 ① »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511120/41392690

この記事へのトラックバック一覧です: クラスター爆弾②:

« クラスター爆弾① | トップページ | ケータイ事情 ① »