« アポロ11号は月に行っていなかった 日本ミステリーをみて。 | トップページ | アポロ11号は月に行っていなかった 日本ミステリーをみて。③ »

2008年7月 5日 (土)

アポロ11号は月に行っていなかった 日本ミステリーをみて。②

次に科学的な面からの検証です。
アポロ11号の月面着陸は全世界で中継され22億人もの人がテレビに釘づけになりました。その際に「この一歩は小さいが人類にとっては大きな一歩だ」という有名な第一声があり、星条旗を月面に突き立てている写真が撮影されました。そして28㎏の月の石を持ち帰ってきました。

ここから40年続く論争が始まります。朝日新聞では翌日から「細工しすぎ違和感」「用意されていた第一声」「テレビに弱いNASA」など月面着陸成功に疑問を唱える見出しがでました。つまり、この当時から疑惑の目が向けられていた事になります。

・先ほど挙げた有名な星条旗を突き立てている写真。よく考えると風がない月で旗が翻る訳がない。手で棒を回しているんだという説も在りますが、見た感じは風で旗が靡いているように見えます。

・月面で取られたと言われている写真の影に伸びる方向が違う、或いはない
これはつまり影の方向が違う=照明が複数あるスタジオで背景が撮影され、そこに宇宙服をきた宇宙飛行士を合成させたと考えられます。月面は凸凹しているから影の方向が違うという反論もありますが見た目からして影の伸びる方向が左右に違っています。こんな事はあり得ないと思うのですが。しかし100歩譲って月面だから、そういう事があるとします。しかし同じ場所にいて旗や器材の影はあるのに人にだけ影が出来ないというのはおかしいのでは?心霊写真とかだと影のない人は出てきますけど。

・月は太陽からエネルギーが直接照射するので月の石と地球の石の成分は明らかに違う筈。しかし持ち帰られた月の石は全世界にくばられ研究者達の手に渡りましたが、何らの研究成果も得られず、何の事はない地球の石ころと同じと大槻教授が主張していました。

更に不思議なのがNASAです。
2006年、NASAはアポロ11号の乗組員や映像や音声・宇宙船の上体を記録したデータを紛失。ダンボール約700箱の資料を無くしたと発表しました。700箱です!1箱というなら分からないでもないですが700箱ともなると逆に無くす事の方が難しいです。番組スタッフは此に対して取材を要請しましたが電話にもメールにも回答なし。NASA本部を直撃取材するものの門前払いされました。つまり黙殺しています。しかし、何故いきなり資料を紛失したのでしょうか。それは米の情報公開法でアポロ11号の資料を国立公文書図書館で公開しなければいけない期限が迫っていたからではないかとされていました。

この記事を読んで良かったと思った方はランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« アポロ11号は月に行っていなかった 日本ミステリーをみて。 | トップページ | アポロ11号は月に行っていなかった 日本ミステリーをみて。③ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アポロ11号は月に行っていなかった 日本ミステリーをみて。②:

» 国立スポーツ科学センター [ffooqq1]
国立スポーツ科学センターの建物が映っています。ちょっと変わったおもしろい外観をした建物ですね。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 5日 (土) 11時12分

« アポロ11号は月に行っていなかった 日本ミステリーをみて。 | トップページ | アポロ11号は月に行っていなかった 日本ミステリーをみて。③ »