« おめでとう御座います。 | トップページ | ベースボールと野球② »

2008年8月20日 (水)

ベースボールと野球①

>「私はサッカーと野球なら野球派なのですが」をみて同志がここにもいますよと言うことを、お伝えしたくてコメントしました

というコメントを頂いたので、野球について、もう少し綴ってみたいと思います。

私は野球はやったことがなく、サッカーも授業でかじった程度なので詳しい訳ではありません(^^ゞですが、新庄さんが「他のスポーツでは3ヶ月もやると大抵トップになれたが、野球だけはなれなかった」と謙遜してコメントしていたのを聞いて、「ああ、野球は奥の深いスポーツなんだな」と思いました。

私は日本人的な感覚から野球の方が日本人に向いているのではないかと考えています。というのは野球は考えるスポーツです。ピッチャーが投げてくるまでの間、バッターは相手が何を投げてくるのか考えます。野村監督は相手のボールの握り方で球種を見分け、それを発見するまでに非常に苦労しました。その他にも盗塁したり、バントを使って塁に進むようにしたりと戦略・戦術を使います。

それに対してサッカーはボールが宙を舞い、目まぐるしく試合が展開されるので考える時間がありません。一球入魂という言葉が野球にはありますが、サッカーではそうはいきませんね。PKくらいでしょうか。結論から言うと日本人はスポーツ=戦いに頭を使うものの方が合っているのではないかと思います。

それからスタイルも日本人の感覚に合う、合わないがあります。
サッカーの顔にペイントして、勝ったり得点が入ったりするとリオのサンバカーニバルのような踊りをしますが、私は正直ついていけません(^_^;) それに対して野球は一列に並んで礼をして握手をします。日本は武道、相撲や柔道にみるようにスポーツにも精神性を求めます。相撲は負けた相手が倒れていると手を貸します。戦いといえども「礼によって礼に終わる」事を重視するのではないでしょうか。

この記事を読んで良かったと思う方は、ランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« おめでとう御座います。 | トップページ | ベースボールと野球② »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベースボールと野球①:

« おめでとう御座います。 | トップページ | ベースボールと野球② »