« マラソンが残念な結果に終わってしまいました・・ | トップページ | おめでとう御座います。 »

2008年8月18日 (月)

為末選手、お疲れ様です。

男子四百メートル障害予選で、為末大選手は成迫健児選手と共に落選し、準決勝進出を逃しました。

為末選手は北京五輪の同種目で各組3着までが準決勝に進む予選で4組4着に終わり、タイム順でも落選。この直後、現時点で結論は分からないと前置きした上で「自分が(今後)何をやりたいかを考えないといけない。僕の人生にかかわってきてくれたいろいろな人に影響を受けた。支えてもらって感謝する」と語りました。(引退を示唆しているのでしょうか・・?)

為末選手は2001年、05年の世界選手権でともに3位。五輪は3大会連続出場だったが、決勝には一度も進めなかった事になります。

私は今大会で為末選手と野口みずき選手に注目して応援していたのですが、二人とも残念な結果に終わってしまいました。為末選手は一礼してグラウンドを後にし「いろんな人に支えられてきた。陸上のない人生は考えられず、離れたくないという思いもあるが…。何をやりたいかをよく考えます」と漏らしました。

世界選手権で見せた奇蹟の優勝から2ヶ月。「オリンピックの舞台には魔物がいる」と言われますが、改めて実感させられた結果でした。

この記事を読んで良かったと思った方はランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« マラソンが残念な結果に終わってしまいました・・ | トップページ | おめでとう御座います。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 為末選手、お疲れ様です。:

« マラソンが残念な結果に終わってしまいました・・ | トップページ | おめでとう御座います。 »