« WBCが教えてくれるもの | トップページ | 日経ダウ⑫ »

2009年3月31日 (火)

総領の甚六

>中一と小六の母さん

記事に関係ないですが、コメントさせていただきます。

人気ランキングに出てくるブログが必ずしも良いブログとは限りません。
そして、悪いブログが人気ブログになってる事がしょっちゅうです。

http://izanagi.iza.ne.jp/blog/因みにこのサイトは、日本人として悲しくなります。こうした、ブログを書く人がイザ!の第一位とは飽きれたものです。ここは日本ですから、浅田真央さんが可哀想です。私は、キムヨナさんも応援して居るのに悲しい限りです。その点、ゆうき蘭さんのブログは安心して見れますし。啓発される事が多いので、これからも頑張ってください。中一と小六を持つ母親より。

 コメントをいただいたブログを私も見ました。

最初に、感じたたことは、逆転の発想で、仮に、私が韓国の在留日本人で、熱烈な浅田ファンで、キム・ヨナをこのようにこきおろしたら、どうなるのかということでした。

間違いなくブログは炎上するでしょう。命の危険性もあります。でも、そう書くと、韓国の人から反論があって、日本人は、行きずりの人を殺したり、ナンパしようとして無視されたら斬りつけるようなことはしない。全て意味があると反論があるかも知れません。

WBC太極旗(韓国の国旗)を日本戦で勝利したときにマウンドに立てた行為は(2度目で、一回目は北京五輪でのキューバ戦でした)が鮮烈です。韓国は日本から見て一番近い国です。

WBCの他の14チームは、戦い方も、見た目も酷似していて、他国からすれば、日本と韓国の区別はつかなかったかも知れませんが、内実は似て非なる民度の違い。メンタルティが違います。

いつも、おもうのですが、言葉が違えば文法が違うはずです。文法は、脳の回路、思考に影響を与えます。それで、非武装でいい。万が一の時には話し合えば分かると決め付ける人がいますが、民度が違うと、如何に話あっても分かりません。

 それは16年にわたるベトナム戦争が何であったのか、分からないことが証明しています。WBCとフィギュアなら大乱にはなりませんが、国と国のレベルになるとどうなるか分かりません。秒読み段階の北朝鮮の舞水端里(むすだんり)からのミサイル発射を、したり顔で、「これを利用して、自民党は憲法改正を言いだしてくるだろう」といっていましたが、政府を敵に例えると、格好がいいコメンテーターに見えてくる効果がありますが、今回は、まず戦乱には至らないというのが大前提で、この騒ぎようです。

名経営者と迷経営者の違いは、名経営者が今度又、これ以上の災害がおきたらと考え、迷経営者は、もうこんな事があって溜まるかと考える違いでしかないといった人がいますが、至極名言だと思っています。

 北朝鮮の弾道ミサイルで日本は大あらわです。流石に株価も、Xデーが時々刻々と近づいているせいか落ち込んできています。

 そんな中、金正日の長男、金正男(キム・ジョンナム)が中国の 北京に現れ、マカオに向かうとのこと。ミサイル発射は6ケ国協議(アメリカ・ロシア・中国・日本・北朝鮮・韓国)とアメリカとの直接対話と関係あると説明。

 それにしても、総領の甚六(長子は蝶よ花よと育てられるので世間知らずであると言う意味)という言葉がありますが、様々のところに出没する、奇怪な人です。迎撃ミサイルPAC3の一基の値段は余程高いのでしょう。公表されていませんが、一発撃つと5億円が吹っ飛ぶようです。

 ところで、そんな金正男様は発射予告期間は海外でお過ごしになるとのことです。

この記事を読んで良かったと思う方は、ランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« WBCが教えてくれるもの | トップページ | 日経ダウ⑫ »

私感」カテゴリの記事

コメント

わざわざ私のコメントをブログで使ってくださって
有り難うございます。この前のコメントは、腹がたって、つい書き込んでしまいました。済みません
これからも、応援しています。頑張ってください。

投稿: 中一と小六の母 | 2009年4月 1日 (水) 12時17分

TO 中一と小六の母さん

反日教育を受けて育った彼等彼女等の腹の底はこんなものです。李氏朝鮮に日本が関与しなかったら今頃韓国はありません。日本の部品材料がなかったら現代もサムスンも製品が作れません。よって韓国の対日赤字は永遠に解消されないでしょう。

投稿: いすけ屋 | 2009年4月 1日 (水) 14時23分

TO いすけ屋さん

反日教育が、根幹とは知りませんでした。

日本は東京大空襲・広島・長崎の原爆とありましたが、反米教育はありませんでした。韓国と北朝鮮は、同じ親族なのに、体制の違いで、天国と地獄ほど違うから教育の差こそ、国力かもしれないと感じています。

 

投稿: 中一と小六の母 | 2009年4月 1日 (水) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511120/44519829

この記事へのトラックバック一覧です: 総領の甚六:

« WBCが教えてくれるもの | トップページ | 日経ダウ⑫ »