« ダウ平均 | トップページ | ダウ平均 »

2009年4月13日 (月)

<プロ化したアマ集団>

  新潟県の中学生フットサル(サッカーの小規模版のイメージ)大会で不正が発覚しました。

 同校は今年、1月、既に予選リーグを突破していました。準決勝で相性の悪いチームとの試合を避けるため同校でコーチを務める教頭が次戦の負けを生徒に指示した事が発覚したのです。

 その負け方は、相手のチームにシュートを入れることを目的にしているのに、その逆をします。オウンゴールといって6回も自らのゴールにゴールしました。無論、試合は負けて、予定通り2位になりました。

 一位だと既に決勝が決まっていたこの中学校は、優勝と準決勝が県大会に進みます。一位の場合は、準決勝で苦手チームと当たる可能性が高いのですが、二位なら決勝まで当たる事はないと考えて、この中学の教頭でフットサルの顧問だった人は態と負けるようにと指示したのです。

しかし、結果は同校は決勝トーナメント初戦で敗退。1年の活動停止処分となりました
 

それにしても、誰が見ても疑いをもつオウンゴールを6回も繰り返したのは、生徒達は戦いたかったので、教頭であり、顧問への当てつけだったのかも知れません。

この件では 喧々囂々の意見で、フェアプレーの精神に劣るとか、いやルール内での戦略は許されるとかで、ネット上で盛り上がっています。私の見解は、少年達には、一生、悪い思い出が残ってしまったということです。

            この記事を読んで良かったと思う方は、ランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« ダウ平均 | トップページ | ダウ平均 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511120/44659081

この記事へのトラックバック一覧です: <プロ化したアマ集団>:

« ダウ平均 | トップページ | ダウ平均 »