«  ロケットの生みの父と称され、逆転の発想で有名な糸川英夫さんが日本の今を見たら① | トップページ | ダウ平均⑭ »

2009年4月 2日 (木)

ロケットの生みの父と称され、逆転の発想で有名な糸川英夫さんが日本の今を見たら②

 物作りの基本はチームワークです。

 自動車は単純に考えて設計、製造、販売。部品は3万点に及ぶとか。しかも機能だけでなくスタイル、宣伝まで考えたら、一人の天才で出来る筈がありません。

 中国の女性留学生が、「他国と違って、日本メーカーの車はバンパーの裏側まで磨くという意味の無いことをするのは何故か」と質問したそうです。しかし、そこに明確な理由はありません。でも、その精神が、故障の無い車を作り上げ、日本の車の高性能が世界に認知されるようになりました。 車の場合、遠方で故障されたら、たまりません。当然、故障のない車は、信頼に繋がります。

 余談ですが、アメリカの金融ショックは、第二次世界大戦の暗黒の木曜日が引き金で、それと同じパターンでした。金融こそ信用が裏付けですから、小泉ー竹中ラインが問題になって納まらないように、アメリカの信用回復の確率はフタケタないと思われます。アメリカ政府はヘッジファンドを故意に容認していました。それは、日本のバブル時の大手 ディベロッパーDeveloperが地上げ屋をりようしていたのと同じ構図でした。

  さて、本論に戻り、物作り日本が秀でているチームワークの日本人が、その情報インフラが、ここまで整っているのに、20年も不況のまま、そして、大半の日本人が、この先、暗くなると思っている。その事は新成人に顕著であると知ったら、首を捻って『日本人出直し研究所』を開講するのではないのかと思っています。

 事の良し悪しは、善用するか悪用するかで決まります。北朝鮮の正式国名は
朝鮮民主主義人民共和国です。小さな国なのに民主主義で共和国であるというわけですが、実体は朝鮮将軍主義人民奴隷国です。

 仮に、北朝鮮でこれを私が言ったら明日はないでしょう。韓国で言ったら、誉めてくれるでしょう。日本で是を言うと、どうでしょう。「北朝鮮を刺激させるような事を言うな。この馬鹿女」とか「頭が良いと思っているんだろう」とかいうコメントがつくでしょうか。

 ノンフィクション作家の澤地久枝さんが、「人を評するのなら、自分もそのリスクを追うべきだ」と言っているのは至極正論だと思います。でも、日本の男は、名前も名乗らずに、感情をあらわにします。

 『国家の品格』を書いてベストセラーになった藤原正彦さんが、父親で作家・新田次郎さんから言われ続けた言葉。それは武士道です。

  • 大きな者が小さな者を殴ってはいけない。
  • 男が女を殴ってはいけない。
  • 謝罪している者を殴ってはいけない。
  • 集団で個人を殴ってはいけない。

といわれ続けました。更に、ここからが大変です。そうしたことをしてもいけないが、そうした事を見たのなら、何としても万難を排してでも殴られている者を救い出せ。是を怠ると、父親から、藤原さんは、生きている価値もないと言われているような気持になって暗澹たるおもいであったと言っています。

 極論を言えば、私は、これだけを徹底的に小学生の頃から教えれば、闇サイト殺人事件も、幼児虐待も、秋葉原無差別殺傷も、そして郵政民営化での身内に刺客を立てての選挙も起きなかったと思います。

 侍ジャパンに、多くの日本人は郷愁を覚えました。
侍とは精神の問題です。そう言えば、名無しの権兵衛さんが(コメントに対する誠意の回答 09/3/11
)大和撫子とは何事かと言っていました。しかし、貴方が侍になれば、山間と周五郎が書いた『日本婦道記』のような女性が現れます。女が薙刀を持つのは、男が弱く、その必要性があるからです。

 東洋哲学の大家、老子が『一、二を生じ、二、三を生じ、三、万物を生ず』と言っています。古今東西、何処の国の歴史も主たる歴史は男です。韓国の男は熱い、故に韓国の女も熱い。日本の男はどうでしょう、故に 女は?という構図になります。

 侍ジャパンと言うネーミングにクレームを付けた人は居ません。異論反論は世の常ですが、常識として、日本の男であれば名前は名乗りましょう。北朝鮮の秘密工作員の男は名前を名乗りません。従って、当然、侍ではありません。時代は西洋より東洋へ日本、韓国、中国。この三者のレースは、ずばり男次第だと思っています。

この記事を読んで良かったと思う方は、ランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

«  ロケットの生みの父と称され、逆転の発想で有名な糸川英夫さんが日本の今を見たら① | トップページ | ダウ平均⑭ »

私感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511120/44542810

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットの生みの父と称され、逆転の発想で有名な糸川英夫さんが日本の今を見たら②:

«  ロケットの生みの父と称され、逆転の発想で有名な糸川英夫さんが日本の今を見たら① | トップページ | ダウ平均⑭ »