« <朝青龍、土壇場①> | トップページ | 徒然なるままに① »

2009年5月23日 (土)

<朝青龍、土壇場②>

 白鵬は琴欧洲に破れ、ここで気合いの入った朝青龍は、いつもようにポンと回しを叩いての対戦。『がっぷり、右四つ』の後、同じモンゴール出身の日馬富士の外掛けに破れ痛恨の2敗目。

これで夏場所(五月場所)
一敗は白鵬と日馬富士
二敗は朝青龍と稀勢の里

となり朝青龍の優勝は、かなり遠のきました。

 土俵に崩れた朝青龍は、直ぐに、立ち上がることが出来ず、しばし、蹲まりました。

 それにしても、安定して勝ち進んできた白鵬が今日、負けることを予想した人は少なかった事でしょう。相撲は取ってみないと分からないという言葉を感じさせた取り組みでした。白鵬の連勝記録は33でストップ。これにより、白鵬は、まだ朝青龍の後塵を拝する事になるのかと思いきや、朝青龍の落ち込みようが気になるところです。

 優勝賜杯を抱くのは、白鵬か日馬富士か。
明日の取り組みは白鵬は朝青龍。

対戦成績は白鵬の8勝12敗
日馬富士と琴欧洲は日馬富士の9勝10敗

白鵬は24歳。日馬富士は25歳。朝青龍にチャンスがない訳ではありません。まだ28歳。明日、白鵬を破って2敗とし、琴欧洲が先輩横綱の意地を見せて、日馬富士を2敗として、三者で優勝決定戦。現在の白鵬が、二日連続して負けて、更に優勝決定戦で敗れれば33連勝の後の3連敗となります。これはどうかなという感じです。

①大鵬32回
②千代の富士31回
③北の湖24回
④朝青龍23回
⑤貴乃花22回
⑥輪島   14回
⑦双葉山(年に二回本場所)武蔵丸12回
⑨曙 

そして白鵬が明日優勝すれば曙と同じ11回に並び、朝青龍が勝てば北の湖に並びます。

この記事を読んで良かったと思う方は、ランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« <朝青龍、土壇場①> | トップページ | 徒然なるままに① »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <朝青龍、土壇場②>:

« <朝青龍、土壇場①> | トップページ | 徒然なるままに① »