« 金川被告の初公判 | トップページ | 弟の宿題 »

2009年5月 4日 (月)

長島☆自演乙☆雄一郎

という選手が、今、話題になっています。

本名は長島 雄一郎。初代ニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)スーパーウェルター級王者という実力の持ち主です。

Kー1には二月から対戦を始めていますが、強いです。HAYATO選手アルバート・クラウス選手との対戦以外は全勝。しかもKO率も高く、やはり蹴りが強力です。

何故、ミドルネームが☆自演乙☆かというと、「自作自演おつかれさま」の略。「自演乙」と付けた理由は2ちゃんねらーであり、「☆」を2つ付けた理由はつのだ☆ひろを超えたかったためと話しているそうです。

その言葉通り、「闘うコスプレイヤー」「コスプレファイター」と称され、入場する際は必ずコスプレをして登場します。私が最初に、この選手について目をひかれたのも、この登場シーンからでした。

「コスプレする場所を得るために次も勝つ」といい、」「K-1に出てコスプレ応援団席を作ること」が夢、コスプレが仕事、「皆に認めて貰えるような立派なアニオタになること」が目標で、格闘技は趣味としてついでに「(チャンピオン)ベルトも目指してる」と発言。

電車男で作られたアニメ好きはひ弱というイメージを覆すかのような、コスプレをしての入場からの試合。ファン層も今までにない人達が増えているようで、長島選手はKー1を変えるのかもしれないなと思いました。

この記事を読んで良かったと思う方は、ランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« 金川被告の初公判 | トップページ | 弟の宿題 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長島☆自演乙☆雄一郎:

« 金川被告の初公判 | トップページ | 弟の宿題 »