« ゆうき 蘭の弟(現在中学一年生)です。 | トップページ | 足利事件② »

2009年6月 8日 (月)

足利事件①

足利事件の菅谷利和さん逮捕時45歳 17年半の拘束で現在62歳。 刑務所には鏡がないらしく16年ぶりに自分の顔を見て、愕然としたそうです。現代の浦島太郎のようです。

私は冤罪事件には他人事だとは思えない体験があります。それもあって作家の道を歩むことを考えるようになりましたので、菅谷さんの事件は、随分と考えさせられました。

ここで、刑事コロンボに登場して貰います。

「ロス警察のコロンボです。当時のDNAは杜撰なものでした。現在のDNA鑑定の精度は4兆7千億人に一人が同一型ですから、まず冤罪はおこりませんが、1991年当時は数百人に一人の精度でした。現にアメリカでは124人もの死刑囚が冤罪であったことが判明しています。どうして、日本の司法は是に直ぐに習わなかったのかという大疑問が出できます。それとですね。家のカミさん、若い頃に保母さん。すみませんね、今じゃ保育士さんでしたっけ、男女雇用機会均等法で、看護婦さんは看護士、スチュアですは、客室乗務員となったそうですね。ええと、どこまででしたっけ、なにしろ、ピーターフォークさんはアルツハイマーになってしまって、コロンボを演じたことも忘れているとか、それで、私も元気がなくなっちゃってね。

ああ、それで、何でしたっけ、そうでした。そのカミさんがね、毎日、園児に囲まれていると、五月蠅いのとか、言う事は聞かないのとか、それわね、よい子もいますよ。だけど、職業病でね。例えばラーメン好きで、それが嵩じて、ラーメン屋さんやってもですね。毎日、ラーメンの匂いを嗅いで見ていると、ラーメンは仕事で癒しにならないものです。

つまり、焼き鳥の匂いとか、寿司の匂いに、安らぎを覚えたりするものです。菅谷さんの場合、園児を怪我なく、園や自宅に送り届けるのが仕事。ところが、バス内では、動き回る園児も当然、居る訳ですし、それに対話もある。しかも明日から会えなくなる人間関係じゃあない。いくら卒園しても、似たような園児が又、入ってくる。その菅谷さんが、園児を殺害するとして、特に憎しみがあったということもないとしたら、動機こそ中心になる事件だと思うんですがね」 

これは名刑事でなくとも、素人でも推理できる事です。事実、菅谷さんを犯人として憎みたい松田真美さんの当時4歳の、お母さんも、釈然としないものを感じていたようです。

この記事を読んで良かったと思う方は、ランキングに投票して下さると嬉しいです。

|

« ゆうき 蘭の弟(現在中学一年生)です。 | トップページ | 足利事件② »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511120/45277052

この記事へのトラックバック一覧です: 足利事件①:

» 足利事件 [あきこの出来事]
足利事件:菅家さん参考人招致を 民主提案、与党「係争中」と拒否−−参院法務委 ... [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 03時02分

« ゆうき 蘭の弟(現在中学一年生)です。 | トップページ | 足利事件② »