« 国債の金利について 低金利の理由 | トップページ | 安倍政権で景気は回復できるのか »

2015年8月18日 (火)

GDPとは国内総生産であり国民総所得

 昨日書いた金利の話しに続いて今日はGDPについて書きたい。

 
 メディアやニュースではGDPが下がったとかGDPが上がったとか言われているがイマイチピンとこないのではないだろうか。取り敢えずGDPは上がれば良いのだなと思っている人が多いと思う。

 GDPとは国内総生産の事で、この文字だけ見ると日本国内で作られた製造品(家電製品や車)の合計なのかと勘違いしてしまうが「生産」はモノ以外にサービスも含まれる。つまり日本国内で働いている人は全員生産者であり、生産活動(モノやサービス)によって生産物を提供しているから、その生産の合計がGDPという事になる。 

 日本国内で流通している生産物を誰かが買う(消費者)ことで販売者の所得が生まれる。消費者とは家計(個人)であり、企業であり、政府である。生産物を買うお金はどこから生み出されたのかといえば、勿論働いてモノやサービスを生産しそれを違う消費者に買って貰って得た所得からとなる。

 要するに働いている人は全員生産者であると同時に消費者でもあり、生産して(働いて)得たお金で今度は消費者に周り物やサービスを購入することで誰か(販売者)の所得を増やしている。このプロセスの連続がマクロ経済、即ちGDPの総計になっている。
 

 故に国内総生産と国内総支出(消費)と国内総分配(所得)の合計はそれぞれ全て一致する。 

 これを三面等価の原則と呼ぶが例えば私が働いて10万円分の生産品を作る。それを誰かが10万円を払って買ってくれれば私の所得は10万円増えることになる。この一連の流れで10万円分の生産、10万円分の消費、10万円分の所得が増えたことになる。
 

 だからGDP=国内総所得でありGDPは日本国民の所得の合計額でその国の国力を表す指標とされている。GDPの上昇は日本国民の所得が増加し豊かになった証、反対にGDPの低下は国民の所得が減り貧乏になったというわけだ。

この記事を読んで良かったと思った方は投票してくださると嬉しいです。 

人気ブログランキングへ 

Rogo2saisinnbann2

|

« 国債の金利について 低金利の理由 | トップページ | 安倍政権で景気は回復できるのか »

経済 解説もどき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国債の金利について 低金利の理由 | トップページ | 安倍政権で景気は回復できるのか »