« GDP速報値 2期連続マイナス成長が確定 | トップページ | 南シナ海人工島「埋め立て完了」の嘘 荒れる国際情勢 »

2015年11月17日 (火)

パリ同時多発テロ 乙武氏はテロ容認?

 パリの同時多発テロについて乙武洋匡さんがツイッターに投稿したコメントと話題になっている。 

 「『国際社会は一致団結して、このテロに立ち向かうべきだ』と言うが、このテロを起こした犯行グループも含めて"国際社会"なのではないだろうか。『シリアで空爆を続けるフランスは許せない』という彼らの主張にはまったく耳を貸さずに国際社会から孤立させることが、本当に平和へと続く道なのだろうか」 

 恐らく乙武氏はISISにも彼らなりの言い分があってやっているという事を言いたかったのだろうけど平和ボケにも程がある。乙武氏という人物について私は尊敬するし立派な人だとは思うがテロ組織に対して耳を貸さすなどというのは言語道断、馬鹿げている。乙武氏がどういう意味で「耳を貸す」と書いたのかは分からないが、普通に解釈すれば「耳を貸す」というのはテロ組織の要求に従うということだ。武力を持って秩序を破壊し自分達が他を支配する集団の言う事を聞いてしまったらルールもへったくれもない完全なやったもん勝ち、単純に強ければ正義となる北斗の拳の世界になってしまう。テロや犯罪を起こして自分の思い通りになるなら悪に手を染めることも一つの手段として正当化される。 

「殺されるのはお前が弱いせいだ。力のあるものに従え」こんな世界を平和だという人はいない。憲法9条に洗脳されてしまった人達は口を揃えて「本気で話しあえば分かる」というが話しあうといった常識的な判断が下せるのならそもそもテロなど起こさない。いきなり銃を乱射するテロリストとどうやって話しあうのか教えて欲しいものだ。  

 尚、シリアを混乱の渦に叩き落としテロ組織ISISを台頭させた責任はアメリカにあり、アメリカを初めとするヨーロッパ諸国のシリア空爆について非難の声があるのは確かだ。しかしだからといってテロ組織の主張に耳を傾ける事には全くならない。乙武氏は元教職員で日本の子供達を教育する立場の人だったのだからもう少し国際社会を学び大人の考えを持つべきだろう。

この記事を読んで良かったと思った方は投票してくださると嬉しいです。 

人気ブログランキングへ 

|

« GDP速報値 2期連続マイナス成長が確定 | トップページ | 南シナ海人工島「埋め立て完了」の嘘 荒れる国際情勢 »

私感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GDP速報値 2期連続マイナス成長が確定 | トップページ | 南シナ海人工島「埋め立て完了」の嘘 荒れる国際情勢 »