« 台湾、慰安婦問題で「韓国と同対応」要求へ | トップページ | 慰安婦合意と安倍政権の終わり »

2015年12月29日 (火)

<慰安婦合意>安倍政権への失望 

韓国が財団設立、日本が資金拠出=10億円規模―元慰安婦支援

  【ソウル時事】岸田文雄外相は28日、日韓外相会談後の共同記者発表で、元慰安婦支援のため、韓国政府が財団を設立し、日本政府の予算で資金を一括拠出すると表明した。
 その上で、日本の予算措置は「10億円程度」と説明した。 

 はぁ、まさか本当に妥結してしまうとは驚いた。安倍政権なら歴代の政権と同じ轍を踏む事はないだろうと思っていたがこれはダメだ。いくら「不可逆的」と書いたところで奴らには通用しない。日韓基本条約では両国間の財産、請求権一切の完全かつ最終的な解決が確認されているにも関わらず慰安婦問題が日本国内で取り上げられると、それに便乗しそれまで一度もいったこともないのに突然、元慰安婦を名乗る女が出てきた。そしてあろう事か日本政府に賠償金を請求してきたのだ。本来であれば日韓基本条約に基づき韓国政府自身が元慰安婦に対しお金を払ったり、或いは訴えを退けたりしなくてはいけないのに韓国政府はそれを無視し、日本政府に謝罪と賠償を請求している。 

 条約も守れない国といくら約束を取り交わしたところで無駄であると何故分からないのか。しかも今回の約束はあくまでも「努力目標」である。慰安婦像の撤去はおろか慰安婦像の建設禁止も慰安婦に関する問題をいわないという確約は何一つない。極めつけが「軍の関与」を認めたということだ。これでは強制的に日本軍が韓国女性を慰安婦にしたといわれても仕方がない。日本の歴史的大敗北、今回の合意で未来永劫、日本の祖先、未来の日本人の名誉が穢される事になった。 

 嘗てダグラス・マッカーサーは母校ウェスト・ポイント陸軍士官学校のモットーを引用し「義務を果たす者ありてそこに名誉有り、名誉を重んずる者在ってそこに祖国在り」と語った。真に日本を思う心があるのならこのような合意は決してしてはいけなかった。 

 結局のところまた韓国にしてやられたのだ。韓国に金を渡すなんて一部の日本国民を除き誰も望んではない。経済に続き外交でもこの有り様では正直ガックリ来てしまった。安倍政権の良いところが一つもない。これでは民主党と似たり寄ったりだ。本当に残念だ。

この記事を読んで良かったと思った方は投票してくださると嬉しいです。 

人気ブログランキングへ 

|

« 台湾、慰安婦問題で「韓国と同対応」要求へ | トップページ | 慰安婦合意と安倍政権の終わり »

私感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾、慰安婦問題で「韓国と同対応」要求へ | トップページ | 慰安婦合意と安倍政権の終わり »