« たばこ増税とその結果 | トップページ | 軽減税率 低所得者対策にあらず »

2015年12月14日 (月)

フィギュアスケート グランプリファイナルを見て

【フィギュア】羽生、史上初3連覇!「まだ」続く究極の一人旅

 男子ショートプログラム(SP)で世界歴代最高の得点で1位発進した羽生結弦(21)=ANA=がフリーでも219・48点を出し、自身の世界歴代最高を更新。合計も8点以上更新する330・43点で男子初の3連覇を果たした。NHK杯に続く2戦連続での“トリプル世界新”も、まだ評価は「ほぼ完璧」。進化し続ける絶対王者は、果たしてどこまで得点を伸ばすのか。

 NHK杯のフリーを越える圧巻の演技だった。殆どのジャンプに2ポイント近くのGOEを獲得していたし、最初に滑るサルコーとトゥループの四回転に至っては最高の3ポイントがついていて最早これ以上の点数を取ることが出来るのかという域にまで達していた。尚、羽生選手のフリープログラムの最高得点はMAXで225・79点取れるが、219.48は既にMAXの約97・2%を得ている計算となる。凄すぎ!

 宇野選手や宮原選手の演技もとても完成度が高かった。特に宇野選手は17歳にして初のグランプリファイナルだというのに堂々の三位、しかも歴代最高6位の点数を叩き出した。ライバルのボーヤン選手に競り勝ったのは嬉しかった。昨日放送されたものは録画放送だったがそれでも視聴率は20%越えだという。羽生効果恐るべしだ。

 しかし録画放送なのにテレビ朝日は生放送みたく演出していて6分間練習前の様子を映したりと尺稼ぎが目立った。視聴率が取れるから枠を多く取っているのだろうけど流石に始まってから選手達の試合まで時間がかかりすぎる。そのせいで下町ロケットと放送時間が被ってしまいどちらを見るか悩んでしまった。

 一方の浅田真央選手はジャンプが上手くいかず最下位、表彰台を十分に狙える位置だっただけに非常に残念な結果となってしまった。NHK杯でも感じたが疲れが体に溜まっている様子で本調子ではなかった。実際に胃腸炎を患っていたようでエキシビジョンを取りやめたのはそのせいだったようだ。浅田選手にもまだまだ現役を続けてもう一度金メダルを取って欲しい。その力を浅田選手は持っている。頑張れ日本勢!

この記事を読んで良かったと思った方は投票してくださると嬉しいです。 

人気ブログランキングへ 

|

« たばこ増税とその結果 | トップページ | 軽減税率 低所得者対策にあらず »

私感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たばこ増税とその結果 | トップページ | 軽減税率 低所得者対策にあらず »