« 黒田バズーカは効かない | トップページ | 教科書会社の不正 »

2016年1月22日 (金)

財政健全化など必要ない!

<基礎的収支>財政健全化、遠のく…赤字6.5兆円に悪化 

 ◇20年度見通し

 内閣府は21日に開かれた経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)に、中長期の財政試算を提出した。財政健全化の指標である国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)は2020年度に6.5兆円の赤字となり、昨年7月の試算(6.2兆円の赤字)から悪化した。

 赤字幅の拡大は、17年4月の軽減税率導入に伴い減少する税収約1兆円のうち、6000億円程度の財源が確保されていないことを反映したため。政府は20年度のPB黒字化を目指しているが、達成がさらに遠のいた。(後略)

 出た出た国債発行となるとすぐこれだ。プライマリーバランスが悪化して何か問題があるのか? そもそも何のためにプライマリーバランスを黒字化させようというのだ。無理矢理政府の支出を削って歳出を減らしたところでデフレである我が国の経済が更に落ち込めば歳入も減少していく、デフレの国というのは民間企業も家計も消費や投資をしないのだから政府が金を使わなくてはいけないのに、その政府ですら金を使わなくなったらお終いだ。ギリシャを見れば分かるが日本以上のデフレでありながらドイツに緊縮財政を迫られた為にプライマリーバランスの黒字化に成功しているのに破綻した。(正確には破綻間近でEUが助けた)

  デフレ脱却とプライマリーバランスの黒字化など両立しないことは明らかである。先ず何よりもデフレ脱却を一丁目一番とし企業や家計にお金を使って貰う環境を構築すれば自然と税収は増えていきプライマリーバランスの黒字化も達成出来る。その為には国債を発行しプライマリーバランスが悪化しようとも政府が自らお金を使って需要を創出しなくてはいけないのだ。 

 日本がデフレ脱却出来ない一番の原因は政府が財政出動でお金を使うと「プライマリーバランスが悪化する」「国債が破綻する!」といった有りもしない嘘、的はずれな批判が起きるからである。国債を刷って何がいけないのか? 日本国債は100%円建て、政府が借りたお金はそのまま社会保障やら公共投資に使われ全て国民に還元されるのだ。そしてまた国民や民間企業が預金をして銀行が国債を買う。この繰り返しである。

 日本国債を買うお金がなくなることもないし日本政府が国債を償還出来なくなることもない。何故なら政府はいくらでも日本円が刷れるし現在日銀が行っている量的緩和で既に300兆近くの国債が政府に戻っている。つまり実質的な政府の借金は800兆円だ。財政破綻主義者は「札を刷ったらハイパーインフレになる!」といっていたが300兆も量的緩和を現在まで続けているのにどうしてハイパーインフレどころか、インフレすらまともに起きないのだろうか? 簡単なことだ。銀行が国債を売却してもそのお金を貸す先がないからである。インフレというのはモノやサービスが買われる事で上がっていくのであり、札を刷れば上がるという話ではない。

 日本の間違いは財政破綻という嘘に惑わされ政府がお金を使わないこと。ただそれだけだ!国債なんていくら発行しても問題はない。

この記事を読んで良かったと思った方は投票してくださると嬉しいです。  

人気ブログランキングへ 

|

« 黒田バズーカは効かない | トップページ | 教科書会社の不正 »

経済 解説もどき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒田バズーカは効かない | トップページ | 教科書会社の不正 »