« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

3は大凶

  三角関係とはよくいったもので三人はなかなか難しい。色恋の話ではない。組織の話である。トロイカ体制といってあれなんだっけと思う人がいるかもしれないが、2009年だから今から7年前に小泉竹中の馬鹿政治を引き継いだ安倍、福田、麻生で修復出来ず自民党のオウンゴールで民主党政治になった。そのとき三人のリーダーが現れた。即ち小沢一郎、鳩ぽっぽ、そして菅直人である。
 小沢一郎はゼネコン、鳩は毎月2千万円ママから子ども手当が貰えるママコン、道楽で政治をしているような宇宙人坊ちゃまが総理大臣になってしまった。しかしその鳩は政界を去っても中国の為に働いているし、小沢一郎は民主党を追ん出て国民の生活が一番じゃあなかった小沢の気持ちが一番というような政党を作り、菅直人は一人居座って何やらしている。
 この3人、どこかでバッタリ遭遇してもシカトする仲だろう。このように組織における3は大凶で中国、北、韓国も同じ今までは中国と北が蜜月で韓国が仲間はずれ、しかし朴槿恵が習近平に近付いて、頭に来たのが金正恩、金正恩は習近平ともう5年も経つのに会談の一回もない。つまり3は2対1になるのである。昨日、オリンピックの会合があってJOCからお偉いさんが、こちらは小池都知事、丸川オリンピック大臣、そして森喜朗大会組織委員会会長と大凶の3が一同に会した。
 日本は第一回東京五輪、札幌冬期五輪、長野冬季五輪とあったがこんな滅茶苦茶な事はなかった。今までの方が遙かにアスリートファーストだった。嘗てハマコーこと浜田幸一は森喜朗をシンキロウ(蜃気楼)といった。つかみ所がない。まとめる力がないという意味らしいが言い得て妙である。総理大臣の時は神の国発言をし民主党はこれに対し「日本は神の国? いいえ、民の国です」と批判するCMを打った。
今度は「無党派層は寝ていてくれさえすればいい」と暗に投票するなといい。歴代内閣総理大臣の中で森喜朗ほどメディアが批判した総理はいない。そして最近でも
「(浅田真央選手)あの娘は肝心な処でよく転ぶ」と発言、誰もがアンタがいうかと思ったに違いない。オリンピックは疑似戦争、代理戦争の側面がある。だからロシアプーチンはロシアという国ぐるみでドーピングをしていた。もう総理大臣でもないアンタがどうして君臨するのというのが国民の心情だろう。東京五輪を成功させるその秘策、第一は森喜朗が辞めることである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月29日 (火)

韓国クーデター

 経済とは大掴みにいうとGDP、GDPとは生産した結果の総合計である。それで軍隊の話、世界平均は300人に1人が軍人だが日本は570人に1人、韓国は59万人で76人に1人が軍人、北に至っては20人に1人、イスラエルでさえ45に1人だから北は多すぎる。経済的にいうと北は19人が1人の軍人を養っている計算になる。よって北の人民の生活が潤う筈もない。
 さてここから読者は金正恩の気持ちになって考えて欲しい。北の悲願は南朝鮮の韓国を併合することにある。山崎豊子が華麗なる一族で小なる阪神銀行頭取の万俵が大なる大同銀行の吸収合併を目論む話を描いたが韓国は4600万人、北は2000万人、経済ではGDP世界10位の韓国、比し北は世界90位、だから軍事以外で南朝鮮、韓国を統合する事は不可能である。韓国は日本と違って軍隊があるが核はない。実は朴槿恵の父親、朴正煕は北に対する為に核所有を考えた。これを止めたのがアメリカだった。
 アメリカは韓国に軍隊は許可したが核は許さなかった。この辺がアメリカ式自由貿易協定という名の縛りである。それでも朴正煕は核を所有したかった。どうなったか。側近の金載圭が「渡しの後ろにはアメリカがいます」といって朴正煕を暗殺した。現代の様相は1968の頃に出てきた。
 知っている人は知っているが知らない人は知らないからいうと韓国と北は現在でも戦争をしている。えぇ、やってないよ。そう休戦中である。もう60年も休戦中だが、終わったわけではない。今日、戦争が再開しても不思議のない国なのである。戦争は裕福の時は起きない。金持ち喧嘩せずというのは心理である。だが北は貧乏国、韓国もサムスンもダメ政治もダメ、そもそも韓国の大統領がダメ、それは元々だったが経済がいいときは毎日、酒が飲めて騙せるが、その酒もなくなると矛盾で作った砂上の楼閣が崩壊する。
 2年前、朴槿恵は親友の女祈祷師が北は潰れるといったから、よせばいいのにそれ鵜呑みにして自分の言葉としていった。金正恩は独特のヘアースタイルだがそこから火を吹いた。よって金正恩は今こそ目にものを見せてやると北の工作員の尻を叩いている。よって週末恒例の朴槿恵弾劾デモは北の工作員の実績である。半島に一朝有事が起きる可能性は極めて高くなった。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月28日 (月)

なにをいまさら

  2014『韓国船セウォル号沈没事故』での高校生を含む304人死亡。セウォル号は「未必の故意」そのとき朴槿恵は「密室の恋」だったのではないのかとなった。知っている人は知っているが知らない人は知らないからいうと「密室の恋」は誰でもわかる。だが「未必の故意」は法律用語で、そうであればそうなるとよ想定できる犯罪に対して、何もしなかったという罪である。
 船にはそれに見合った重量の荷物を載せなくては転覆する。それをセウォル号の場合積載量は987トンなのに、1228トン多い2215トンを積載していた。誰が考えても危険極まりないが儲けを優先し、その反動で人命が軽視された。そういうのを「未必の故意」という。
 韓国の日刊紙、朝鮮日報はある男と朴槿恵が会っていたと報じた。その報じたものを産経新聞のソウル支局長の加藤氏がコラムで引用したらオリジナルの自国新聞の朝鮮日報はスルー、しかし日本の加藤氏だけ捕らえ裁判にまで持っていった。要するに韓国の司法は独立していない韓国大統領府の下請であった。処で今更、大統領府はその日、朴槿恵は空白の7時間、男に逢っていた。いや整形手術を受けていたという事実はなく粛々と業務を遂行していたと発表した。こんなの信用できる人は少ない。本当はご祈祷を受けていたんじゃあないの。だってそれが本当なら直後にそういえばいいこと。もう2年前、ヤバイ資料は消去している。
 それはつまり百万人に及ぶ弾劾デモに対する火消し作戦だが焼け石に水である。 なんだか舛添大先生の末路に似てきた。舛添は朴槿恵に恋をしていたのか、わざわざ必要もないのにソウルにいき「日本人の9割は韓国人が大好き」と大嘘をつき新宿跡地には韓国学校を建てようとした。それでも最後は支持率2%だが朴槿恵の支持率は若者世代では0%である。類は友を呼ぶで舛添も続行を表明したが朴槿恵も居座る姿勢をみせている。朴槿恵が任期満了まで居座れば2018ピョンチャン冬季五輪は朴槿恵政権ない。だが果たしてそうなっても天は平昌に雪を舞い降らせるのか、そうなると長野の施設を貸せと上から目線でいってくるだろう。
  だからそのときのため「千年経っても、日韓の加害者と被害者の立場は変わらない」といった流石「恨五百年」の国、朴槿恵はバージョンアップして千年にした。このとき折角の仰せ、分かりました。千年国交を断絶しましょうといっておけば、まだ千年には998年もありますので悪しからずといえたのに……。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

今日は日曜日なので、それで

知っている人は知っているが知らない人は知らないから書くと日月火水木金土はみんな星で月は月、火曜は火星、水曜は水星、その調子で木星、金星、土星となる。日曜はお日様、太陽である。太陽は兎も角、地球も太陽系の一つの星である。しかし地球は星だという認識がない。地球は外側で自分も地球という星の生き物だとは捉えない。
 何しろ地球の周りを日月火水木金土が回っているという発想は実は人間の奢りである。そこから天動説が主流になった。だが考える人は考える。考えない人は考えない。ニュートンはある日、リンゴが木から落ちるのをみて考えた。リンゴより重くて高いところにある月はなんで落ちないのかと……こう書くと詩的で哲学的だが、別にリンゴでなくても何でも落ちる。人は階段からも落ちるしニュートンだってそうだっただろう。
 そこからニュートンの万有引力の時代になっていった。 ロケットに核爆弾を乗せて飛ばすと核爆弾になるが人工的に作った衛星を核の変わりに積んで地球の上に発射して地球の周回軌道に乗せるに訳だが、その為には秒速7.9km、マラソンの距離を6秒で走るのと同じ速さがいる。それは万有引力で地球の中心に常に引っ張られているからでスペースシャトルや人工衛星はその為に凄まじいスピードで飛んでいる。こういうと目に見えない万有引力が些か理解できるように思う。
  処でコペルニクスもガリレオも考えた。どうも地球を500円玉くらいにすると月は一円玉くらいの大きさで、極めて地球の近いところをコバンザメのように回っている。地球ジャイアンの周りを回る月スネ夫は分からないでもない。だが太陽という実に地球人にとって有り難い原子力のび太のような星は、50メートルも離れたところに100倍の大きさで鎮座している。
 しかしそうなると小さい地球の周りをばかでかい太陽が回っているというのはどうもおかしい。それより太陽が動かず地球が一周している方が合理的である。俺の考えは正しいかもしれないと結論ありきで天体望遠鏡を見ていたら、どうも当たっているようだとなっていった。つまり逆転の発想が偉大なる法則を探り当てたのかもしれない。冬空に空を見上げて気宇壮大な気持ちになる。現代人には最大の特効薬かもしれない。
 尚、地球も太陽も宇宙から見ればチリでしかない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月26日 (土)

今日は土曜日なので、だから

当ブログのポリシーは因・縁・果の法則、生まれし赤ん坊に天が与えしものは自由でも権利でもない。唯一皆平等に死である。生まれたその日からただひたすら死に向かって漠然と突っ走る。
  いやなこというねと読者は思っているに違いない。『良薬口に苦し』『冷酒と親父の小言は後から効いてくる』というが耳の痛い話は実は楽しくない。だがさんま御殿を千回みても、その成果はといわれるとない。一番多い意見は「成果など考えて見ているか、馬鹿かお前は」といったところだろう。だが千回とは千時間、丸々42日で一月以上である。私は以前、セブンスターを1日1箱吸っていた。当時220円それが昨日、自動販売機でみたら460円になっていた。今も吸っていたら167,900円一年でざっと17万円である。こういう計算は時として必要で客観的に自分を捉える習慣みたいなもの。続けていえば愛煙家50年で900万円のベンツが買える。愛煙家は肺ガンでお陀仏の人生の差になりえる。私が煙草をやめたのパソコンの前で煙草を吸うと、パソコンの調子が悪くなるといわれた。そういえば最近はそんな話も聞かなくなった感があるが、それでやめたのとキーボードには当然両手を置くので物理的に煙草が吸えなくなる。
 煙草をやめて良かったのは食べ物の味がよく分かるようになった。咳き込まなくなった。
周りが汚れない。精神衛生上もいってみれば子供の頃のような爽やかさがある。
 誰かが煙草をやっているときは全部やったつもりでも一つ忘れていた。だが煙草をやらなくなったら、やっていないことを一つ思いだすようになったといったが、これは名言だと思う。
  私は人に、ああせいこうせいというのは好きではないが、460円といったら縮める寿命を考えても最低500円、そして家族も有害な副流煙でやられる。どう考えても採算に合わない。清原も欲しいけど頑張っている。それに比べればと置き換えてもいいし変わりに1日500円余計に使っていい楽しみを見出してもいい。
 何はともあれ煙草はやめた方がいい。別に恩に着せる訳ではないがこのブログもノンストップで書いている。嘗て松本清張は作家とは、どれだけ椅子に座っていられるかの職業といい。宇野千代は書くことがあってもなくても鉛筆を削り、必ず机の前に座ることが大事といった。当時の机は正座して座るので椅子の高さがない。名前が出てこないが兎も角、低い机である。煙草も大麻も気楽にはやめられない。努力してやめる。そこは人それぞれだが、いったように只でさえ死に向かっている。わざわざそれ以上、速度を速める必要はない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

所ろ変われば品変わる

所ろ変われば品変わる。時代が移ると価値が変わる。……左翼がいうと正義で保守がいうと差別という時代がずーとあった。
  左翼の大江健三郎は「アメリカの核は悪だが中国の核は美しい」といって朝日は称賛した。今、どうであろうか「中国の核は美しい。北の核は素晴らしい」といったら「病院へいってこい」といわれる。
 嘗ての定説が今や暴論である。といって今が正しいという訳ではない。私はテレビはみないが午後のワイドショーで知らないコメンテーターが
「大統領は孤独である。だがら相談相手が必要で、そこは理解すべき」だといっていた。こいつはバカかだと思った。
 それは大統領が孤独かどうかしらない。それでいったら北の金正恩も孤独で、だから側近を100人以上も殺戮している事にもなる。なんで日本人が韓国大統領の孤独を考えなければならないのか、大体その道を自分が選んできた訳でしかも父親が大統領だったからなったのである。下から積み上げて大統領になったら、自分で判断してきた実績と蓄積があるから、人の話を聞いてもそれで結団したりはしない。あくまでも参考意見である。だとしたらどうしてこんな体たらくを演じたのか。それは世襲だからである。
 つまり日本の鳩ぽっぽ首相と同じであの人が良いというとその女が人の嫁でも下々が動いて強奪婚、弟が議員になると俺もなりたい。それならお爺さんが北海道に土地をもっていたからと北海道から立候補で何もせず当選、そして総理になって
「最低でも県外、出来れば国外」を公約したがアメリカは鳩山財閥の御威光など感知しないからルーピー(愚か者)と称した。
  朴槿恵もその類のルーピーなのだが、随分と女性で得をしている。女性の活躍する社会とかいうが、女だとオセロ中島でも辺見マリでも朴槿恵でもどこか追及が甘い。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

日本憲法は世界最古の憲法である。

 国を護る為の条文が憲法である。これが世界の常識、だが日本の憲法のみは国を護らないという大前提の憲法である。吉田茂は「自衛の為の戦争も放棄した。それが憲法の要諦である」といっている。よって自衛隊は当然、憲法違反。だから憲法を変えよう、そうしようと考えるのが世界で、だから憲法改正

メキシコ400回 以上
ドイツ  59
フランス 27
カナダ  18
イタリア  15
アメリカ  6

 メキシコなんかそれだけ変えるのなら作り直した方が良いのではといいたくなる。第二次大戦の最大勝者のアメリでも6回、そのアメリカがアメリカの為にGHQが日本政府になりすまして日本を護る為といって日本に押しつけたアメリカを護る為の実質アメリカの51番目の日本州憲法は憲法改正0。よって最早最古の憲法である。 

 日本には憲法学者という権威のお方が沢山いてあぁじゃあない。そうじゃない。どうじゃなない。どうでもいいじゃあないと宣うが権威の国、日本ではこいつら馬鹿かと思っても、表だっていわない。そういうのを面従腹背という。表面だけは服従するように見せかけて、内心では反対だと思っている。

 そこでこういうのはどうだ。現オバマ政権下のバイデン副大統領が日本憲法はアメリカが作ったと認めた。これはもう言わずもがなで既にGHQのケーディス大佐も自分が作ったと証言し、交戦権という言葉の意味を問うても本人すら分からないと答えた。天皇と日本国体を切り離すことが第一の目的、しかし天皇存続だから、一体どうすればいいのよと若手の将校達は専門家でもないので弱った。すると誰かがシンボルでどうだといった。そうかシンボルか、それでいこう。それがいい。それがいいといいましたで天皇は象徴になった。

 全てが8日間のやっつけ仕事であったがそれを後生大事に法治国家といっているのは実に哀れである。憲法解釈なら作った本人に聞けばいい。そこでアメリカに日本憲法審査会を作りそこにお伺いを立てる。そこは案外、日本の左翼憲法学者より正直で何よりも分かりやすい可能性が大である。さすれば権威者は権威に弱いから平伏するだろう。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

イメージ操作

 脱法ハーブといったら蜜の味で群がり、これはマズイと政府が危険ドラックとしたら効用は同じなのに一気に沈滞、騒がなくなった。嘗て国民総背番号制といったらなんだか囚人のイメージで否決され。そこでマイナンバー制としたらクレジットカードのイメージになってスンナリ通ってもう施行されている。

 靴下も通勤快速を捩って通勤快足とネーミングしたらまるでスーパーマンの履く靴下のようになったのか、それこそ飛ぶように売れた。まさに中年をアラフォー、老人を熟年としたらしょっぱい味がスパイスが利いたインテリジェンスの香りに変わり「中年の小母はん」を「妙齢な御婦人」としたら前者は豹柄の大阪小母ちゃん。しかし後者は艶やかな和服姿の山の手夫人を連想させる。つまり中身は同じでも包装紙を変えただけで「へ~んしん」黒が白になる。

 大和言葉でいえばものは言いよう、モノは器からというわけ。

 それでキャッチフレーズ、スローガンの時代といってもいい。今話題の朴槿恵の崔順実(チェスンシル)これも肩書きが定まらず。祈祷師、呪術者、といわれるが大統領直属参事官とか哲学者・政治アドバイザーとでもしたらイメージは変わる。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

またまた竹中平蔵の大嘘

人体で言えばカネは血液、銀行は心臓、金融ショックがおきると心臓発作となる。
  つまり国家は一つの身体で日本なら日の本太郎という人体である。身体のどこを切っても直ぐに血が出る。血液がドロドロなら高脂血症となりサラサラなら健康である。つまり健康な身体を作るには綺麗な金融機関の入出金による血液の循環を起こさなくてはいけない。日の本太郎は日本丸でもあるから行動的になれる。それがインフレのときで反対がデフレである。健康ドックに入ると悪いところをチェックしそこを直す。

 ゆうちょ銀行の預金残高は180兆円、対し日本一の三菱東京UFJが120兆円、つまり郵貯は日本一の金融機関である。しかも宅配業務、保険も一業種で儲かることを三つも独占でやっているのだから、誰がやっても儲かる独占事業でそれを国がやっていたのだから更に儲かっていた。つまり何の改革も改善もする必要がなかった。この時韓国は何をしたか、サイバーコリア21を表明、2005年までに全家庭ブロードバンド化を推進した。

 しかし日本はこのときISDNで電話の二倍速、そのISDNの1500倍が光ファイバーだから韓国は日本のGDPの2割の国力しかないのに、これからの国力はインターネットの数とPCスキルのネット網で決まる時代と見抜き対処した。この時の韓国大統領は金大中(キム・デジュン)、金大中は苦労して大統領になった男であったから未来のシミュレーション、情報化社会をよく研究していた。

 一方、日本は小泉家三代目の変人、小泉純一郎でその男が丸投げしたのが竹中平蔵だった。つまり朴槿恵(パク・クネ)と祈祷師崔順実(チェスンシル)の関係性である。祈祷師だといけなくて大学教授だといいという立場に私は立たない。医者であっても病を治せぬ者は名医ではない。祈祷師であっても未来を見定める力があれば、それは政治家は未来の予想屋である。

 未来がビシバシ分かればそれに越したことはない。経済学者、エコノミスト、経済学部出身者、バンクマン、証券マンに日銀総裁、財務省、財務官はトータルで一体、何人いるか知らないが、これだけスペシャリストがいてもう日本は四半世紀も低迷中である。それが自殺率と相関していて自殺者3万人越え連続14年だった。それがピタリとアベノミクスで止まった。アベノミクスとは単に札を刷っただけである。前述の経済で飯を喰っている連中は札を刷ればいいだけの事を14年もしていなかった。

 よって経済学部なんかいらない。エコノミストも経済学者も事に竹中平蔵も全くいらない。これからもお呼びでないということを彼ら自身が既に証明している。
「実正なくば証明できない。証明なくば信用されない。信用なくば尊敬されない」の典型だ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

又、竹中平蔵の大嘘

 前号で言いたかったのは市場原理のグローバリズムとは自由、平等、公平というのは立前であって実は不自由、不平等、不公平であるという実証をもって絵に描いた餅であると書いたつもりでいる。
 仮に貴方が体長悪いときに経済学者を訪ねない。当然医師を訪ねる。不調を訴えるとそれにあった治療薬とか、手術とかでその後、社会生活に復帰する。しかし藪医者にかかると誤診された挙げ句、手術失敗で死ぬことになる。
  国家にも病がある。不景気病である。そのとき国家は医者を訪ねない。経済学者を訪ねる。その人物が名医の経済学者であれば日本経済はよくなる。藪学者であれば更に落ち込む。さて竹中平蔵は名医か藪か。
  もう15年も日本経済を牛耳っているのだから評価は決した。結論は呆れんばかりの藪であった。
 東洋医療は身体全体を良くしながら部位を良くしていく。比し西洋は全体は見ずに悪い部位だけを良くしようとする。しかし竹中は何ともない極めて健康の臓器への血液を送り出す正常な心臓にメスを入れたのだった。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

竹中平蔵の大嘘

竹中は市場は自由で平等で公平だといった。それが行き渡ってグローバリズム、或いはグローバリゼーションとなった。巨大になると名前が変わる。出世魚というのがある。

例えばブリは
ワカシ:15 cm くらいまでのもの
イナダ:40 cm くらい(夏に旨い)
ワラサ:60 cm くらい
ブリ:90 cm 以上とその大きさによって呼称が変わる。

マイワシもシラス→ カエリ→コバ→チュウバ→オオバ→マイワシと変わる。
 それは兎も角、昔ユダヤマネー、今は国際金融資本、ウオール街の軍産複合体とエスタブリッシュメント、エグゼティブルともいわれる。

  脱法ハーブというと蜜の香りで群がったから危険ドラックとした。すると(もっかして捕まるかも)となり一挙に終息した。フィリピンのドゥテルテ大統領は麻薬をしている者を4千人射殺した。すると20万人が私もやっていましたと出頭してきた。殺されるよりいい。

 経済的用語でいえばコスパ(コスト・パフォーマンス)が合わなくなっての事だった。お花畑の日本は酷いことをしやがると思うが日本でも幼稚園、保育園児が園庭で大麻をやっていたら考え方が変わる。事実フィリピンでは4歳児が麻薬をやっているという凄まじい実情がある。そういうときは一罰百戒を持って知らしめる必要がある。

 さて本論、トランプがヒラリーを「最も有名で中身不明」といった。これは本質を突いている。オバマ政権下でTTPを推進し、嫌がる日本に日米安保がどうなるか分かってるだろうなと脅しておきながら大統領選ではTTP反対といった。
 これ分かる人いない。本人も分からないだろう。

 トランプが大統領になってとき日経平均は1000円下げた。しかし翌日1000円上げた。
 いいですか、日本の首相が暗殺されたわけでもない。首都直下型地震が起きた訳でもない。アメリカ大統領が見ず知らずの訳の分からない者がなったわけでもない。ヒラリーでなければトランプ、トランプでなければヒラリーというだけのことでそうなった。
 だからこれは大想定内である。しかも一日で何が変わるわけでもない。だがそれによって儲けた人は健全な筋のものではない。市場を攪乱して儲ける。パチンカーでいえば名うてパチプロ集団、梁山泊みたいなもの(もうこれって古くて通じないかもしれないネ)。

 つまりであります。竹中は市場は自由で平等で公平だといったがその実体の証明は不自由、不公平、不平等の極みで、ヒラリーはアメリカをよくするといったが1%のエスタブリッシュメント(社会的に確立した制度や体制。支配階級)がアメリカの半分の富を治める結果となり、大統領候補は何も製品を販売していないのにクリントン財団を大きくしてたというわけ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月19日 (土)

祈祷師と竹中平蔵④

 学者に愛国心がない国は危うい。特に最悪なのは学者の面を被った政商、それが童顔な仮面となれば尚更その正体が見抜けない。嘗て竹中と同じメンバーだった先輩格の中谷巌氏が「竹中平蔵君、僕は間違えた」と文藝春秋で市場原理主義の失敗を認め、小泉と蜜月だった加藤紘一も小泉・竹中ラインの政治に絶望し「劇場政治の誤算」を出版したが聞く耳持たず。
 市場原理の掟は敗者は黙って市場から撤退であれば「先ず隗より始めよ」で竹中こそ市場から撤退を履行するべき男であるにも関わらず安倍政権で君臨している。
 政商はパトロンがいて成り立つ商売、一体竹中のパトロンは誰なのか、どうも日本の政治家、官僚ではない。現在の要因の元、それは過去にこそあり
 「ニイタカヤマノボレ、ヒトフタマルハチ」の電文を奥村勝蔵という売国奴の為に握りつぶされ、現在までも日本全体をキル・ザ・ジャップで落とし込んだ。しかし昭和天皇とマッカーサーの閲見11回のうち4回も通訳を担当し、何故か外務省の事務次官トップにまで登り詰め、退任後はスイス全権大使という破格の待遇。
 読売帝国を作った正力松太郎は警察官僚上がりで戦時中は内閣情報局参与でありながら、CIAコードネーム「ポダム」というスパイ。その功績を称えGHQから電波枠を貰い受け読売帝国を作った。
 こうした敗戦利得者に対しアメリカに刃向かい単独、日中国交をした田中角栄、日米安保条約は軍事的性格はないといった鈴木善幸は直ぐに辞表を提出するハメになっている。
 歴史は繰り返す郵政民営化もTPPもアメリカの要望、然るに竹中は米のネゴシーエータで現代の奥村、正力である。このまま歴史をなぞれば日本を待ち受けるは第二の敗戦となるが、果たしてトランプ大統領出現でどう変わるか。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

祈祷師と竹中平蔵③

 そこが自由主義でも共産主義でも帝国主義でも原因があって縁に触れ、結果となる。「因・縁・果の法則」から何人といえども逸脱することはできない。   どうして結果がそうなるの? という疑問を説明するのに使うのが論理である。よって論理は結果の証明でなければならない。

  共産主義の一丁目一番地は平等である。ロシアで一番金持ちなのはプーチンで個人資産だけで15兆円もっている。だがプーチンはラーメン一杯作っていない。つまりGDPには何の貢献もしていない。それなのに儲かるということは共産主義そのものが手段でなく結果をいっていて、その通り中国も同様、北に至ってはその富の99%が金正恩のものである。ということは結果をみれは不平等である。
 しかし論理は平等だとしたらその論理は破綻している。破綻している論理は邪道で迷信である。故に共産主義はカルト共産主義という宗教である。しかし離脱信者がでない。つまり外側からみれば異常なのに、内側の信者は 「私はなんて幸せなんでしょう」といっている。本人が幸せだといっているのに、他人が不幸せと決め付けるのはと思い放置されている。
 選挙の頃になると旧知の仲のように電話してくるのが創価学会信者で、清き一票はその人格をもって考え投票するところに意義があるのに 「公明党の○○さんを頼みたいの」といってくる。ということはその人の人格では間違える。だから教えてやるといわんばかりだがその論理は説明しない。大半の人が何故、創価学会信者はあれだけ厚かましくなれるのか、誘われても入りたくないと思うのは正常である。
 前者はマルキスト、後者は宗教人を語ったが私の頭にその境界線はない。さていよいよ韓国は危ないと思ったのは金慶珠の変わりようである。
 
 それまで叶姉妹の妹のように 「姉が、姉が」とはいわなかったが日本人を朴槿恵(パク・クネ)の信奉者になるように祈祷していた。しかし崔順実(チェスンシル)に自分と同じ臭いを感じ朴槿恵のハード・ネゴシエーターをしていると危ないとなり、日本人にそれまでなかった愛想を振りまくようになった。
 相変わらず論理破綻の不明瞭で意味不明の長々コメントだが、金慶珠珠の情緒指数に反転の様子がみえてきた。

| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

祈祷師と竹中平蔵②

 学者という人を私はあまり信用しないし尊敬もしていない。例えば憲法学者、ここはこう理解すると決め付けるが、その日本憲法はオバマ政権下のバイデン副大統領が先頃、
「現日本憲法はGHQが作った」と明言した。今やそれは公然の秘密である。だとしたら交戦権とはなんであるか、それを作った人に聞くべきである。それ以上の答えはあるまい。憲法前文には『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した』とある。これでいくと中国、北、韓国も諸国民である。
 しかし中国には尖閣で、北にはミサイルで、韓国は竹島と慰安婦で攻められている。
 9条は【戦争の放棄,軍備及び交戦権の否認】
(1)日本国民は,正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国には権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は,国際紛争を解決する手段としては,永久にこれを放棄する。 と規定
 つまり「中北韓」には威嚇もしてはならない。手枷足枷、猿ぐつわに纏足に強制するような国家が日本である。防衛は自然権で論ずるまでもない。いきなり殴られているのに応戦しなかったら殺される。ところが
 9条(2)には、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
  つまり自然権の交戦権すらない。更に陸海空軍「その他」の戦力「その他」とは何か。私は知恵袋に質問したが答えはつかなかった。女子と婦人が携帯する痴漢対策グッズ、あれは戦力であり、それを使う事は交戦権を行使したこととなり憲法違反となる。
 兎も角、意味不明だから何を守るのかさえ定義できない。しかし護憲派の憲法学者がいるんだから更に訳が分からなくなる。憲法学者なんていらない。日本はもう四半世紀(二五年)もデフレである。景気を良くするにはリフレがいい。リフレとは確実に2%の物価上昇率が安定的に続いていくことである。
 政府がすることは世がインフレだったら増税と構造改革と金利を上げ景気を冷やし、デフレなら金利を下げ財政出動、金融緩和しか道がない。それを竹中閣下はデフレ時に緊縮財政をし、構造改革をした。その結果、更に景気を押し下げた。
 その男は経済学者で政界に居座ってから規制改革会議、経済戦略会議、産業競争力会議、諮問会議だかの委員が兎も角増えた。そして誰も会ってよかった竹中委員会とはいわず。
 そこまで竹中にやらせて委員会という結末を導いている。国会は国民が選んだ者が立法する。しかし竹中は国民の付託を受けていない。そして悉く日本沈没経済を施行していくも選挙の洗礼も受けない。韓国の崔順実(チェスンシル)祈祷師の方が実はまだ可愛い。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月16日 (水)

祈祷師と竹中平蔵①

  韓国の朴槿恵が親友だか、霊媒師だかイタコだか祈祷師だか分からない崔順実(チェスンシル)という女に、全て丸投げしていたということが発覚、ここでは話がしやすいように祈祷師とする。これにサムスン、ロッテなどの財閥と癒着問題、韓国の学生は間もなく大学受験だというのに朴槿恵辞めろのデモ隊に加わった。総数100万人、これは韓国が出来た1948年以来最高のデモ隊の数になった。
 日本人は呆れ果てて見ているがしかしである。仮に祈祷師が大学教授だったらどうなるか、何の問題もない筈である。何故なら小泉総理が頼ったのは竹中平蔵で、竹中はもう15年も日本の政治を牛耳っている。竹中といえば
『改革を止めるな。郵政民営化すれば、小さな政府、少子化対策、地方財政が潤い安全保障、年金、医療、果ては外交までよくなる』の世紀の誇大広告を嘯きその実
『郵政民営化したら大きな政府、少子化対策、地方財政が潤わなくなり、安全保障、年金、医療、果ては外交まで悪くなった』を証明した売国奴である。それが如実だったのはスッタモンダの挙げ句の果て10年かかって2015に郵政は上場、1987年のNTT上場の時は国民がフィーバーした。しかし郵政株の『日本郵政』は閑古鳥、スポンサーだったアメリカの為の郵政民営化だったのに外人買も起きない。これはまずい! 郵政株が下がれば郵政民営化の大失敗がモロに露呈する。そこで政府は国民の税金といっていい年金GPIFで株を買い支えたのだから筋違いも甚だしいペテン政治であった。
「学問に国境は必要ない。だが官僚、学者に愛国心がない国家は危うくなる」
 以前竹中がテレビで韓国よいしょの発言をしていたので首を傾げた。何故なら和魂漢才ならぬ米魂米才の男だからだ。それがどうして韓国側に立つのかと思っていたら、竹島に上陸した李明博(イ・ミョンバク)は竹中にコンサルタント料を払っていた。東日本大震災のとき、菅直人は参議員予算本会議で立ち往生し在日韓国人から105万円受領していたことがうやむやになった。外国から金を貰っている者に日本国民の政治を担わす訳にはいかない。しかし竹中は国民の審判も受けずに規制改革会議、経済戦略会議、産業競争力会議、諮問会議だかの委員をもう通算で15年もやっていて、議員より政治を弄んでいる。
 処が学者なら韓国の大統領だった男のコンサルタントをやっていても大丈夫で祈祷師だと問題になる。つまり教授や学者なら問題にならないという訳だ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月15日 (火)

何故、トランプは勝利できたのか

 さて歴史的大逆転をやってのけたトランプだが、何故トランプは勝ったのかを考えたい。詰まるところ反グローバリズム(新自由主義)を唱えた事に集約されると思う。
 
 グローバリズムとは新自由主義を基盤とし国境を取り払い『人・物・金』の移動を自由にする考え方。有り体に言えば一切の規制を取り除いて競い合う弱肉強食の世界だ。北斗の拳の世界観とそのままそっくり同じで、武力が金(資本力)に置き換わっただけである。
 当然、弱肉強食だから資本力が巨大なグローバル企業、或いは資本家が中小企業を淘汰しながら更に資本力を蓄えて巨大化していった。その結果、アメリカは日本とは比較にならない程、超格差社会となった。
 
 米国の所得上位1%は全体の所得の22.5%と同等、上位10%は全体の約50%を占めていて資産の合計では上位1%がなんと下位90%の資産合計を上回っている(2014年の時点)
 更に米国民で100万円以上の金融資産を持っているのは5割、65歳以上に限定すると3分の1が貯蓄0ともいわれている有り様である。
 
 一方、ウォールマートの創業者であるサム=ウォルトン、一族の余裕する資産は総計15兆、これが所謂「1%対99%」の問題でトマピケティの資本論が売れたのもこうした現実と決して無関係ではないだろう。
 ヒラリーを代表とする既成の政治家はグローバル企業とズブズブの関係でロビー活動やらで裏金含め多額の献金を受けている。既にグローバリズムの先兵、グローバル企業や資本家の飼い犬と化しているからグローバリズムに反対することは不可能だった。

  この構図はヒラリーを応援するメディアの姿勢にも顕著で
「ワシントン・ポスト」「ニューヨーク・タイムズ」などの大手新聞を含め総計57社が全てヒラリー支持。トランプ支持をしたのはたった2社だけ。
 更には投票日、間近で「クリントン勝利90%」と壮大なプロパガンダを仕掛け国民を必死に煽動しようとした。当然その背景にはメディアの株を持っている資本家やグローバル企業の意向があったことは明らかである。

 だがしかしトランプは1%の大資本家とその周りを囲む番犬(メディア、既成の政治家)に真っ向から対立し反グローバリズムを叫んだ。

以下はペンシルベニア州での演説
「我々の政治家は積極的にグローバル化の政策を追求し、我々の雇用や富や工場をメキシコと海外に移転させている」
「グローバル化が金融エリートを作り出し、その寄付によって政治家はものすごく裕福になった。私もかつてはその1人だった」
 この言葉に米国民は心を打たれたのではないだろうか。サイレントマジョリティがトランプを強烈に支持したのは民主党の地盤が次々にひっくり返された事からも分かる。

 即ち彼の暴言こそが米国民の怒りを体現していたのである。
 ところが問題はトランプが反グローバリズムの方向へ本当のところ持って行けるのか。一部の資本家だけが儲けるのではなく本来の国民経済を取り戻す事が出来るのか。という事だ。

 私の素直な感想ではトランプにそれが為せるとは思えない。結局のところグローバリズムに支配されるのがオチではないかと感じる。
 とまれ、イギリスやアメリカが反グローバリズムの狼煙を上げている中、周回遅れで未だにグローバル、グローバルと寝言を唱えている日本が目覚めるチャンスではある。
(未だにTPPに拘ってアメリカ様に国益を献上しようとしている安倍政権には余り期待できないが……)
 
 いずれにせよ自国で自国を防衛出来ないおかしさ、日本人の主体性のなさ、危機意識のなさを少しずつ変えていく機会にしなくてはいけない。逆にいえばこのまま変わらず対米従属を続けていれば完全に米国の属国となるか、はたまた中国に侵略されるか。100年も経たないうちに日本は滅びるのではないかと本気で考えてしまう今日この頃である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

ありうる話

 新聞、地上波では報道しないが日本人の場合、誰でも18歳以上になると自動的に選挙の投票権が送られてくる。比しアメリカは自分で手を挙げて申し込んで選挙権を得る必要がある。オバマが黒人初の大統領になれたのは黒人が自分達の代表を大統領にと考え、手を挙げて投票権利を得てオバマに一票投じたからだった。
  それと同じ現象がトランプ現象で、プアホワイトがやはり手を挙げて選挙権を得てトランプに入れた。アメリカ大統領は公約を守る。ただしTPPは分からない。熟慮したらTPPはアメリカにとって国益であるからやることにするといえる。
 しかしアメリカの為に働くという事に変わりはない。鳩ぽっぽのように世界の為に働くといっても日本では平気だがアメリカでは公約違反となり、トランプにリコールが突き付けられる。
  何をいいたいのか、アメリカは戦後日本だけでなくイタリアを始め世界に各地に存在する。そしてどこも信頼できる国がない中で日本だけは信頼できた。東京大空襲、広島長崎の原爆と世界で初めて三日とおかず二つの原爆、広島にはリトルボーイのおチビちゃん。長崎にはファットマンのおデブちゃんを落とした国の国民が一番信頼できると世界を飛び回っている将校から情報が入っている。
 つまり衰退するアメリカはアジアの安全保障を日本に任せるとトランプが言いだす事もありうる。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

弱り目に祟り目

 このところ飛行機の墜落事故がない。それはいいことである。だが飛んでいるものはいつか落ちる。過去を検証すると打ち合わせ無しで連続して落ちる。10年で5回落ちたとしたら2年に1回ではなく、二週間で4回も落ちたりする。これはもう法則のようなものでシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)、類は友を呼ぶというべきか。……何をいいたいのか、韓国の事である。 
 
 2014『韓国船セウォル号沈没事故』での乗員乗客294人死亡。財閥の海運会社の社長は「キリスト教福音浸礼会」の教祖だった問題を皮切りに、ロッテ、ナッツリターンの大韓航空、そして現在はパククネの専属祈祷師だかいたこだかのいいなり政治だったのではないかと大騒ぎ、そして韓国といえばGDPの2割りを稼ぐサムスンのスマホが爆発、更にアメリカに売った洗濯機 280万台、振動から蓋がぶっ飛ぶということでリコール問題がおきている。踏んだり、蹴ったりでサムスンは大赤字を出すは必定、そのサムスンとパククネが絡んでのスキャンダルも出てきて暴動騒ぎが続いている。
 それは北朝鮮の秘密工作員が蠢いていて自然鎮火が中々起きてこない。金正恩はパククネが憎い。それは北の金正恩を差しおいて中国と接近したからである。金正恩の願望は南朝鮮である韓国の統合、しかし人口比では北の2.3倍の4500万の韓国、GDPは韓国の5%もない。つまり小が大を喰うことになる。
 山崎豊子の「華麗なる一族」も、小なる阪神銀行が大なる大同銀行を吸収合併するつもりが挫折する物語りであったがそれである。到底無理だと思うが金正恩は頭が悪い。妄想が妄想を呼び核があれば、できるわさと踏んでいるから工作員は兎も角、下火にしたくない。韓国大統領は辞めると逮捕、自殺したりと辞めてから大変になる。
 パククネは証拠隠滅に忙しい。日本と違い内閣不信任案を韓国民が出せない。従ってパククネが辞めますといわない限り政権は続くのだから、権力は日本の総理以上の分野と奥行きと厚みがある。それで楽勝で濡れ手に粟で金を得て、やめてから追跡調査が始まるというわけ。
 支持率は5%と消費税8より低い、最早上向きになることはない。よってパククネは『死に体』である。サムスンはどうか、サムスンは日本の東芝、ソニーの技術者を採用し彼らから技術を盗んできたが、爆発するスマホと洗濯機は本物の歌手とモノマネ歌手の関係で、微に入り細に入りの部品になると微調整がきかない。つまり経験則がない。そしてその時それを知っている人は、知識を全て教えると解雇されるから原因究明に時間が掛かりすぎる。スマホ、洗濯機、もう一つ爆発ということになるとサムスンはかなりヤバイ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

選挙は疑似戦争とFXで行われる

国王になるには戦争して何十万も殺した参りましたといわせなければならない。しかし人類は進歩した。戦争をやめて選挙で勝ったものを大統領にしよう。そうだな、そうしよう、そうしましょうで選挙になった。だから選挙とは疑似戦争である。

 市場はヒラリーだったら今までの路線、グローバリズムで順当だとみてドル高円安、トランプだったら反対のドル安円高とみた。だからヒラリー有利という予想でドル高円安に動いていた。

 しかし選挙速報でトランプ有利とみるや30分で一挙にドル安で円高で一挙に4円も下げた。 証拠金で100万積んでいた人はレバレッジだと信用で10倍、20倍も効かせて2千万は投資している。更にオプションも組んでいたら目も当てられない。

 オプションで数千万はっていた人は億の損をしたはずである。狼狽して損切りをして息をついた人もいた。そうしたら次の日、6円ドル高、円安、もうこうなると実際の戦争より遙かに予想が立たない。そういうわけで選挙は戦争だが、その裏でもマネーウオーズがあったというわけ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月11日 (金)

日経平均が戻した。

 一昨日は900円近く下げて昨日は戻した。何のこっちゃあ、1日で何も変わらない。これが相場である。欧米のヘッジファンドは日本株を容易に操る。即ち円高にすると同時に日経平均を下げる。するとメディアがトランプ現象と報道する。素人はトランプは最低4年やる。売っておこうと狼狽売りをする。処が翌日は買いでヘッジファンドが爆上げする。これが株式で市場原理主義、グローバリズムともいう。竹中平蔵はグローバリズムは自由で公平で平等だといった。

 しかし『実正を見て信ぜよ』でグローバリズムとは不自由で不公平で不平等である。
 アメリカのクオリティーペーパー、価値ある新聞のNYタイムズ、ワシントンポストなどは90%の確率でヒラリー勝利と書いたのだから、未来予想屋のニュースペーパーとしての価値はない。新聞を読むとバカになるの証だ。

 小泉、竹中の「改革を止めるな。郵政民営化すれば、小さな政府、少子化対策、地方財政が潤い安全保障、年金・医療、果ては外交までよくなる」は全て裏目安全保障、年金・医療、果ては外交まで全て悪くなった。この悪徳不動産屋もまっ青の世紀の誇大広告に国民は騙された。こんなのは序の口で朝日の慰安婦捏造報道は32年、32年といったらアナタ、オギャと生まれた女児が結婚して子供を産んで、その子が小学校にもなる歳月である。つまりアメリカのマスメディアの新聞は実は既にもう業界新聞、御用新聞に成り下がっている。


人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

昨日、日経平均千円下げ。

 昨日のブログで連環連鎖のシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)を書いた。だがしかし、この連環連鎖に異議申し立てをしたのがアメリカの主権者たちだった。オバマは黒人初の大統領、ならば次は女性初の大統領となるかと思いきやトランプニュー大統領誕生。まさか! の虎(トランプ)が本虎になった感である。

 だがもう一つのシンクロニシティがあった。それがイギリスでの投票結果、今年6月のEU離脱であった。その心は移民問題であった。市場原理のグローバリズムとは、人、物、金が国境を越えるという考え方と行動である。イギリスはこの流れに水をさしたが、その次がトランプ現象であったことを意味している可能性が高い。

  つまり行き過ぎたスーパー共産主義の市場原理のグローバリズムへの作用に対する反作用の巻き返し現象である。市場原理主義を竹中平蔵は自由で公平で平等だといった。とんでもない! 嘗て竹中は
「改革を止めるな。郵政民営化すれば、小さな政府、少子化対策、地方財政が潤い安全保障、年金・医療、果ては外交までよくなる」といったが歴史に残すべき悪徳不動産屋mもびっくりの世紀の誇大広告で
「少子化対策、地方財政も潤わず、安全保障はガタガタ、年金、医療も果ては外交までおかしくなった」

 そのPART2で不自由で不公平で不平等という結果になった。一体誰が儲けたのか、アメリカのエグゼティブル(経営幹部)とエスタブリッシュメント(社会的に確立した制度や体制。支配階級)と日本のミニエグゼティブルとミニエスタブリッシュメント達だった。だからトランプが優勢と流れるや、ヒラリーならグローバリズム継承だが、トランプだとナショナリズム(国家意識)だとみて持ち株を売った。それで千円も下げたというわけ。

 欧米禿げ鷹・ヘッジファンド達が狂想曲が奏でるシナリオ投資資本主義がグローバリズムの正体だと世界が気がつき始めた。これは世界の夜明けに向かう可能性がある。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月 9日 (水)

パククネの問題

 アライグマが芋についた泥を流すため川の水で洗って食べた。すると遠く離れた土地のアライグマもそうした。双方のアライグマは当然面識なし。これをシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)という。つまり物事は全て連環連鎖している。

 台湾で女性初めての首相蔡英文が誕生、東京でも初の女性都知事、するとアメリカで女性初の大統領のヒラリーだろうと目されていた。
 しかしヒラリーは利権まみれの嘘つき政治家でゴールドマンサックスから、スピーチ料金として20万ドル(2000万以上)を受け取っていた。或いはカナダの会社が5億円をヒラリーに寄付、すると国務長官の立場を利用しヒラリーはそのカナダ会社の株を持っていたアメリカの会社の売却許可書を作った。

 中国からはヒラリーに最低でも2億5000万は入っている。更に習近平はヒラリーを良い指導者といっているから随分中国に便宜をはかったのだろう。
 ハイチの大地震のときは復興委員の特別代表にクリントン財団が入った。これは当然アメリカホワイトハウスからクリントンへ流れたということでクリントンが選んだ建設業者との利権もある。要するにクリントンは政商、大統領を夫婦でやればクリントン財団ができるという仕掛けである。

 というわけでこの腐敗振りにアメリカ国民の業を煮やしトランプに投票した。まさかの虎(トランプ)が本トラになった。これは奇蹟か偶然か必然だったのか、やがて分かってくるだろう。

 他方、韓国の朴槿恵は最早、死に体。しかし韓国には内閣不信任案を出すシステムがない。辞任しろといっても大統領自ら辞めるといわない以上は任期満了まで行く。そうなれば暴動が沈静化するのは難しい。何しろ韓国の第一人者のサムスンとも黒い関係が取り沙汰され、そのサムスンは爆発するスマホ、ギャラクシーノート7のリコールだけで1000億円の赤字が見込まれている。

 女性が活躍できる社会が安倍政権のコンセプトだが、女性なら無条件で良いというものでもない。その第1号の証明がヒラリーであり、朴槿恵が後に続きそうだ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月 8日 (火)

日本経済の話

以前は不況といったが今はデフレという。デフレとは生産者つまり売り手が商品、製品を作っても消費者が買わない。売れなければ一円も入ってこないから売り手はダンピングして安売りをする状況をいう。それでも日本はいいことがあった。

日本経済の絶頂期は1995から97のとき何と日本のGDPは世界GDPの17%を占めていた。これはアメリカの三分の二に匹敵した。先進国7ヶ国のG7でいえばG7とは米英独仏日伊加だが、日本が断トツの1位だった。それが20年後の今、カナダと最下位イタリアの間の6位でGDPのシェア率は5.8% 3分の11に落ち込んだ。

 中国は15%あるというのにである。この差は世界の成長率が3のとき日本は4分の1の0.7%の連続だからその差になった。
  なんでそんなに落ち込んだのか、それは個人に体質、気質、血液型があるように国にもある。1970年後半にヴォーゲルが「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を著した。

 そこで日本式経営の素晴らしさを説いた。つまり意識でいえば1970年代の「一億総中流時代」というもので日本人の幸福感は、アメリカなら呆れるほどの豪邸にプールがあることがリッチだが、狭い日本でそれをやったら妬み、嫉み、僻みの視線を向けられてしかも尊敬されない。

 アメリカではアメリカンドリームでもジャパンドリームにはならない。要するに日本人はみんなと平等がいいのである。仲間に大金持ちがいなくても特別の貧乏もいない。
「おい久しぶりに一杯やろうぜ」
「そうだな、ああ、あそこの焼鳥屋はどうだ」
「そこにしよう」これがいいのである。
「おい焼き鳥喰いに行こうぜ」
「一本百円以上、ビールも高いし俺はいいや」或いは
「行かない。肉はフォークとナイフとワインでないとダメなんだ」ではノミニュケーションにならない。日本のアフター5はコミニュティとノミニュケーションの不離一体、表裏一体に価値観と幸福感があった。それを壊したのが小泉政治家での竹中平蔵、市場原理主義を導入した売国奴であった。

三橋貴明「日本の財政悪化の真犯人は竹中平蔵だ!」

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

蓮舫問題

苗字が蓮で名前が舫かと思っていた人は多くいた。しかしテレビ報道で、実は村田蓮舫だとしった。それなら何で蓮舫なの、イチロー見たいじゃないか、そこは国会だよといいたくなる。しかも日本人じゃないものが大臣をしていた。蓮舫は未だにその証しの戸籍謄本を開示しないし、元々が嘘つきの連続だから真実が分からない。これだけ騒がれたら、普通は出すでしょう。となると出せない事情がある可能性があるわな。

 それは日本人でないのに国会議員になっていた可能性がある。そうなるとこれは問題だ。だって日本人でないと投票権がないのに、投票される側が日本人でなく投票した人が日本人であったとなると本末転倒で、当選は無効、今までの報酬は全額返納ということになりかねない。

 当然、与党自民党政府は既に蓮舫の戸籍謄本は確認している。11月8日 米大統領が決まるがヒラリークリントンのメール問題とか、トランプの新たなる問題とか、タイミングのいいところで出てくる可能性は蓮舫よろしくまだあるかも……。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

経済の消費性向と乗数効果

経済データーは色々あるがマクロ経済はGDPと失業率統計で80%掴める。だから政府はこの二つの指標に一番の関心を置く、経済とは何者か「金は天下の回り物」と江戸時代にいったが、全くその通り政府のすることは洗濯機の水がパワフルに動いて拡散することが役割。溜まり水は濁るだけならいいがボウフラが湧き疫病も発生する。しかし川の水は流れているから腐らない。つまり回転力がついてきたときが好景気で弱くなると不況になる。好況になると人、物、金が行き交う。停滞すると人は職場と家だけを行き来し外食は控える。簿記でいうと接待交際費を使わない現象、これを以前は不景気といったが最近はデフレという。デフレとなるとGDPが上がらない。GDPが上がらないと給料が上がらないどころか。レイオフ(首切り)が始まり失業率が上がる。
 この負の連鎖で再び景気が悪化する。それではデフレのときはどうしたらいいか、政府は財政出動と金融緩和する。財政出動と書いて公共事業と読めばいいだろう。つまり鉄道、ビル、橋、道路を延長するか、補修する。するとそこに労働者が必要になる。現場にいくには車に乗せるから車が売れてくる。当然ガソリンも使う。昼になれば現場のコンビニ弁当が売れる。建設業はキャパが広くてビルを建てたら電気屋が入る。内装業もデスクにイスに文房具類も必要になる。ということで建設業に金を落とすと経済効果が広く大きい。 政府が例えば新幹線に10兆だしたとする。政府から10兆もらったJRは新日鐵住金に線路、川重に新幹線車両を受注し7兆ほど使う。新日鐵も川重も金が入ったら下請、孫請けに7割を使う。つまり1の内0.3だけ貰って0.7は関連に落ちていけば消費者性向は0.7になり乗数効果2.3となる。
 乗数効果は大きければ大きいほどいい。しかし民主党は「コンクリートから人へ」といった。そうなると直接、個人に振り込まれる。すると預金するか、外食するか、子供に小遣いを与える。そこから次にはいかない。つまり消費性向は限りなく0に近くなるから乗数効果は低い。つまり金が回らない。民主党はマクロ経済の根幹さえ知らなかった。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月 5日 (土)

中国経済は既にバブル崩壊している

 先ず日本の場合1991年(平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までの2年7ヶ月の景気後退期をバブル崩壊とした。するとどうなったか長銀はゴルフ場や商業ビルといった不動産融資を推し進めた為、地価が大暴落して潰れた。つまりバランスシートが悪くなると通常はこういうシステムで銀行が潰れる。処が中国の貸借対照表はデタラメである。信じがたいが今起きている中国の現象はソ連PART2である。
 それでソ連が参考になる。ソ連の場合、全て経済統計はデタラメ、誤魔化していた。70年も捏造していた。それで経済学者のサミュエルソンも騙されソ連経済を大絶賛していた。
 しかしソ連崩壊でその実体が明らかになってIMF(国際通貨基金)はこれ程酷かったのかとぶったまげた。
 中国は倒産がない。失業がない。倒産があっても国営企業だから政府が潰さない限り倒産がない。失業はあっても中共政府は当然、不都合な真実だから失業率を発表しない。若しくは水増しして発表する。つまり高血糖、高血圧である。それでもいたって正常と発表するのだから何も信用できない。
 何しろ李克強首相が中国の本当の数字(決算)は分からないといっている。中国経済はそういう訳で自転車操業状態、故に操業が出来なくなったとき、ペダルを踏んでも後輪が回らなくなっとき、中国自転車は倒れる。それがいつか、それが分からない。ただある日突然いきなり報道される。そのときは中国共産党のご臨終のときである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

クレオパトラの鼻が後1㎝低ければ③

 ジュリアスシーザーは今カエサル、Julius Caesarは英語読みでシーザーだが現地、ギリシャではカエサルといわれている。それでいうと朴槿恵の父朴正煕は来日したときボク大統領といわれたが、最近はパク・チョンヒと韓国語でいっている。だから朴大統領で耳慣れした人はパクチョンヒが朴正煕と違う人だと思っている人が多い。ブルータスに斬られたときシーザーは今際の際に

「ブルータス、お前もか」といった。しかしこれがシーザーではなくカエサルになると、日本人は何? カエルがどうしたって? となって、文学もへったくれもなくなる。耳で聞いた事のあるフレーズは、ノスタルジーを超えたインパクトがある。
 特に幼児期はそうだ。シーザーもブルータスも全然分からなくても耳が覚えている。それは兎も角なんだっけ、あぁそうそう、クレオパトラね。

 つまりそのクレオパトラの鼻があと一㎝低ければ、シーザーは、楊貴妃がいなければ玄宗も、秀吉が茶々(淀)を諦めていれば、時代は変わっていた。秀吉は身長150㎝程度、しかし茶々、淀君が生んだ秀頼は190㎝、今だって大きいが当時ならジャイアント馬場である。それは絶対にあり得ないとはいわないが秀吉の子ではなかった可能性はある。大体当時、秀吉56歳、茶々24歳、年齢差32歳。爺ちゃんと孫カップルで秀吉はやりまくったが子供ができなかった。

 しかし茶々だけは妊娠し秀頼の前にも男児を出産している。秀吉は諦めていたところに秀頼が生まれたものだから秀吉の姉の『とも』の息子。つまり甥の秀次一家の妻妾、子供39人を三条河原の中洲にひきつれ秀次の首の前で39人ことごとく処刑した。
 そう考えると犯罪の陰に女あり、組織の中に嫉妬あり、報道の裏に利権あり、政治の裏に陰謀あり、メディア印象操作の裏に仕掛け人ありである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

クレオパトラの鼻が後1㎝低ければ②

世界三大美女といえばクレオパトラ、楊貴妃、そして小野小町、エジプト人、中国人、日本人である。これってどうしてそうなるのと思う。しかし21世紀にまでいわれるのだからその当時は大した人気だったのだろう。韓国朴槿恵は韓国発の女性大統領、東京でも初の女性都知事と女性の活躍する時代、処がドイツ初の女性メルケル首相に陰りが出ている。そして朴槿恵にも韓国大統領は支持率50%が通常ラインだが今は20%を割って17%しかない。まさにレイムダック状態で
任期満了まで後、1年3ヶ月は到底無理だろう。

 辺見マリ、オセロ中島は女祈祷師だか占い師に人生を任せていた。そのリスクは当然本人が負ったが、朴槿恵の場合リスクを背負うのは韓国民である。それで
「千年経っても、日韓の加害者と被害者の立場は変わらない」といったがやけに自信をもっていた。ったがやけに自信をもっていた。
あれもいわされていたのだろう。脱日本で軸足を日本から中国へ転換した結果、中国が転けて韓国は風邪を引いた。更に韓国の誇りサムスンのギャラクシー7が爆発を起こし、世界で販売していたのを中止しリコールを始めた。一体どれだけの損失になるのかが読めない。これにロッテの内紛、造船業の不況が追い打ちをかける。

 韓国民の間では「ヘル朝鮮」「地獄朝鮮」というスローガンが飛び交っているという。

 それでは日本はどうしたらいいのか、ズバリ! 付き合わないことである。スワップも再会しない方がいい。折角朴槿恵が
「千年経っても、日韓の加害者と被害者の立場は変わらない」といってくれたのだからそうしましょう。千年付き合うのはやめましょうといえばいい。もし付き合うとどうなるか、日本が援助して仮に良くなるとサムスンのギャラクシー7の爆発は日本の陰謀だとかいうだろう。そして良かったことは韓国民の優秀さというように仕訳され宣伝される。
 個人でも恩を仇で返す人とは付き合わない。国も又同じである。韓国人は自分が好調のときは上から、しかし苦しくなると下からいってくる。韓国人には二つの種類がある。悪い韓国人と非情に悪い韓国人である。そのくらいの気持ちで対する事だ。ところでこれってヘイトスピーチになるのかね、まぁいいや。兎も角、そういうことなのよ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

クレオパトラの鼻が後1㎝低ければ①

  恨みの国韓国は「恨五百年」といわれた。つまり平気で500年恨むという訳だ。それが昨年二倍の千年にVer.アップした。それは朴槿恵が「千年経っても、日韓の加害者と被害者の立場は変わらない」といったからだ。千年先というとピント来ない。それはそうだ。今生きている世界の70億人は全員死んでいる。それなら千年前でどうだとなる。2016-1000は1016年である。
1274 文永の役
1281 弘安の役  があった。
朴槿恵が千年経ってもということは千年前に遡ってもいいという事である。文永の役、弘安の役というように役というのは後世からみていいことをしてくれたと思う場合つまり○が役で悪いのが乱、従って応仁の役とはいわず。応仁の乱という。何しろ応仁の乱から徳川幕府まで140年戦国時代だった。
 今から140年前といったら明治の夜明けの時代である。町を歩けばまだ武士がいて、チョンマゲに刀だ。何しろチョンマゲ廃止令は1871年だから早い話、龍馬にも会える頃だ。そこから今まで戦国時代となると気が遠くなる。その発祥が応仁の乱で主役は日野富子というとんでもない女であった。
 処で何で足利義政の正妻なのに足利富子といわないのよ。そういえば尼将軍といわれた北条政子も源政子とはいわない。つまり鎌倉時代は嫁いでも姓は変わらなかった時代であった。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

日本列島強靭化論

「所変われば品変わる」それ以上に時代が変わると品も値段も変わる。つまり大和言葉でいうと「天の時が変わる」よって政治は天と語れる人がなるべきである。例えば蜀の軍師の諸葛孔明、その時魏には司馬懿仲達、呉には陸孫という軍師、参謀、ご意見番がいた。蜀の劉備玄徳、魏の曹操、呉の孫権だけが主役ではない。幕間、黒衣こそ主人公である。
 1973年、田中角栄は日本列島改造論をぶち挙げた。山陰、四国新幹線を含む11本の計画があった。しかし時はインフレの真っ直中だったから失敗した。しかし今はデフレで首都直下型地震が30年内に7割の確率でやってくる。
 列島改造と聞いただけで拒否反応を示すが東京一極集中は日本全体を弱める。「均等ある国土発展」をすることが過疎化の抑制力となる。石破さんが地方創生担当大臣を1年程勤めたがポスト安倍を狙って大臣を降りてしまった。
 しかし本音は地方創成がにっちもさっちもいかない。これでは石破の看板に傷がつくからやめてしまえというのもあったのではないのかと思う。

【西田昌司】意外に安い新幹線網整備、20兆円投入で地方の活性化を![桜H28/10/27]

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »