« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

大晦日だから大きなパラダイムで

 今年は事件多発それも地球規模の大事件が起きた。イギリスのEU離脱、東大卒の政治学者で厚労省大臣だった舛添大先生が摩天楼のような都庁ビル前で
「こんなでかすぎるビル必要ですか、地下には高級黒塗りの車がいっぱい。必要ですか」と庶民視点でいうから信じたら、舛添家の家計簿は東京都の金だった。
 そして初の女性小池東京都知事に代わると小池VS森喜朗、小池VS都議会、役職が同じでも人が変わるとこんなにも問題が噴出するのかと思った。
 そしてトランプ、いやぁトランプなんて苗字があったなんて、しかしこれ日本人だけでなくトランプは国際語だから、一回でみんな覚えたけど落選でしょうと思っていたら、まさか! の大統領に。たまげるほど目まぐるしい平成は昭和の3倍速で一年が過ぎる。そこで大晦日だから、ところでこの大晦日という言葉、以前より余り使われなくなった印象だなと今、書きながら感じた。
 それは兎も角、現在地(アドレス)と現在値(バリュー)を確認すると1991年ソ連崩壊により東側、西側の枠組みが壊れ46年間続いた米ソ冷戦終了、だから世界は米主動の一つになるという幻想が起きた。即ちワンルールで人、物、金、情報が自由に行き交う金融資本主義が発生、その流れの中から新自由主義市場経済、グローバリズムが世界に蔓延。だが2008リーマンショックにより金融マネー資本主義の破綻、その結果先進国が没落しその反動で後進国が上がってきた。その象徴が中国で中国とは、一党独裁政権下での資本主義経済を導入した非民主的な巨大発展途上国の人口大国というのが定義。
 中国は米に変わるパックス・チャイナ(中国パワーによる支配平和)を狙い始めた。それが南シナ海、尖閣問題、平和憲法を守っていればというお花畑の与太郎論議から俄なる危機感に包まれる。
 AKC(アメリカ、コリア、チャイナ)問題で9条命の左翼史観から、現実有事の保守史観への改宗が起きてその象徴が朝日の停滞、産経の安定が生じている。どう考えても来年は平穏無事であるわけがない。半島有事もおこりうる。であれば日本にも火の粉以上の災難が降り注いでくる。2016は激動だったが2017はそれ以上のたまげる激動になる可能性が高い「案ずるより産むが易し」というが「転ばぬ先の杖」ともいう。
 備えあれば憂いなしの日本精神を考えるときではないか、来年は日本人の日本精神を書いていこうと思う。何故なら私は左翼でも右翼でも戦後保守、親米保守でもなく伝統保守の人であるからである。
 

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

日産とトヨタ

 日産は謂わば自動車の国策会社でトヨタは町工場であった。トヨタのルーツは自動織機の豊田佐吉で「私は織機でお国に尽くした。お前は自動車で国に尽くせ」と息子の豊田喜一郎に託した。それで当初は日産が日本最大の自動車メーカーで1960年代「技術の日産、販売のトヨタ」といわれた。当時、自動車は日本最大のハイテク機器で1に日産、2、3、4がなくて5にトヨタというほどトヨタマンには屈辱の言葉であったが徐々にトヨタが日産との距離を縮め日本一になった。
 そして日産は再びトヨタを追い抜くことはなくホンダに抜かれ3位になると、経営危機が叫ばれ、1999年フランスのカルロスゴーンが日産を買った。ゴーンの西洋経営は日本人の日産社員のやる気を削いだ。日産は大した業績もないのにゴーンは破格の年俸10億円である。だがトヨタの社長はレクサスと思いきや、中型車で仕事をし、破格な年俸は取らない。
 それはトヨタの会社はファミリーであるが、日産はファミリーではなく株主が第一である。嘗て日本人は自分の勤める会社を我が社、家の会社と表現した。それは我が藩というファミリーのDNAがあってのことであった。トヨタに豊田一族、ホンダに本田宗一郎イズム、ソニーに盛田昭夫イズムがあったが森田イズムを継承したのはスティーブ・ジョブズでアイポッド、アイパッド、アイフォンで世界を席巻した。
 しかし肝腎のソニーにそのファイティングスピリッツを継承する人物が不在だった。日産はグローバリズム、しかしトヨタはナショナリズム、来年からよりこれは鮮明に甲乙を明らかにしていくことだろう。

 

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月29日 (木)

少子化問題は世代問題なのだ。

 大東亜戦争を世代別と男女で分けると大正世代の男が圧倒的に死んだ。310万の死者の内、7割の200万人死んだ。クラスメートでいえばクラスの4分の1が戦死した。戦争で持っていかれたのは男だから結果、大正世代の男が死んだ。
 生物の本能というべきか、日本人は同胞を5%、310万も失った民族の本能で結婚ラッシュがおきた。そういうとクリスマスイブはペアでというロマンスではない。最早、切実な生きるため、万葉集でいえば背の君よというように生きる糧であった。
 だって当時は洗濯機、冷蔵庫、テレビ、家庭電話、インスタントラーメンもない。今の女性は外さん。だが当時は奥さんというが如く家庭にいて炊事、洗濯、家の事は全て女性の肉体労働で、ご飯は七輪に新聞紙と薪をいれ、経済的余裕があると墨をいれて、内輪で仰いで火を起こした。石油ストーブもない。電気ごたつもないから墨で起こした火鉢、炬燵、これもかなりの肉体労働だった。
 合同コンパもない。そもそも男女が落ち合う場所も中々なく喫茶店ぐらいだった。この辺にするが要するに恋愛ではなく即結婚だった。そして子供が生まれた。戦争が終わったのが1945年、そこから十月十日だから翌々年の1947から1949に子供が沢山生まれた。これが後にいう第一次ベビーブームで他の言い方をすれば全共闘世代が産まれたわけで年間に270万生まれた。
 そして生まれた彼らの中の彼女たちが24歳になって第二次ベビーブームが1971から1974、このときは毎年 200万人以上生まれた。それが今年100万割れになるらしい。つまり二桁台入りでピークの3分の1。少子化対策だ。女性の活躍できる社会というこの二つはもう20年も聞いているが一向に成果が出ない。それは当然だ。女性の活躍できる社会というから女性も大学にいく。つまり19、20、21、22という女性の出産適齢期を逃している。しかも大学にいくと国立で500万、私学だと倍の1000万総額でかかる。
 であればOLになったら先ずその損失を埋めなければならない。毎年50万貯めて10年で500万で32歳になってしまう。これが少子化の最大である。第一次のときは男女ともに低学歴、第二次のときは大半の女子は高校を卒業して社会人になった。それが今は男女とも大学にいく。大学の数は国立が86、公立88、私学が601合計775もある。
 大学に入る全体のパイが縮小して下がっているから潰したくない大学は中国人、韓国人に門戸を開き、しかも数年後反日になる外国人(中国、韓国人学生に)一人300万も支援している。処が肝腎の将来の日本を支える学生は金がないなら貸します。といって金利付きの奨学金を300万融資する。
 しかし中国人はセッセと地下バンクにそれを預金する。今、中国人学生は94000人×300万=2820億、中国地下銀行はこの金で日本の国土を買っているという。実に日本の国とは優しい国である。処が中国には優しいというニュアンスの言葉がないという。な~るほどね。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月28日 (水)

男が嫌いで、日本人が嫌いで

 男が嫌いで日本人が嫌いで、しかし日本人の男から生まれてきた女がいる。それでいて自分の父は悪だといわない大学教授の女がいたらこれは大した矛盾である。
 というわけで今回は低次元が主役、主人公が低次元だと話しも低次元になる。まぁ早い話、日本の金慶珠こと田嶋陽子。
 大学に望むもの、それはインテリジェンスである。そもそもインテリジェンスとは何か、小学校のクラスで重たい百キロの鉄の玉と、同じ形状の一キロの木の玉を同時に落としたらどっちが早く落ちるかという質問をしたら百キロが先と大半の手が上がり、同時は二人だけだった。民主主義なら百キロが先に落ちる事になる。だが正解は空気抵抗を除けば加速度は質量に関係なく同じ形、同じ大きさなら同時に落ちる。これが正解。
つまりインテリジェンスというのは、子供でも分かる常識の中にはない。むしろ非常識の中にこそあって、揺るぎのないものがインテリジェンスである。例えば大嫌いな日本人の父がいて生まれた女が、その父を問題とせず赤の他人の日本人の男を全員侮蔑するのが大学教授をしていて問題にならない。
 しかし韓国では世宗大、朴裕河(パクユハ)(59)女性教授が著書「帝国の慰安婦」で調査確認したところ性奴隷の事実はないと書いた。すると元慰安婦らの名誉を傷つけたとして懲役3年を求刑された。
 朴氏は記者団に対し「私の本を正しく読んでくれれば何の問題もない。だから表現の自由を論じる必要もない」といった。それはつまり分かっている限りの事を書いたということである。韓国では本当の事を書くと3年の懲役になる。だが、既に一九八九年八月済州島の現地新聞、済州新聞女性記者の許栄善(キョエイゼン)記者は、吉田清治が書いた木刀で背中や尻を打ち、片っ端からトラックに詰め込んだとする事実を確認するために取材したがその事実はなかったとしている。一九九二年三月現代史家・秦郁彦氏がその調査は正しいかどうか現地に入り調査したが二重に調べた結果、二人とも吉田の小説は捏造であると結論づけた。
 更に当の本人、吉田清治が全て捏造と認めている。こうなると韓国の司法はもう国家の司直の体ではない。それにしても金慶珠を百回以上もテレビに出すより、遙かに朴裕河(パクユハ)氏にテレビ出演を依頼すべきであるが、それをしない。ここが日本の国家の体をなしていない。隣の小母さんの方が余程まともなのに不勉強、不案内、田嶋陽子をインテリジェンスの人は自分が間違えているかと考える。だが無知蒙昧は自分が正しいと決めている本人は女性の人権の為に功績を挙げたと勝手に思っている。
 しかし田嶋陽子ほど日本女性を貶めたのはいない。朴裕河(パクユハ)氏の判決は来年1月25日に言い渡される。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月27日 (火)

以前は姜尚中、今、金恩珠

 以前から日本が韓国に学ぶものはないと書いてきた。ザックリいうと国土、国民、文化、伝統、道徳感は日本の1/4程度の国である。読者で車を運転する人がいるだろう。交通事故を起こすとこれは第三者の加害行為となる。だがその中でも車の交通事故となると保険会社に事故を任せる。そして保険会社の査定員が相手と交渉して、現金の支払いに関する民事を代行する。そして最終的に示談書を作成し、加害者、被害者双方が著名捺印する。
 そこには○月×日、杉並区○○町××付近で発生した事故は下記をもって円満解決した。と書いてある。つまり遠山の金さんなら諸肌脱いでこれにて一件落着、水戸黄門なら印籠出しての
「この紋所が目に入らぬか。こちらにおわすお方をどなたと心得る。恐れ多くも前の副将軍、水戸光圀公にあらせらるるぞ」。
「ご老公様の御前である、頭が高い。控えおろう」で決め台詞を放つところ。
 即ちその後、頭が痛い。腹が痛い。金払えといっても何月何日の示談書で本件は決着済みです。と拒絶できる。そうでないと事故が一生終わらない。講和条約というのは謂わば示談書である。
 それをもって過去の事は水に流す。つまりオールクリア。それをしないのが韓国で1965日韓基本条約では「完全且つ最終的に解決した」と書いて示談がすんだのに、未だああじゃあないの、そうじゃあないの、どうじゃねいのといってくる。
それが朴槿恵(パク・クネ)の代理人、金慶珠である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

市場原理はスーパー不平等

 1978年鄧小平が「富める者から富め」といって脱共産主義宣言をしての改革開放運動で中国は富んだ。1991年、ソ連が崩壊してロシアになってロシアは裕福になった。ということになっている。
 しかし富んだのは中共幹部の上層とウラジミール・プーチンだけであった。ウラジミール・プーチンは10兆円以上の資産を持っているし中共幹部はアメリカ、ロスの高級ゲート街のプール付き豪邸に愛人を住まわせ、アメリカの金融機関だけで5000億も秘密預金している。年収が名目400万だから飲まず食わずで所得税も誤魔化して100年貯めて4億円、どうして改革開放から38年でそれができるのという摩訶不思議の国である。
 ザックバランにいうと共産主義の国が市場原理、グローバリズムの結論は1%の人間が99%の富を握る。弱肉強食の世界であることが証明されている。つまり共産主義は平等が常識で、実体は非常識の不平等、市場原理は更にスーパー不平等としたから、ハイパー共産主義という結果を生み出した。
 しかし市場原理の日本の教祖、竹中平蔵は市場原理を自由で公平で平等だといった。だが日本でも不公平で不平等で情報を握っている一部だけが濡れ手に粟で富を掴んだ。規制改革会議、経済戦略会議、産業競争力会議、諮問会議だかの○○会議と聞くと人のいい日本人は理性の固まりとみるが、そこには予算という何の何千億という予算利権がつく。
 それが今、東京都議会での利権抗争であるがそれは当然、中央にもあるわけで儲け話を株でインサイダー取引すれば容易に金儲けできる。だから富の再分配という名の予算分捕り合戦で族議員が誰それと新聞が報じたら、分かりやすい構図になるだろう。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

日本文明と支那朝鮮文明

 敵の敵は味方、日本の敵は中国、その中国の敵のインドは日本の味方になりうる。よって日本とインドが連携することはいいことである。インドは核保有している。何故持てたのか。それはアメリカが邪魔をしなかった。というよりアメリカがインドに核を持てるよう支援した可能性がある。

  嘗て米ソ冷戦時代が46年間も続いていたが1991年ソ連崩壊で冷戦終了、その後は米中のG2時代になっている。日本はアンタッチャブルでけしてアメリカを追い抜こうと考えた事がないが、世界最悪の状態から23年後の1968年から2010年迄の42年間、米に次いで世界第二位の経済大国をキープした。

 アメリカも日本を脅威に感じたことはないだろう。しかし中国は違う。パックス・チャイナ(中国パワーによる支配平和)を考えている。この差は日本には軍隊も核もないが中国は人民解放軍235万と核も持っている。更に常任理事国だからアメリカとタメ。しかし日本は軍隊も核もないし常任理事国でもない。アングロアメリカからみて日本人と中国人は区別がつかないだろう。

 当初アメリカは中国を日本の延長で捉えた。だが日本人と中国人は見た目は似ているがマインドは全く異なる事に今頃になって気がつき始めた。というか「中韓北」は大中華と小中華の関係で、支那朝鮮文明の大陸半島勢国家で気脈、気質は同一で本質は個人主義。

 ハンチントンは世界を8つの文明に分けた。さて日本を支那朝鮮文明に組み込んでいいかどうか、支那は馴染みがあるだけで秦、漢、遣、唐、明、清……中国と44回も変えている。韓国だってその前は李氏朝鮮、それ以前半島は百済、新羅、高句麗の三国時代があった。しかし日本は一度も変更がない。日本は日本である。

 何しろ神武天皇から現在の今上陛下で125代、今上陛下の父方のY遺伝子を遡っていくと神武天皇に辿りつく。その歳月はキリストガ生まれる660年前となる。西暦、つまりキリスト生誕から今年で2016年だが、それに660年足した皇紀2676年が日本の本来のオリジナルカレンダーで現代は平成28で暦の中心は天皇陛下である。

 即ち明治時代とは明治天皇と国民が手を携えて生きた時代、大正も昭和も然りである。世界最長の天皇国民国を44回も王朝を武力で変えた国と一緒に出来る訳がない。現在の中国も毛沢東が1949年に作った国で、たかが今年で67年の国でしかない。そこでハンチントンは日本は世界の国土のたった0.25%しかないのに唯一、一国一文明の日本文明と決めた。ハンチントンの仕訳は正しかったことを現在が証明している

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月24日 (土)

日本はドイツとは戦争していない旧ソ連、今ロシアの話①

   以前テレビにて「日本は嘗てアメリカとドイツ、どちらと戦争をしましたか?」という質問にスタジオの20人の若者の内、確か4人、2割がドイツの方に手を上げた。
 日本は有史以来ドイツと戦争したことはない。それ処か三国同盟で日本はあのユダヤ人の敵のドイツ、ヒトラーナチスとあのイタリア人と三国同盟した。故に米英ソを中核とする連合軍に対し日独伊を同盟国といった。それでは何故間違えたのか、間違えた若者が異口同音にいったのは
「だって日米は現在上手くいっているじゃん」というものだった。
  イギリスはEUを離脱したが、移民問題がなければイギリスやEUに踏みとどまっただろう。それは兎も角、イギリスとフランスには百年戦争があるし、百年戦争といえば火あぶりになって処刑されたフランスの英雄ジャンヌ・ダルク19歳である。
 ドイツとフランスも中世の暗黒期では血で血で洗う苛烈な戦争を繰り返したし、第二次大戦ではドイツは同盟国、フランスは連合国で戦った。しかし今は一緒にEUの中核を担いドイツはフランスから原発を買っている。
 「逆もまた真なり」米ソは第二次大戦のときは手を組んだが勝利したのに、米ソ冷戦は46年ソ連崩壊まで続いた。もっといえば戦前、朝鮮はロシア、或いは中国の冊封国(属国)となる。それならと日本に朝鮮の統治をして下さいと再三再四、初代総理の伊藤博文に懇願した。対し伊藤は
「今の日本にその余力はない。悪いが断る」といったが、それでもやってくる。伊藤は松下村塾の出身、義を見てせざるは勇無きなりで重い腰を上げた。だから日韓は弾一発飛び交う事なく合邦、今の経済界でいえば対等合併したのである。朝鮮人は喜んだ。俺達は大日本帝国臣民だといって胸を張り、三千年も朝鮮を支配した中国に対した。
 つまりその当時は「日本大好き」だったのが戦争に負けると「日本大嫌い」に豹変し、大日本帝国臣民といって威張っていたのが日帝支配の犠牲者だといいだした。
 よって「昨日の敵は今日の友、今日の味方必ずしも永遠の味方に非ず、敵味方は道の順逆の上に存在す」となり、今うまくいっているから過去も良かった事にはならない。逆に日韓のように過去が良く今は最悪もありうる。テレビの若者というのは思えば10年も前のことだから彼らは30を超えている。
 米ソ冷戦時アメリカは西の横綱、ソ連は東の横綱でソ連はアメリカに継ぐ世界第二位の経済大国だったが今はGDP13位。韓国11位より下で日本のGDPの2/5である。しかもロシア人は1億4000万、韓国は4500万の人口だから、パーヘッド(一人当たり)では韓国30位、ロシアは66、因みに日本は26である。
 わぁそんなに低いのと思うが一位はルクセンブルク人口56万で鳥取県、次がスイスで824万と大阪、3位がノルウェー521万で北海道とタメである。
 何をいいたいのか、ソ連じゃあなかったロシアはソ連から名を変えたが些かもバージョンアップしていない。大したことのない国である。だがGDP13位のウラジミール・プーチンがテレビに出てこない時はない。それもあの悪そうな人相というか流石、KGBのスパイだったという形相である。
  要するに世界はそのプーチンに振り回されている。日本も振り回されているというのは明日の心だ。(これ分かんないだろうな)
分からない人は      

小沢昭一的こころ

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月23日 (金)

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

 孫子はいった「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
 ロシアは日本最大の悪漢国である。そのロシアを日露戦争で叩いて勝利したから、ロシアに恨み骨髄のトルコは日本を今でも歓迎する。ということはトルコは近現代史を子供達に教えている。処が日本は近現代史を教えない。だから鈴木宗男が
「ロシアは民主国家ですよ」とテレビで豪語しても誰も反論しない。しかし事実はプーチン国家である。そのプーチン国家ロシアにも弱味がある。
 実は国土を海という天然要塞で囲まれている日本には分かりずらいがロシアと中国は陸続きでロシアでいうアムール川、中国でいう黒竜江、その黒竜江省には1億人の中国人が生活している。比しロシア側はソ連時代は1000万近くいた人口が600万に減少、中国の人口浸透圧力はロシアにとって最大の脅威なのである。何しろ中国人はロシアの10倍の13億人もいる。しかもロシアのシベリアはどこを掘っても原油とLNGが出てくるが中国はどこを掘っても原油は出てこない。
 しかし目と鼻の先には喉から手が出るほど欲しい原油の国土がある。中国が仮にシベリアを手に入れればロシアは北欧の小国の二個分程度に成り下がる。しかもルール無視という点ではロシアと双璧の中国、そもそもは中国毛沢東がスターリンに共産主義を学んだ訳だがそこに感謝の気持ちなど当初より欠片もなかった。同病相憐れむ強奪国家ロシアは中国泥棒国家を熟知している。ロシアは日本の技術力を借りて国を富ませ中国に対したい。それなら胸襟を開いて日本の技術を学びたい。それにはどんな条件を満たすべきかという態度があって然るべきなのである。
 何故なら日本はGDP520兆でロシアは210兆と2.5倍もある。だがプーチンは核を持たない国は主権国家ではない。核は情報もコントロールできるといっている。因みに鄧小平は核をもった中国は発言権を超大にしたといったが、つまり経済より軍事が国家間での交渉の第一条件であるというのが彼らの常識、というより世界の常識だが世界に一国、日本だけは軍事と経済は別枠という非常識なのである。国連常任理事国で軍隊も核も持つロシアが非常任理事国で核はおろか軍隊すらない日本に屈したとあればロシアの沽券に関わる。日本は良い国と呼ばれたいがロシアは泣く子も黙る怖い国をテーゼとしているから、相変わらず日本はロシアに嘗められまくっている。
「これからの新しい日露関係」などといっているが全くのお門違い。兎も角、美辞麗句で国民を洗脳するのが日本の常識、しかしそれは世界の非常識、だってトランプはアメリカファーストで大統領になった。世界のドルと世界一の軍事大国でさえ、アメリカ優先をいっているのに、日本がロシアファーストになるのは容易だが、成果は期待できない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月22日 (木)

鈴木宗男に振り回された。

 ロシアのプーチンは帰った。それも経済協力という名の3千億円だけせしめて帰った。
 川奈会談のときエリツィンと橋本龍太郎総理が二人で温泉に入り、気分がよくなったエリツィンが北方四島還してやるかと橋本にいった。1998の話である。橋本龍太郎はその気になった。そこで話が進むようにと一兆円提供してエリツィンに持ち逃げされた。
 18年後1兆円の30%、3000万で済んでよかったというべきか、又してもやられたというべきか、何とも判断がつかない。
 ロシアとなると何故か鈴木宗男がハードネゴシエーターとして登場してくる。どうも鈴木が二島返還ありうるとして喧伝した節がある。日本のメディアはその信憑性も調べずにこれを信じた。ロシアと鈴木は裏で繋がっているとはいわないが、鈴木がロシアを御すことはないだろう。反対にロシアからみれば日本的好々爺の鈴木が交渉相手ならベストマッチである。
 新党大地というとイメージでグレート、大きいと連想するが鈴木はムショ開けで公民権が五年ない。つまり選挙に立候補できない。そこで娘が父に代わり国会議員になった。つまり新党大地はその娘だけである。一人だけでも党は成り立つらしい。それで来年4月に公民権が復活する。さすれば4月以降、鈴木宗男は国政に復活するため選挙に出るのだろう。その時二島返還が進んでいれば、その功績は鈴木宗男となり、その人気の余波で他に2、3人増やして新党大地5名を目指し、政党助成金を狙う。獲った票数が基礎になるから正確ではないが自民党がひとり当たり4100万、公明党が4900万だから新党大地5人で1人4000万、つまり2億もいきなり潤う。
 しかしこうなると私利私欲が起きて北方二島だけでも還ってくればという願望が湧いてくる。三段跳びのようにホップでいつの日か、帰ってくるよな。ステップで帰ってくるに違いない。ジャンプで帰ってくるに決まっている。となる。
 特に鈴木宗男は勝手な希望と現実の境界線がない。何しろロシアを民主的な国家だという。しかしプーチンはKGBのスパイで大統領の任期が終わると首相、首相の任期が終わると大統領ともう15年も君臨している。こういうのをロシアと書いてプーチンの独裁帝国主義と読むべしである。
 青ちゃんに勉強不足だというがロシアの前のソ連のやりよう。そもそもロシアは江戸時代から日本の脅威であった。ずばり言えばロシアのDNAは俺の物は俺のもの、お前の物も俺のものという国柄で奪ったら最後、石ころ一つ返さない国である。ソ連が民主国家なら世界中、民主国家でない国は皆無である。

青山繁晴×鈴木宗男 北方領土問題で大激論!

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月21日 (水)

嘗ては天動説が世界の常識だった

 学問がないというか知識がないとき、人類は地球が不動で宇宙が回っていると考えた。キリストの500年前に生まれた釈迦の仏教の宇宙感も中央に須弥山(シュミセン)という巨大な山があり、その周りを太陽と月が回っていると説いた。キリスト教の聖書にも「神の支配のお陰で大地が安定し不動となった」といってるから天動説である。

 これは重大重要の一丁目一番地で地球が固定していれば万物固定である。しかし地球が回っていれば万物流転となる。
「地球が回っているって、馬鹿いっているんじゃないよ」という時代、地動説をいったコペルニクス、ガリレオは迫害にあった。つまり真実をいったら命の危険があった。

 小学校のクラスで重たい百キロの鉄の玉と、同じ形状の一キロの木の玉を同時に落としたらどっちが早く落ちるかという質問をしたら百キロが先と大半の手があがり、同時は二人だけだった。

 彼らが中学生になって知識を得れば落ちるのは同時と皆が答える。何をいいたいのか。知識がなくても馬鹿でも結論はいえる。だがその結論は正しいのか正しくないのか。テストなら容易に○×がつくが現実はそういかない。前号で神がいるのかいないのかの話をしたが、考えていない者の結論は薄っぺらい。

 ズバリ! 地球より大きなものが小さな地球をひたすら回り続けると考えるのはエゴである。小さきものが自転するのが一番、コストが低い。そもそも太陽が地球を回る義理がない。真実は至ってシンプルでシンプルであるが故に美しい。西洋は正しい、正しくないで決まる。だが日本は正義が不正義に不正義が正義に変わる事を知っている。日本の美意識は美しいか醜いかで判断した。

 ロシアのプーチンが又しても3時間、確信犯で遅れた。それは日本人よ嘗めるなよというプーチンの策であるが、日本人はその態度は醜いと捉えたと思う。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

シンクロニシティ

 ハプニングも然り、まさかのイギリスEU離脱、英国がそう来るなら米だってと申し合わせた訳でもないのにこれまたまさかトランプが米大統領に、ヒラリーは自分がなると決めていたから半狂乱になったとか、一方トランプはならないだろうと思っていたから夢心地でその第一声は普通の人だった。

 人生には上り坂、下り坂、そしてまさか! があるというが、それは国も又然りという訳、こういう現象をまさにシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)という。都市伝説かどうか分からないが、アライグマが川でイモを洗い食べたと目撃されだした頃、そこから遙か遠方の国でもそれを見たという報告が同時期にあったというのが起源だと聞いた記憶があるが定かではない。

 メディア理論の権威のマーシャル・マクルーハンは未来の未来は現代であるといった。であれば過去の過去は現代となる。明治時代は高度成長時代で日清、日露にまで勝利、明治世代は大正ロマンを享受した。しかしその子供世代の大正世代は低成長で関東大震災、大東亜戦争で散々だった。

 しかし次の明治世代の孫の全共闘世代は給食完備、神武、岩戸、いざなぎ景気を教授し、社会に出るとバブル経済、その煽りで大正世代の孫世代の平成世代は不況時に生まれ、不況の中で育ち、未だに不況である。な~るほど明治の次の次は明治、大正の次の次の孫世代は今となる。つまり人生は糾える縄の如し表、裏、表、裏となって、つまり歴史は繰り返している。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月19日 (月)

歴史は繰り返す

 何故、歴史は繰り返すのか、それは法則があるからだ。世の中は連環連鎖している。例えば飛行機墜落事故がないことはいいことだが、仮にどこかで墜落し大惨事になると次か次の日に違う国で起きて、またどこかの国でも起きる。
 個人でも20歳に免許を取り50まで30年間で3回事故を起こしたとすると10年に1回だが、全て30代だったりする。幸せのときも不幸の時も、変わりばんこではなく人生のある点に集中している。

 所謂、運がいい運が悪いというやつだが、これは未だ科学的に解明されていない。ということは運なんてものはないのだという意見も出てくる。しかし口にはださねど、運がねぇ~なと一生に一度も考えたことね~えよと言われても俄に信じがたい。

 大体「ね~えよ」なんていう乱暴な口をきくやつに運はない。というか運について考えてもいない。
「アナタは神を信じますか?」
「馬鹿やろう。神なんてものはね~えよ」
「それでは人類が生まれて700万年、一切の打ち合わせなしで、男女が半々なのはどうしてですか?」
「そりゃあお前、遺伝子でよ、X染色体とY染色体がだな、そのかわりばんこに出てくるわけよ」
「どうしてかわりばんこに出てくるのですか」
「それはお前、そういう風になっているのよ」
「誰がそう決めたんですか?」
「そりゃあお前、神じゃあなかった。天よ」
「神と天とは違うのですか?」
「神は神、天はつまりその天よ」
「しかしアナタは、神なんていね~よといいました。しかし天はあるといいます」
「それはその何だか分かんなくなってきたな~」
 要するに神はいるのかと常に考えている人と、考えていない与太郎の会話はこんなものである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

国家のDNA(日本編)

  昨日、韓国はマイキムチ、一族キムチ文化で火事ともなると、いの一番に家系図を持ち出す。比し日本は1977年、人気を博したドラマ「岸辺のアルバム」で多摩川近くに家をもった一家の物語り、しかし大雨で堤防決壊、新築の家が流されるというとき母親役の八千草薫が家族の思い出のアルバムを抱いて逃げるというストーリーだった。

 つまり家系図とは違う日本は友達文化である。漫画を見ると分かるが今、ウルトラマン、仮面ライダーのルーツは月光仮面、幻探偵、彼らのファクターは正義である。
 国を護るために敵対する悪漢と戦う。日頃は一般市民、しかし一朝有事になると探偵の祝十郎は月光仮面に富士進は幻探偵になる。
♪ どこの誰だかしらないけれと、だれもがみんな しっている。
  つまり月光仮面、まぼろし探偵のしょうたいをだれもしらない。

   これは日本男児はよいことをするときは偽善とならないように、顔を隠して正義を為すという美学があった。だがそれが変化していく。それというのは『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した』
 裏返して読むと世界の国は皆いい国なのに、日本は悪かったという憲法前文、つまり日本の為に働くことは悪い国の為に働くことになる左翼文化が蔓延、それで仮面ライダーは日本の敵ではない。ショッカーという何人だか分からないのが出てきた。

 仮面ライダーもウルトラマンも日本人のようで、そのプライドは人類を護る。そして変身シーンを見せなかった正義の使者から変身を売り物にして自己をアピール。ウルトラマンの3分までというのは即席ラーメンCMの3分待つのだよから取った。

 国を護る正義のヒーローは国ではなく友達を護るヒーローになっていった。手塚治虫を知らない人はいない。だがその絶頂期は漫画を読むなバカになる。本を読めといわれた時代で手塚治虫は形見が狭かった。だが今は大の大人が漫画を読んでいる時代である。さてこの友達文化、本来のアリキリは夏に遊び惚けていたキリギリスが、冬になって食べる物がなくなり、バカにしていたアリの家を尋ねるが見向きもされず。夏遊び呆けた報いとキリギリスは放り出され死ぬ。

 しかし平成アリキリは、それはキリギリスさん可哀想、どうぞこちらにと至れり尽くせり。本来のあかずきんちゃんは狼が最後腹に石を詰めれて死ぬが、平成版はその狼も殺さずに仲良しになるというストーリー「前門の虎、後門の狼」というが今ではライオンさんでもオオカミさんでも友達になりましょうという教えである。

  ライオン、オオカミとも仲良しになる日本なのだから隣国の支那朝鮮人とは上手くやっていくしかない。だってアナタ『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した』は
『平和を愛する中国人、北朝鮮人、韓国人という諸国民の公正と信義に信頼して、日本人の安全と生存を保持しようと決意した』と憲法で決めているのだから、今のアリキリ、あかずきんちゃんは憲法遵守の名作揃いなのであ~る。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

キムチ文化国家のDNA(韓国編)

 韓国といえばキムチである。今のキムチとなったのは17世紀だというが日本でいえば信長、秀吉の時代か、今はキムチだが昭和中期まで朝鮮漬けといった。その頃はラーメンを支那ソバ、それが中華そば、そしてラーメンになった。キムチとは朝鮮の漬物で塩漬けした白菜の間に魚介類・大根・ニンニク・トウガラシ・ショウガなどを刻んで挟み漬け込んだもので日本のお新香に近い。
 だから韓国はマイキムチで一族ごとにオリジナルがあり、自慢話にも専売特許にもなりうる。それで韓国はキムチコミュニティーで家族、一族から出世頭が出るとその人物を中心にファミリー、一族全体が潤うDNAである。
 組織科学論でいうと韓国伝統の組織工学は親族主義のコネ社会、良いも悪いもなくこれが韓国の組織DNAである。だが大戦後、韓国は非親族主義、反コネ社会の米式民主主義憲法を第一として近代民主主義の国家という包装紙に包み込んだ。つまり仏を作ったが魂と整合しない。大韓民国、通称韓国の大統領は朴槿恵で11人目だが、どの大統領もマイキムチ、一族キムチ主義によって不正を働くので大統領を辞めるとその半数が暗殺、亡命、死刑判決、懲役刑、自殺、前大統領の李明博(イ・ミョンバク)などは実兄が懲役二年を喰らっている。
 つまり韓国DNAが米式近代民主主義の視点でみると無罪とならないのである。比し日本は戦後から安倍首相まで韓国の三倍速の33名だが無傷である。因みに田中角栄は裁判中に病死、刑事被告人にはなったが途中で死亡だから暗殺、亡命、死刑判決、懲役刑、自殺にはカウントされない。よってゼロである。しかし日本は憲法と日本国体DNAは整合しているという訳ではない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月16日 (金)

勝てば官軍、負ければ賊軍は世界の常識

 江戸時代末期、会津藩は天皇を守護する為に会津を出て京都守護職となった。このときは紛う事なき天皇から頂く錦の御旗を掲げる官軍だった。しかしその後、長州、薩摩に追われ会津は今の福島に戻ると薩摩、長州が会津の松平容保を攻めてきた。
 会津といえば白虎隊の悲劇が有名である。白虎隊13から17歳、今なら中学1年から高校2年になる部隊で300人、内50人も戦死した。正に「勝てば官軍、負ければ賊軍」の象徴であるがこの勝てば官軍、負ければ賊軍は世界の常識でもある。
 世界の軍人はその国民から信頼されている。何故なら戦争を含む有事のときには自分達より先に死ぬからである。その通り自衛隊は軍隊ではないが2011東日本大震災では自衛隊員の半分が常に入れ替わり立ち替わり東北の復旧作業に当たり、遺体の引き上げ、埋葬、瓦礫の片付けとありとあらゆる作業をしたから復興した。
 しかし岩手県が選挙基盤である小沢一郎は震災が起きると放射能のデマに踊らされ秘書と共に南へ下る事を話あっていたと小沢の妻が暴露した。その小沢は収賄容疑で被告人になったとき、聞かれてもいないのに
「私は天下国家のことしか考えていません」と大見得を切って証言したが、そのとき岩手県を捨てて自分が生き残る事しか考えていなかった。
 一方、東北の被災地に向かう二組があった。天皇、皇后陛下のお二人と自衛隊員である。無論、宮内庁が天皇陛下、皇后陛下に被災地入りを促しはない。ご高齢であるお二人が東北入りして体調を崩されたら責任は取れない。
 よって天皇のご意志である。そして自衛隊本来の職務は戦乱防衛隊、災害非難救助は番外である。だが自衛隊はもくもくと東北に向かい。臨時仮設の入浴所を作り人々を癒したのであった。
 嘗て社会党が「再び銃を取るな」日教組は「教え子を再び戦場には送るな」といった。又武器と凶器の違いが分かるかという。灰皿は道具だが突発的にカッとなってなつければ殺人の凶器になりえる。だが武器は最初から人殺しの道具だという。
 だから共産党の藤野保史政策委員長は、防衛費を人殺し予算だといった。そこまでいうならば誓約書でも書いて貰おう。
 「私及び私の家族は如何なる災害や被害に遭おうとも、人殺し予算で動く自衛隊の救助対象には絶対にならない事を誓約致します」
 国会議員たるものここまでやる覚悟があって初めていえる言葉である。左翼は視野狭窄病で物事を単純化して見る事しか出来ない。武器を持つのは反対、裏側にいる国家、国民、具体的には家族、恋人、同胞、年寄り、子供達を守るためである。それがファースト、そしてセカンドが銃口を向けた先である。
 もし日本が大東亜に勝利していたらこんな自虐史観からなる9条思考には陥っていなかった。つまり勝っていれば正義が敗戦して不正義になっている。
 即ち勝てば官軍、負ければ賊軍と書いて勝てば正義が負ければ不正義と読むべし。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月15日 (木)

韓国の常識は世界の非常識

 韓国大統領は現代の王というほど絶大な権力を有する。即ち法案の拒否、軍の統帥権、最高裁判長長官、検察総長の任命権。政府、軍、三三公庁の人事まで掌握し更に憲法改正の提案権、宣戦布告、戒厳令の布告、そして在職中に罪を犯しても司法から問われることはない。これはアメリカ大統領以上の権力の集中である。
 だがしかし大統領を辞めると、どうなるか朴槿恵で韓国大統領は11人だがその半数が暗殺、亡命、死刑判決、懲役刑、自殺になっている。比し日本は戦後から安倍総理で33名、田中角栄は裁判中に病死しているから誰も暗殺、亡命、死刑判決、懲役刑、自殺になっていない。というわけで韓国の常識は世界で考えられない非常識である。日本は海洋国家で罪を憎んで人を憎まず。そして過去を水に流す。
 だが韓国は大陸の岬の半島国家で流す水がなく恨み節の恨(はん)五百年の国、朴槿恵は霊媒師、占い師だかの女からのお告げで「千年経っても、日韓の加害者と被害者の立場は変わらない」といって「恨五百年」を「恨千年」と期間を一挙に二倍に上げた。
 何しろ「川に落ちた犬は棒で叩け」という国柄であるから、大統領であっても只の人になったら速逮捕となる。よって朴槿恵は亡命する可能性がある。現に初代大統領は勝手に李承晩ラインを引いて竹島を韓国だとした李承晩(りしょうばん)はアメリカに亡命した。朴槿恵の場合、最早暗殺のリスクさえある。亡命するとしたらやはりそれはアメリカだろう。日本の検察司法には温情があるが韓国は逆「女は三日殴らないと狐になる」「一緒に井戸を掘り一人で飲む」という文化であるから下手をすれば無期懲役もありうる。 日本だと無期懲役といっても実際は20年くらいなのだが。
 さて常識の定義は健全な一般人が共通に持っている又は持つべき、普通の知識や思慮分別をいう。韓国大統領がこれほどの権力を持つのは国民を優秀だと決め付け、その優秀な国民が選んだのだから間違いない。間違いがなければ権限は大きくていいという思想による。だとしたら大統領を選んだ韓国国民にも責任が生じる。日本人なら当然、そうした意見もでるだろう。しかし韓国からはそうした意見はでない。
 従ってその国の大統領は、その国の民度の象徴であるというのが日本の常識、だが韓国の非常識。これ以上書くとヘイトスピーチといわれるから今日はこの辺で……

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

④世界の常識は世界の非常識(日常会話編)

 忘年会の季節である。この忘年会という風習は一体いつ頃からか、日本人はどうも新年は清らかな気持ちでという観念があって、今年中に為すべきは為すという考え方から忘年会がある。それにしても年を忘れる会とはなんとも情緒がある。健忘会ではアルツハイマーみたいだし、これ以上のネーミングはないだろう。
 年を忘れる為にその年の師走の月にみんなやりくりして集うのである。
「昨日の忘年会どうだった?」
「楽しかった」
「そうか、それはよかったね」と聞いた方も思わず顔が綻ぶ。だが英語だとどうなるのか
 アイ・エンジョイ・マイセルフと自身を指す言葉が三つも入っている。つまり私が楽しかったかが問題なのである。だが日本人は違う。みんなが楽しそうな様子をみて、それが楽しい。つまりアイ・マイ、ミーもなく自分だけのエンジョイもマイセルフも全く無いわけではないが、要するにそこに仲間はずれがいないことが楽しいのである。
 明けましておめでとう御座います。今年も宜しくお願いします。
  日本語はアイがない言語である。英語なら私をよろしくお願いしますとなる。
  英語ではハーワーユウ、ハウドゥーユードゥーを跳び越えて初めて会ったのにナイストゥミーチューといって握手してくる。貴方は今どんな状態ですか、アンタは医者かといいたくなる。危ないアンタに体調不良などいえるかといったところだ。
 貴方に会えて嬉しいと決め付けるのもどうか、逢う人がみんなナイストゥミーチューだったら世界は一夜で仲良しになる。これは偽善で北が朝鮮民主主義人民共和国というが如く、誰が北を民主主義で人民で共和国などと思うかというわけである。
 その点日本語は
「いい天気ですねえ」
「生憎のお天気ですねえ」と天候からはいる。そこから相手の様子を慮る。偽善で相手の健康を気遣ったり、あえて嬉しい等という心にもないことはいわないでいい。
 英語と中国語は主語 動詞 目的語の順で「私です。少年です」
 大和言葉の日本語は 主語 目的語 動詞「私は少年です」となる。
 ええと忙しくて昼飯も食べてない。あぁいや食べた食べた。忙しくても大したもんだ。食べているとは。
 日本語は思いつくまま文章になる。いや、違う違う食べていなかったよ。にも連なる。しかし英語と中国語は「私、食べましたご飯を」となる。言い直しは最初から構築、つまり脳と言語はストレートに繋がらない。

 日本語は兎も角、素晴らしい。人は言語で考える。日本人は日本語で考えるから微妙なニュアンスを含む、考えるツールの日本語の卓越さはノーベル賞の数で実証済、日本語バンザイ、こんなことをいうのは私だけか。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

③世界の常識は世界の非常識

 古来より西洋に主義在り、東洋に道有りといわれる。西洋と東洋を男女で例えれば西洋は女性的、東洋は男性的である。2500年前の釈迦、エイブラハム、2000年前のキリスト、1500年前のムハンマドからイスラム、しかし最も古いのが日本の神道で初代天皇は神武天皇で西暦2016に更に660年足した2676年から現在の今上天皇まで125代である。万世一系の男系男子だから今上天皇の父方のY遺伝子を昭和天皇、大正天皇、明治天皇と遡っていくと初代神武天皇となる。神武天皇はいつ天皇に即位されたのか2月11日、だから戦前は天長節といった。

 しかしGHQが天皇と国民の不離一体、表裏一体の祭政一致を壊すため、宗教と政治の分離を図り、天皇を祝う祝日をGHQが天皇崇拝につらなるとし「建国記念の日」とした。11月3日は本来、明治説といって明治天皇の誕生日を祝う日であったが文化の日、昭和天皇誕生日は4月29日、であれば昭和説になるところが、みどりの日となり、最近は昭和の日になって、そこに有り難みも意議もなくなった。今は全て祝日というが本来は祝祭日といった。
 祝日は天皇が国民を祝う日で主賓は国民、祭日は国民が天皇を祝う日で主賓は天皇。つまり天皇と国民の不離一体、表裏一体で日本の暦は構築されていた。だから正月にも祝祭日にも以前はみな門柱に日の丸の国旗を掲げ祝った。それが今12月ともなるとキリストの誕生を祝うイルミネーションを家や街路樹につけて、12月24日にはメリークリスマスといっていきなりキリスト教信者になっている。それは日本が戦争に負けたからで戦前にはあり得ない光景だった。
 本論に戻るとキリスト教を西洋の宗教と思っている人がいるがキリストは東洋の人である。よって宗教は全て東洋、だから東洋に道ありという。比し西洋で主義が起きた。即ち共産主義、民主腫主義、資本主義、全て西洋人が作った。宗教というとナンマイダとアーメンを連想する人が多いが神道にはそれがない。宗教の宗という漢字は本来、総合という意味である。
 コンピュータでいえばOSである。組織が大きくなってコミニュティ、それが統合されて国となるとその中心にはOSが必要で、何処の国も憲法の前に宗教がある。処でキリスト経信者はムハンマドの誕生日を祝わない。
 ムスリン(イスラム教徒)はメリークリスマスとはいわない。これが世界の常識、しかしそれは日本の非常識で、これから年末年始に書けて、メリークリスマスをいってその7日後の大晦日になると除夜の鐘で今年を送り、その5時間後には初日の出を拝んで神社にいって神道を、そしてその7日後には七草がゆを食べながら一家が儒教者になって家長がそのとしの家の目標を掲げる。
 それで日本人が外国に行って貴方は何の宗教をしているのですかと聞かれると、ニコニコしながら無宗教ですと答える。これが日本の常識、えぇと驚くのが世界の常識である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月12日 (月)

②世界の常識は世界の非常識(戦死者編)

  日本は自己紹介するとき日本国とはいわない。例えば東京都文京区××町、○○番地勇気真語というようにファーストネームは最後にくる。比しアメリカは全て真逆で最初に慎吾、勇気となる。
 また鋸(のこぎり)にしても鉋(かんな)にしても、東洋では手前に引くが、向こうでは前へついていく。そして女に大きな力があって、英国の女王のように王位につく事が出来る。東洋ではその反対に男に大きな力があり徳川時代など男児がない場合は絶家されていた。
 このように、どれを見ても全部反対になっている。それが計画的にではなく、期せずして自然にそのような状態に表われているのである。西洋は有形の物質を微に入り細に入り分解に分解をして、末端へ末端へと無限大に分析、追求していく文化で今日では原子から素粒子のところまで入って来ている。
 東洋の方は目に見えない、手に取れない精神的方面の領域で奥へ奥へと行って、最後の真理の究極、極点を目指して進んで来ている文化である。
 ちょうど人間の体が精神と肉体とにより成り立っている関係である。
 今日の人類文化は物質科学の世で、有形の表面的世界の分野は非常に大きく成長して、月の世界までも発展しようとしている。しかし惜しいことに人類があまりにも外部の物質文化に気をとられ、集中しすぎてしまい、その反面の即ち内面のもっと価値の本源である精神生命の分野がお留守になってしまっている。
 そしてちょうど気狂い状態になり、今まさに破滅せんとする非常に危険なところに入って来ている。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

①世界の常識は世界の非常識(戦死者編)

日露戦争での日本人戦死者は88000人、因みに幕末から明治になるまで勤王、佐幕、鳥羽・伏見から戊辰戦争にかけて8000人、総計では12000人くらい。
西南戦争が13000 
日清戦争で13000(清が35000人)
 1914年第一次世界大戦での民間人を含む戦死者3700万人、四半世紀(二五年)後の1939第二次大戦では1.7倍の6200万人が死亡。内訳は
アジア1700万人 アメリカ人が42万人 西欧人が4000万、当時の日本人の数が7000万なかったから6年で日本人が全員死滅した数である。
アジア1700万人の内、日本人は約20%の310万、内訳は軍人220万、民間人90万(東京大空襲、広島・長崎の原爆etc.)これは現在の静岡県民の数に匹敵する。
 日本でいう大東亜戦争、アメリカが押しつけた太平洋戦争。中国は抗日戦争、ロシア当時ソ連は大祖国戦争、歴史家はえい面倒だとばかり第二次世界大戦といった。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

世界の常識と日本の非常識

世界の常識それは軍事力を背景に外交を進める。
 しかし世界の常識は日本の非常識で日本は戦争と外交交渉は別物と決めている。それでロシアプーチンは自分で会談をいっておきながらわざと1時間でも2時間でも遅れて謝罪もしないで現われる。それでも日本はニコニコして出迎える。
 話を逆転して仮に安倍さんがロシアのプーチンを呼び出しておいて、2時間も待たせたとなったら新聞テレビ、そして国民無礼だと一色になるだろう。しかし我が国、つまり国民の代表である首相がコケにされてもメディアも国民も騒がない。これが日本の常識である。
 もっとも2時間も遅れたロシアのプーチンは5分は待つかもしれないがその後帰るだろう。遅れてきた安倍さんはピエロだ。それでも新聞テレビ国民は安倍さんを批判する。だったら日本も5分待ちましたが、来ないので帰りますといえばいいはずだが、それができない。そこが社会主義、資本主義、民主主義でも共産主義でも世界の不文律、それは強面である。
 軍隊があって核がある国と核もなければ軍隊すらない。それで戦争はしようもないが更に戦争はしないと決めているのだからようは嘗めれている。
 戦争のプロセスは外交から始まり話し合いで決着がつかない。戦争へ突入するというもの。つまり外交の裏付けは軍事力である。軍事なくして外交はまともにやれとは、武士は食わねど高楊枝、到底無理である。
 この理屈は世界の常識である。ということは日本の非常識で、正論は通らないという訳

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月 9日 (金)

1日どのくらい座ってますか、30分ごとに屈伸運動は如何ですか。

  エコノミークラス症候群という言葉がいわれ始めたのは2005年頃からだった。時間、同じ姿勢で座ったままでいると脚の静脈の血が流れにくくなり、膝の裏あたりの静脈に「血栓」(血の塊)ができる病気で最悪、死に至る。
 NASAによると1日に11時間以上座っている人は1日0~4時間座っている人達に比べ死亡率が1.4倍と報告した。30分以上座り続けたら、一度立たなくてはいけないという。
 テレビを1時間座って見続けるごとに平均寿命が22分短くなり、デスクワークの女性は立ち仕事の女性に比べ60%も死亡率があがることも分かっている。
 即ちテレビは立ってみるといいということになる。脚の筋力が低下すると全身の血の巡りが悪くなってしまう。そこで私は気がついたら屈伸運動を10回することにしている。すると1日30回以上はすることになる。何もしなければ0だが1年で1万回以上となる。
 やるとやらないでは大きな違いだ。ふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれ全身に血液を送るポンプの役割を果たしている。また栄養を消費する「代謝」にも関係し、歩いていると活発に消費してドロドロの血解消となる。読者の方々も自分はどのくらい座っているか考えて欲しい。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

えっ、ええ?!

今年はイギリスのEU離脱、トランプ現象、そして韓国いきなりの衰退、そして安倍さんが歴代首相で初めてパール・ハーバー(真珠湾攻撃)のハワイに参拝、それは勿論アメリカ大統領として初めての広島訪問への、オバマ様有難う御座いますという側面がある。

 まあしかしこれといって実績のなかったオバマへのヨイショと、これからのトランプ政権への手土産という要素もある。
  ところで先頃オバマから広島へ手紙が届いた。以下がその内容

「核兵器のない世界に向けた誓いを再確認するために広島を訪れた。より多くの人が過去を理解し思いやるために時間を割けば、明るく平和な将来が待っていると確信する」
「私たちはあのような苦しみを再び起こさないため、歴史を直視する共通の責任がある」

 これは何を意味するか、オバマは大統領を終えたら核軍縮運動の講演と執筆で儲ける算段だろう。ビル・クリントンは中東で公演するとき1時間ほどで1億円取ったというほどの強突張りだが、クリントンほどで何しろ稼げるだけ稼ぎたいのが本音。

 ただし、原爆を墜とした国が墜とされた国と「歴史を直視する共通の責任がある」とは何事か! 民間人の虐殺を目的とした原爆投下実験に正当性など欠片もない。あるのはアメリカの戦争犯罪だけである。

 今だ加害国の大統領であるオバマが被害国である日本を同列で語り、共通する責任があるなどという戯れ言は、原爆投下はアメリカも悪かったが日本も悪かったという歴史観の押しつけである。

 今アメリカの若い層では原爆投下が間違いだったとする意見が半数を占めている。つまり、70年経って漸く歴史観が是正されてきた。本国アメリカがそう思い始めているが日本人は日本が悪かったと思い続けている。日本人がアメリカ史観を脱却出来ない限り戦後レジューム脱却など到底不可能だろう。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

人として思想として

 隣の国韓国というよりお困りの国韓国というわけであぁコリア、コリア(あぁ、こりゃこりゃ)という感じ。手が付けられない韓国を見ていると日本っていいんじゃあないのとは思わないが、まだマシかなあ~と思うのは、私だけではないだろう。
 ミャンマーでは手を洗おうというキャンペーンがあるという。そもそもミャンマーは水が足りない。時給が200円、石鹸が自国で製造販売しておらずタイからの輸入品で50円、時給200円で50円の石鹸は買いたくとも買えない。歯ブラシは更に3倍以上で170円、これでは時給が全て飛ぶ。それで歯ブラシを持っている人は半分もいない。処で日本人は歯ブラシをどのくらいの目安で変えるか。恐らく使って三ヶ月だろう。しかしミャンマーなら一年は使うだろう。そう考える日本はかなりいい。
 韓国に戻ると偶々テレビをみていたら朴槿恵は二つの財団「財団法人ミル」「Kスポーツ財団」を立ち上げ、財閥から69億円の寄付を受けていた。お前はヒラリークリントンかというような問題、ヒラリーは一回2時間程度の講演で5千万、1億取っている。
 財団法人とは利益そのものを目的とせず社会に還元奉仕することを目的としている。だがこういうのって、はっきり仕訳できない。区別がつかない。
 だから舛添大先生の家計簿と東京都の公金がごちゃ混ぜになるようにいくらでも私物化できる。
  トランプが大統領になった。トランプの言動は下品で乱暴だが実行したわけではない。しかしヒラリーの旦那のビルクリントンは執務室でモニカという女子大生21歳と性的行為に及んでいた。
 日本の首相が首相室で女子大生と同じ事をやったら直ぐに内閣不信任案提出で内閣は吹っ飛び、自民は大敗、何人か分からない蓮舫が首相になりかねない。しかしアメリカはこれを容認、妻ヒラリーも黙認、しかも資金作り団体、別名クリントン財団で大儲け
 「許せねい、叩ききってやる」と反動が起きてトランプが大統領になった。要するにそれと同じ事を朴槿恵が独断でやっていた事になるが、それを立証できないのが現在である。 組織の実体とリーダーの相関関係は深い。韓国組織の実体とは韓国GDPの8割が財閥である。無理矢理換算すればトヨタ、ホンダ、パナソニック、ソニーという世界的ブランド企業が軒並み国会に召集されているという始末である。最早、韓国終焉といってもいい状況である。
 韓国が北を統合するというと多数派は一気に萎んできている。しかしそのとき中国もヤバイ。来年は今年より激動だろう。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

国の借金と国債破綻の嘘

 国の借金、1062兆円=1人当たり837万円-9月末

 財務省は10日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が9月末時点で1062兆5745億円だったと発表した。6月末時点から9兆1069億円増え、過去最高を更新した。10月1日時点の人口推計(概算値1億2693万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約837万円になる。  (時事ドットコムニュース)

 相変わらず国債を国民の1人当たりの借金と明記しミスリードを煽っている。これが朝日新聞や日経新聞ならまだしも比較的まともな産経新聞までもが誤った情報で財務省の手先のように日本国債破綻論者を増産しているから正しい経済政策を打てなくなっている。

 先ず国の借金という言葉自体が間違いである。国の借金というのは日本国が海外に借りているお金、例えばドルとかユーロのことであり対外債務の事を指す、日本の対外債務残高は約580兆円、これだけみると目が眩むが対外資産残高は約945兆円、約365兆円の対外純資産国が日本で当然ながら世界一位である。

 国債というのは日本政府が「日本円建て」で約95%を日本国民、約5%を外国に借りているのだ。つまり日本国債の債権者は日本国民であり政府が国債を返還するときそのお金は国民に還元される。要するに日本国民がお金を返すのではなく返してもらう立場なのである。日本政府が日本国民に国債を償還するときにまた日本国民から国債を買って貰いそのお金を日本国民に払っているのだ。

 因みに外国にいくらお金を返そうとも結局は日本円で支払われるから両替されようとその日本円は日本国内に留まる。よってその留まったお金は再び日本国債を買うことに利用される。だから日本国債が破綻することは原理的に不可能、寧ろ現在、日銀が大量に国債を買い取ってしまっているから国債がマイナス金利にまで突入しており国債が不足している。今すべきなのは国債を政府が発行しそのお金を投資に使うことだ。日本国民は日本国債が破綻するというまやかしに騙されず国債を発行して金を使えと主張しなくてはいけない。

この記事を読んで良かったと思った方は投票してくださると嬉しいです。  

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月 5日 (月)

さてどうなる

物騒なことは書きたくないがどうも来年は波瀾万丈の気配がする。2011年から金正恩政権になったが北の宗主国、中国の習近平には挨拶にいっていない。習近平は熾烈な国家首席レースの末に国家首席になった。無論クリーンでなったわけではない。人殺しさながらのサバイバルレースの結果である。

 比し金正恩は単に金正日の息子だからなっただけである。だが通風持ちの金正恩はそうは思っていない。余は生まれながらにして天に選ばれた皇帝であると決め込んでいる。

「そんなことはありません。殿、ご乱心めされるな」と諫言しようものなら金正恩が顎をしゃくりお付きの者が、発言者を両抱えにして裏庭でズトーン! だから誰もバカ殿には逆らわない。

  金正恩にいわせれば朴槿恵は八つ裂きにしたい女である。以前の記事「韓国クーデター」で朴槿恵の辞任発表で週末デモはどうなるかと書いたが、150万から100を割るどころか100万プラスの1.7倍、250万が朴槿恵弾劾デモに参加した。こうなると金正恩が放った北の工作員が相当、韓国内で弾劾訴追デモを仕掛けている可能性がある。

 朴槿恵は大した計算違いでショックを受けているだろう。つまりしおらしくテレビの前で辞任を発表したのは弾劾訴追デモの人数を減らしたいからだった。
 安倍政権はまもなくプーチンと会談を始める。樺太千島北方四島は日本の領土であるが、樺太千島は語らず北方四島のうち二島でも取り返し、安倍内閣支持率を上げて衆院選に持って生きたい。

 ロシアは兎も角、日本からの投資、金を奪いたい。嘗てエリツィンが北方四島を返そうといっただけで橋本龍太郎がその気になって一兆円巻き上げられた。そこで政府はロシアが喜ぶロシアへの経済協力金千億円規模の財団基金を作る方針を決めた。しかし民間銀行は尻込みしている。日本の銀行はロシアを恐れロシア投資を嫌がっている。

 それはそうだろう。樺太千島北方四島を強奪され、樺太千島は疎か、北方領土もちっこいちっこい僅か7%の二島返還で決着を付けられそうな国に投資する気になるようなバンクマンだったら無能である。NYダウが好調なのはトランプが海軍を増強すると言っている。やはり共和党は石油メジャーから軍産複合体と国際金融資本で儲ける路線を取ると見ての先物買いである。トランプは日本にもっとアメリカ駐在費を払えといってきているが、サウジは75%米軍負担、ドイツでも50%、しかし日本は75%は日本持ち、在日米軍は45000人、日本の米軍事基地は133箇所である。原油を買うにも日本は嘗められていてジャパンプレミアムで高い原油をかわされている。だから常に日本は世界のキャッシュ・ディスペンサー扱いである。
 よって何で日本ばかり狙うのか、それは軍隊がなくて核がないからかと聞いてみるといい。反論すべきときに反論しないから嘗められるばかりである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

「竜馬がゆく」

 司馬遼太郎といえば「竜馬がゆく」が代表銘柄だろう。「竜馬がゆく」は1964年の小説で1968年、北大路欣也主演で大河ドラマになって日本人の多くが坂本龍馬を知った。 神田神保町から司馬の買ったトラック一台分の本を見れば次に何を書くのか分かるという伝説があるほどで、司馬自身あの世に逝ったとき「俺はそんなことはいっていないぞ」といわれても、いや何々の資料に書いてあったと反論するだけのものはあるといった。それほど資料を読み漁り、隠れた逸材を発見しその人物を要にして時代を描く人であった。
 龍馬は嘗て自分を竜馬といったことがないし他の人も竜馬とはいっていない。史実に忠実でのちに司馬史観といわしめた司馬遼太郎が何故「竜馬」を使ったのか、誰しも一回くらい考えた事があっただろう。だいぶ前に朝まで生テレビで「平成の坂本龍馬は誰だ」というものがあった。田原総一朗が「龍馬の偏差値は38で馬鹿だった」といった。そのコメンテーターに既に司直の調べ中だったホリエモンがいて、アンケートの結果、ホリエモンが現代の龍馬になった。堀江は東大だから当然偏差値は高い。
 しかし経営者として決定的に疎かだったのは明らかで組織の要たる社長は黒子でなければならない。例えばトヨタの豊田一族、顔を思いだせない。トヨタというブランドを押し出すも豊田家は嘗て一度もスキャンダルを起こしていない。これが実に見事である。だが堀江はその逆でスキャンダラスで堀江を売りライブドアを売ったが、そのライブドアも実は金で買収した会社で堀江のオリジナルはオンザエッジという会社だった。
 さて竜馬がゆくは累計2443万部も読まれている。龍馬は31歳で近江屋で暗殺されたが生涯で300通手紙を書いた。現存しているのが130通、うち姉の乙女に十数通送っている。現代ならメールだから殆ど0円で送信できる。しかし20年前はポストに落とす。すると明後日には相手に届いた。まぁ便箋、封筒、切手代で合計3万円かかる。
 しかし160年前にポストはない。しかも龍馬は長崎、下関、江戸で書いて次の旅に向かっている。この広大な距離を考えれば手紙を届けてる人件費の輸送費は累計で4000万以上と想定される。
  例えば貴方は龍馬どんから
「手紙を書いたきに、悪いが四国の土佐の乙女姉さんに届けてくれかのう」といわれたとする。合点承知としても土佐に行くには船にも乗る。とんぼ返りでも徒歩の時代10日は必要、野宿も辛かろう宿泊費も嵩む。駄賃だって貰わないとやっていけない。1日3万としても30万円である。
 貴方は手紙を今までに年賀状、暑中見舞いを抜いて便箋で何通書いただろうか、そう考えると龍馬は筆まめだったといえる。さて脱藩浪士の龍馬になんでそんなに金があったのか。そこからフリーメーソンだったという想天外を述べる人達が出てくる訳だが、なんらかのネットワークがなければ出来ない芸当である。
 龍馬は身分の低い郷士だったが半武士半商人の家柄で金貸しもしていた。金融といえばいつの世もネットワークができる。坂本家由来の金融ネットワークがあったと想定できるが、決め手がない。それで竜馬がゆくとしたのではなかったか、これは私の夢想である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月 3日 (土)

腹違いの兄弟②

死んだ金正日には長男金正男(キム・ジョンナム)がいた。それで分からなければ2001年東京ディズニーランドで遊ぼうとした男である。そのときの外務大臣が田中真紀子だった。当然、金正日を捕らえ日本人拉致被害者とトレードすべきだったがこの婆さんは直ぐに解放した。しかし金正男は金正恩より遙かに人物らしい。人物であるが故に長男でありながら父親、金正日に追い払われた。チャンソンテクは中国と密約して金正恩を外し、長男に切り替えようとしていたので、金正恩に抹殺されたとみるべきであろう。
 次男はいるが政治の舞台に出てくる力量がないとされている。それで習近平は長男を優遇して中国のどこかに匿っている。北は金日成、金正日、金正恩と三代目だが四代目金正恩の子供までは続かないだろう。
  金正恩にしてみれば腹違いの兄、金正男を優遇する習近平が兎も角気に入らない。だから2011年から金正恩政権になったが北の宗主国、中国の習近平には挨拶にいっていない。一方朴槿恵は女祈祷師崔順実に政治を丸投げした。崔順実は衰退するアメリカ、台頭する中国と読んだ。それで朴槿恵にグッバイアメリカ、ニイハオチャイナ路線を取らせたので、朴槿恵は中国に擦り寄り反日になった。すると習近平が中国のハルビン駅に伊藤博文を暗殺した安重根の記念館を作ってもいいと言いだした。
 ところが祈祷師はその一丁目一番地で間違えていた。中国は既にバブル崩壊、上得意が大不況でそこと取引している韓国経済も下火になってきた。その黒幕の祈祷師が逮捕、朴槿恵はしおらしく辞任会見をいったが、本音では祈祷師崔順実が悪いのだと思っているに違いない。兎も角、淋病と梅毒の戦いである。日本は妙なとばっちりをうけないように防衛に徹すべしである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

腹違いの兄弟①

 金正恩は三男である。一応半島は儒教の国だから長男が跡目を相続する。それが三男の金正恩になった。(ラッキー)と思ったに違いない。あぁ知っている人は知っているが知らない人は知らないから書くと、  長男も次男も三男も母親が違う。つまり腹違いである。腹違いでも男女のときは比較的上手くいく。しかしそこが権力の総本山で腹違いだと堤王国の西武は嘗て世界一の富豪にもなったが崩壊した。北条時宗というと元寇の時の日本軍の総司令官だが、三歳上の兄北条時輔に随分と苦労した。だって時宗が世界一のマンモスコングリット船団の元寇と戦う為に日夜頭を悩ませているとき、妾の子の時輔は弟を亡き者にして執権職を奪おうとしていた。正に時宗にしてみれば「前門の虎、後門の狼」の心境であった。
 北条時宗は今でいえば中学三年15の時に元寇からの所管で恫喝された。そして迎え撃つ1274文永の役の時22歳、1281弘安の役のとき30歳。漸く安堵の人生を送るもその2年後、心身共に消耗した時宗は32歳で逝去した。いかに元寇が時宗には苛酷だったかが偲ばれる。だから日本最大の存亡をかけた未曾有の大危機の時によくぞ天が与えしというほどの人物であった。それを元寇がきた。台風が起きた。神風が吹いたと時宗の偉業を矮小化しすぎて教えているから大東亜戦争になった。
 時宗は元寇2度目の来襲に備え身分の垣根を越えて全員で博多湾に30キロにも及ぶ石防塁を作った。この防塁がなかったら10万以上の元寇を二ヶ月間以上も上陸させないという奇蹟は起こらなかった。日本人の団結力が地の利を固め、その時天は風を起こしたのであった。台風の前に30㎞に及ぶ石防塁がなければ当然、元寇10万の大軍が博多へ上陸、その後に台風がきたら帰る船がないから元寇は日本に住み着き強姦、略奪、ありとあらゆる手段で日本を壊し当然、今の日本はなかったのである。
 まさに『備えあれば憂いなし』の典型である。しかし東条陸軍は、その時宗の神髄を語らず備えも全くないのに、大東亜に打って出て都合のいい神風だけ利用した。
 読者が時宗で孤独と絶望のとき3歳上の兄が誹謗中傷をいったら、精神が揺らぐだろう。何しろ相手は自分の命を奪おうとしている。兄弟ではあるが腹違いはまして男となると大凶である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

情報化社会というけれど

 朴槿恵は日本から見るととんでもない反日韓国大統領である。だが韓国では「親日」大統領となっている。それは去年の今頃、日韓合意をしたからである。これはオバマがというよりCIAが半島有事の可能性を考えての処置であった。体制悪く悪政でも景気が良ければ濁った風呂でも使っていられる。だが不況になると元々国体も政体も悪い北の国民病が韓国にも蔓延している。中国も既にバブル崩壊でCIAは半島がヤバイとみた。それで習近平に擦り寄る朴槿恵政権では危険だと米韓相互防衛条約と日米安保の軍事同盟を重視して、事あったときには日米韓同盟を意識しろといった。
 しかし朴槿恵は祈祷師のお告げで「千年経っても、日韓の加害者と被害者の立場は変わらない」といい「恨五百年」の朝鮮民族のDNAを千年にバージョンアップさせたのでオバマに「私はイヤよ」といった。
 優柔不断、けして決断しないオバマもそろそろ任期切れでレイムダック状態、ここでレガシーを作りたい。それがキューバとの友好作りでもあった訳だが、それで安倍さんに連絡をとった。安倍さんとて70年談話で
「次の世代に謝罪を続ける宿命を背負わない」と表明した。これはつまり河野談話と村山談話の否定である。日韓合意などしたら70年談話との整合性がとれない。当然いやだったがオバマの顔を立て10億ならいいやとなった。
 強制連行による慰安婦は捏造なのにどうして10億円払う。それはあったからだとなるリスクは当然知っていてもここは折れるべきとみた。朴槿恵にオバマは
「日韓合意に安倍は納得した。どうだといった」
「いやといったらいや」といったかもしれないがオバマはそれなら
「米韓相互防衛条約は破棄する。半島有事の時には米は半島の平和のため、しいては世界平和のために半島に打って出るが、その場合北と韓国のどちらにも立たない。それでいいか」と脅したか、それに似た会話で朴槿恵はいやいや日韓合意した。
 つまり10億円日本から貰って決着、慰安婦像は撤去というやつである。まぁ未だに履行されていないが仲介人はアメリカオバマで終止符を打った。だが韓国国民は深読みも裏読みもできない国民だから、朴槿恵は我々を裏切ったといっている訳、つまりその日本にはまだ阿吽の呼吸というのがあるが韓国にはない。そして今、北は絶好のチャンスとみている。2年前朴槿恵は祈祷師のお告げで北は崩壊するといったが金正恩にしてみればざまあみろ、韓国の方が先だという訳、朴槿恵は塩らしくみせて大統領辞任をいった。それは週末デモ終息が目的なのだが、増やしたい北、減らしたい朴槿恵、さて今週の週末はということである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »