« 時代錯誤 | トップページ | 支持率とは宮家とは »

2017年6月18日 (日)

パナマ

 5年前からパナマに中国人が増えているという話があった。当然そこには政治的意図があった。パナマ運河はアメリカの裏庭である。パナマといえばパナマ文章、タックスヘイブン国で節税というより実質脱税の温床となっている。

 ペーパーカンパニーを引き寄せて儲けている。パナマは20ヶ国と国交を結んでいるがそこに入れ替えが起きた。台湾と断行して変わりに中国と国交を結んだ。中国は世界地図をみて世界の交通の要所を中国人が抑えて人民元エリアを広げていく。

 何しろ日本人の11倍も人口がある。今後、大きな問題が生じていく可能性がある。兎も角、アメリカ、日本、台湾の自由海洋国家としては痛手である。

人気ブログランキングへ 

|

« 時代錯誤 | トップページ | 支持率とは宮家とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時代錯誤 | トップページ | 支持率とは宮家とは »