« 対米隷属 | トップページ | 竹中平蔵 »

2017年6月 5日 (月)

左翼のジレンマ

 俗に自民党をタカ派という。そして共産党をハト派という。だがハトでも家族を護る為には戦う。大正天皇は「国の護り 努怠るな 子猫すら爪磨ぐ技は 忘れざりけり」と読まれた。
 それがハトに比べれば上等の日本人代表の中枢で丸裸なら安心だといっている。しかし共産党でも民進党議員でも家を出るときは鍵をかけ火災保険にも入っている。
 いや私は鍵をかけない、保険なんてかけないと国防も自衛隊も否定するのであれば、些か尊敬してもいい。
しかしてめぇはバッチリ管理してそれが国になるといらないというダブルスタンダード、お花畑は理解を越えている。故に左翼は信じない。

人気ブログランキングへ 

|

« 対米隷属 | トップページ | 竹中平蔵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対米隷属 | トップページ | 竹中平蔵 »