« 何が本当やら① | トップページ | 女性宮家はありえない① »

2017年6月 9日 (金)

何が本当やら②

 真理に近づくには逆転の発想が重要である。パレートの法則というものがある。これは物事を8:2に分類する。例えば半島危機の問題。このまま何もなく終わる。これは二割以下で事が起きる可能性が8割以上、或いは韓国経済は良くなるが2割以下、悪くなる8割以上。韓国人の8割はアメリカより中国好き、日本はその反対でアメリカが8以上好き

 アメリカ人はどうか、商売上は日本の10倍以上いる中国マーケットが8好き、しかし国民性では日本が8好き、そう考えると支那朝鮮の大陸半島パワーと日米のシーパワーに別れていくのが目指すゴールとなる。

 その経緯が現在だと捉えると文在寅(ムンジェイン)もハプニングではなく、必然敵に見えてくるというわけ。

人気ブログランキングへ 

|

« 何が本当やら① | トップページ | 女性宮家はありえない① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何が本当やら① | トップページ | 女性宮家はありえない① »