« あぁ、日経新聞 | トップページ | 共産主義国家より危ない日本 »

2017年7月16日 (日)

GDPシェアー率

 世界最大の経済指数はGDPである。何故GDPなのか学問的裏付けはない。
 例えば日本は加賀百万石というように前田家 関白豊臣を除けばナンバー1だった。百万石とは一年に取れる米の単位である。

 それに対しGDPは簿記でいう損益計算書の経費の合計、比し100万石は貸借対照表の将来現金に変えられる資産勘定だから両者は相容れない関係である。世界の覇権国家の米がGDPを第一としているのだから準ずるより道はない。

 それで世界のGDPのシェアー率
1位アメリカ19,4%
2中国で12.4
3日本で5.6
4ドイツ 3.6
5イギリス 2.6である。

 それで1・3・5米日英の三国海洋国家、因みにプーチンはロシア、12位で1.4%だが25年前1990年頃の日本は世界GDPの17%のシェアがあった。
 それが今年5.6% このままだと23年後の2040 には現在のインドネシア、メキシコクラスの2% になる。
 そのとき中国が世界のトップにいれば日本は中国の属国化する可能性がある。なによりもデフレからの脱却を急ぐべきである。

人気ブログランキングへ 

|

« あぁ、日経新聞 | トップページ | 共産主義国家より危ない日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あぁ、日経新聞 | トップページ | 共産主義国家より危ない日本 »