« だだっ子とパクリ屋 | トップページ | 統一コリアになったら »

2018年4月 5日 (木)

公文書と内閣支持率

 
 公文書とは公務員がその職務上作成した文書のことである。だが重要な私文書(権利義務に関する文書又は図画、事実証明に関する文書又は図画など)についての偽造、変造、行使を内容とする犯罪類型である。判例で問題になった私文書の例としては借用書、交通事件原票(交通切符)中の供述書(違反者がサインをする部分は私文書の性質を有する)、入学試験の答案、無線従事者国家試験の答案(学科、実技)などは私文書偽造となるが、これらのものを偽造すると公文書を偽造したのと同じ扱いで、それが銀行員、保険会社、証券会社社員であったら減俸から懲戒免職、更には裁判所にも行かなくてはならなくなる。
 まして財務省のレポートは全て公文書中の公文書である。何故ならそれは国民の血税の行き先証明書だからである。しかし佐川証言で財務省の公文書は財務省の作文だったことが明らかになった。
  それでは内閣支持率はどうか、小泉、竹中の新自由主義、市場原理主義の対米隷属主義91.3% これが小泉内閣・最高支持率で鳩ぽっぽ首相も72%、結果は双方共にないほうが日本のためになった政権であった。内閣支持率の仕掛け人は朝日が先導するメディアであった。
 安倍打倒のモリカケ問題でメディアに洗脳されて安倍内閣支持率は30%を割った報道も出た。故に公文書は官僚達の作文、内閣支持率はメディアの作文である

人気ブログランキングへ 

|

« だだっ子とパクリ屋 | トップページ | 統一コリアになったら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だだっ子とパクリ屋 | トップページ | 統一コリアになったら »