« 日本人と韓国人と北朝鮮人 | トップページ | 悲喜こもごも »

2018年5月 9日 (水)

朝貢外交

 5月7日と8日、外から中が見えない高級車が平壌から北京入りした。まぁ車中には金正恩がいたのだろうと色めき立った。その通り金正恩で大連に向かい習近平と会談したという。

 習近平といえば北京だが北京と大連は直線で500キロ、日本で言えば東京から大阪、京都辺りで車では大した距離だ。習近平にすれば俺に会いたくばそのくらいのことはせよということである。

 例えば相手がトランプなら習近平自ら出迎えにいくだろう。こうして主従関係を分からせていく。一方、金正恩は生まれたときから蝶よ花よで育った。儒教の本来なら長男、金正男(キム・ジョンナム)が筋だが金正日は三男の金正恩に家督を譲った。

 それでスペシャル蝶よ花よ待遇になった。金正恩にしてみれば韓国は軍隊があっても核がない。日本などは両方ないと高を括っているが習近平だけは上から目線でやってくる。それも習近平は終身の国家主席というより最早、中国共産党の帝王である。アメリカ相手に金正恩は対せない。最早、朝貢外交で習近平様に跪くしかない。

人気ブログランキングへ 

|

« 日本人と韓国人と北朝鮮人 | トップページ | 悲喜こもごも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人と韓国人と北朝鮮人 | トップページ | 悲喜こもごも »