« 20世紀前半の日本人と21世紀前半の日本人 | トップページ | 瀬取り »

2018年6月 4日 (月)

統一コリアは南北が勝手に考えればいい。

 6月12日米朝会談まで8日間と迫った。意外に思うだろうが2000年半島の歴史で統一朝鮮は僅か20%の400年でしかない。よって統一コリアともなればニューコリアの歴史的瞬間となる。それは日本にとってどうでもいい。そう書くとお前は冷たいなといわれそうだが、東西ドイツはどうだったか。

 ベルリンの壁は1961-89の28年間も遮断され1989年11月9日に崩壊し統一ドイツになって2018の今年で29年だが、まだ障害があってフラットにはなっていない。ドイツと違いコリアの場合1950年に同族が血で血を洗う朝鮮戦争勃発、終了が1953年といいたいが実は終了ではなく休戦中である。

 それは兎も角2018現在で南北分断は68年、南北朝鮮が統一してもフラットになるには200年、200兆円の金が必要になる。よって金正恩と北、文在寅(ムンジェイン)が会談して半島の非核化を話したことになっているが、それは表向きで実はどうやって日本から200兆円を引き出すかを話し合った筈である。

 過去をみれば日本は支那朝鮮と関わると常に痛い目にあっている。統一コリアに日本が応援すれば日本人を見直すと考える日本人が多いが、実際は良かったことは悉く朝鮮人の団結心で、悪かったことは全て日本人の横やりと陰謀と策略だと騒ぎ立てる。日本人が考えることは拉致者の奪還だけである。

人気ブログランキングへ 

|

« 20世紀前半の日本人と21世紀前半の日本人 | トップページ | 瀬取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20世紀前半の日本人と21世紀前半の日本人 | トップページ | 瀬取り »