« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

財政健全化は不要

 新聞やテレビでは増税や緊縮財政で財政健全化などという馬鹿げた話をまだしている。プライマリーバランスが悪化して何か問題があるのか? そもそも何のためにプライマリーバランスを黒字化させようというのだ。無理矢理政府の支出を削って歳出を減らしたところでデフレである我が国の経済が更に落ち込めば歳入も減少していく、デフレの国というのは民間企業も家計も消費や投資をしないのだから政府が金を使わなくてはいけないのに、その政府ですら金を使わなくなったらお終いだ。ギリシャを見れば分かるが日本以上のデフレでありながらドイツに緊縮財政を迫られた為にプライマリーバランスの黒字化に成功しているのに破綻した。(正確には破綻間近でEUが助けた)

 デフレ脱却とプライマリーバランスの黒字化など両立しないことは明らかである。先ず何よりもデフレ脱却を一丁目一番とし企業や家計にお金を使って貰う環境を構築すれば自然と税収は増えていきプライマリーバランスの黒字化も達成出来る。その為には国債を発行しプライマリーバランスが悪化しようとも政府が自らお金を使って需要を創出しなくてはいけないのだ。

 日本がデフレ脱却出来ない一番の原因は政府が財政出動でお金を使うと「プライマリーバランスが悪化する」「国債が破綻する!」といった有りもしない嘘、的はずれな批判が起きるからである。国債を刷って何がいけない。 日本国債は100%円建て、政府が借りたお金はそのまま社会保障やら公共投資に使われ全て国民に還元されるのだ。そしてまた国民や民間企業が預金をして銀行が国債を買う。この繰り返しである。

 日本国債を買うお金がなくなることもないし日本政府が国債を償還出来なくなることもない。何故なら政府はいくらでも日本円が刷れるし現在日銀が行っている量的緩和で既に300兆近くの国債が政府に戻っている。つまり実質的な政府の借金は800兆円だ。財政破綻主義者は「札を刷ったらハイパーインフレになる!」といっていたが300兆も量的緩和を現在まで続けているのにどうしてハイパーインフレどころか、インフレすらまともに起きないのだろうか? 簡単なことだ。銀行が国債を売却してもそのお金を貸す先がないからである。インフレというのはモノやサービスが買われる事で上がっていくのであり、札を刷れば上がるという話ではない。

 日本の間違いは財政破綻という嘘に惑わされ政府がお金を使わないこと。ただそれだけである。デフレである以上国債なんていくら発行しても問題はない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月30日 (水)

国家と国民は不離一体、表裏一体

  19世紀の哲学者ニイチェが「有害な人間が指導者になると有能な人間が野に埋もれる」といえば国民は「その通り!」と膝を叩くだろう。だがドイツのトーマスマンは「政治を軽蔑する国民には軽蔑に値する政治しか与えられない」といっている。2009年9月国民はメディアに乗せられ無能の民主党・鳩ぽっぽ政権を生み出した。所がしまった! 私はとんでもないミスを犯したと切歯扼腕して悔やんでいる人はいない。つまり国民は反省などしていない。

 2016年都民は小池百合子を都知事に選んだ。そして都政で何もしていないのに小池グリーン、一見民主党と揶揄された立憲民主党、そして小池百合子を総理にという陰謀キャンペーン、それにのせられた国民が増殖した。何しろ貴方「安全と安心は違う」などという詭弁さえ問題にならなかった。

  小池は初の女性総理を考えていたようだが、化けの皮が剥がれ頓挫したがそれにしても、2回目の東京五輪のときに猪瀬、舛添、小池というのだから弱ったものである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月29日 (火)

システムが代わると

 今は当たり前だが1970年当時、車にクーラーなどついていなかった。夏などは走る蒸し風呂で暑さから逃れる為にサラリーマンは喫茶店があると飛び込んだものだった。そして一気にお冷やを飲み干し、それだけで店を出る訳にもいかずアイスコーヒーを頼み時間を潰した。その後まもなく自動販売機で飲み物を買い、冷えた車内でジュースを飲みながら目的地を目指すのが常道になった。そこで一番の稼ぎ時だった喫茶店、軽食喫茶がバタバタと潰れだして今では純粋な喫茶店など滅多に見なくなった。

 つまりクーラーと自動販売機が喫茶店を潰したわけだが、そのことを当初考えた訳ではない。第一、誰も喫茶店に恨みなどない。インターネットが普及してどうなったか、新聞が売れなくなり数年前まで朝日は800万部といっていたが、今や購読者が400万人という激減ぶり新聞は倒産の時代が間近である。それはテレビも同じで私などテレビは一切見ないし、必要性を感じたこともない。いったように新聞の倒産、大学の経営破綻が現実化してきた。民間はうかうかしていられない。

だがこの激変の時に民間の労働三法、労働基準法、労働組合法、労働関係調整法の3つより千倍、万倍も特権の如く、公務員法で守られている組織が官僚である。補助金を貰っている業界はそれだけでアンフェアーだが官僚の中の官僚、財務省は監査する銀行にノーパンしゃぶしゃぶ接待を強要し、本業の銀行業務ではなく過激なノーパンしゃぶの接待指数で銀行監査を記録していた。

 長銀が拓銀が山一證券がそんな杜撰な監査のせいで潰れた。であるのなら監査をした大蔵省役員こそ責任をとるべきだが誰もお咎めがなかった。それなら監査業務など必要ない。仮に銀行が上得意だけノーパンしゃぶしゃぶの接待をしていて明るみになったらメディアは書きまくり、その銀行の株価は急降下し携わった銀行員は懲戒解雇となる。大蔵省は「人の噂も75日」とばかり更に無味無臭にするべく大蔵の金看板を外し、財務省へと改名したが実態は何一つ変わっていない。ソ連がロシアになってもDNAはソ連と同じように権力を与えたままでは無意味である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

国力とGDP

 日本でいう大東亜、アメリカでいう第二次大戦でアメリカが勝利した頃、つまり1945年当時は世界のGDP60%をアメリカ一国で牛耳っていた。その後ソ連が台頭し軍事力ではアメリカとタメだったが、経済ではアメリカの15分の1程度でしかなかった。

 そこで1983年アメリカのレーガンはソ連を悪の帝国と決め日本を含むアメリカ同盟国でソ連を封じ込め政策を取り、その8年の1991年12月25日にソ連が崩壊した。しかしその後アメリカのGDPシェア率は60から15%となり、それでもNO1だが中国がアメリカに肉薄してきている。よってアメリカはソ連の15倍の経済力でことは予定調和(筋書き通り)だったが、中国はそういかない。無能極まりないオバマの8年間の無能無策時代が中国という敵に塩を送り続けた。最早アメリカ一国で中国に対せない。日本と日米安保を日米相互条約にしてでも二国でスクラムを組まないと中国に対せない時代になってきた。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

追伸

西郷と山岡のことを書いた。(西郷隆盛と山岡鉄舟)重要なことを書き忘れたので追伸、敵ながらアッパレと西郷が認めた山岡鉄舟、それまで日本を統治していたのは徳川ラスト将軍の徳川慶喜で当時30歳、そして明治に元号が変わり明治天皇が即位する。当時明治天皇20歳、明治天皇にしてみればいきなり国を放り投げられた思いだった。

 さて20歳の明治天皇がしっかり日本の舵取りをするには如何に人物でも難しすぎる。

そこで西郷は、肝の据わった山岡鉄舟に白羽の矢を立てた。だが山岡にしてみれば明治政府とは勤王の手段である。それも元は徳川幕臣の下層で上層は山岡如きが明治天皇の補佐役とは何事だという反発があった。山岡は苦慮、憂慮の末に西郷の願いを受けるも一つ条件を出した。それは「向こう10年でお役御免とお願いしたい」というもの、 1868明治元年、それから9年後1877年、明治天皇27歳、山岡鉄舟31歳、この年西南戦争にて西郷隆盛は自決する。享年45歳。明治天皇は明治建設の一番の立役者である西郷を失った。ただただ悄然とし元気がない明治天皇に任期3年の山岡鉄舟は何を語ったのだろうか。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

感謝の国、恨みの国

 日本は1945年敗戦するまで朝鮮を36年間合邦した。合邦とは企業で言えば合併で新日本製鐵と住友金属が新日鉄住金になったようなものである。故に西洋のアジア植民地支配とは全く別物である。

 それで日本は36年間で朝鮮小学校を100から4000に増やし中学も高校も増設、内地である大阪、名古屋に先んじてソウル帝国大学を作った。はげ山だった朝鮮の山に 6億本植林し600キロの鉄道を引き、水力発電、工場ビルを作り人口を増やし平均寿命を伸ばした。文盲が多かったからハングル語を学校で普及させ中国の支配から朝鮮を守った。だが朝鮮人は日本にけして感謝しない。

 比し日本は原爆を2回も落とされたのにそれをしなかった中国よりアメリカを支持している。恨みの国、韓国と感謝の国日本の構図である。日本の言霊に「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があるが正にそれである。中国も朝鮮も日本を仮想敵国にしないと結束力が生まれない。

 しかし日本は敵対国を無理に作らずとも皇室という中心があるからバラバラにならない。論より証拠、流石の日本も度重なる「中北韓」の嫌がらせに日本もより結束しないと危ないと知り左から右に移行、移動が起きてきた。それは時計の振り子のように人工的サヨク思想に振れるだけ振れた反動だろう。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

西郷隆盛と山岡鉄舟③

 結論から言えば明治維新を起こした幕末伝の青年青春群像に国家の私物化がない。それどころか天皇を中心とした日本国を人格、いやそれ以上の骨格に通ずる国格があって、この国格が危ういと感じ取った幕末志士は藩の垣根を打ち破り門外の扉を開放した。現代の新幹線で東京大阪間は500キロを 2時間20分、朝東京を発って大阪で3時間会談して帰ってきても午後1時にはつく。150年前は線路もないから700キロも歩いた。往復だと1400キロ、毎日マラソンの距離42キロ歩いても35日かかる。だから龍馬は地球一周4万キロ、松陰は地球の直径12742キロも歩いた。いや歩かざるをえなかった。

 自分の栄達の為ならそこまで出来ない。他の為だから出来る。オリンピックは国のためではなく、自分の為に頑張って欲しいなどとコメンテーターがしたり顔でいうが、他の誰もが死に物狂いで戦うとき、己の為ではなくなんとしても日の丸を掲げて日本に勇気を与えたいという切実な願い、その強い意志と気持ちが天に通じたとき身体の内部から巻き起こる。「百尺竿頭に一歩進む(既に達し得た高い境地でも更に尽力すること)」である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

西郷隆盛と山岡鉄舟②

 南洲翁(西郷隆盛)遺訓「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末の困るのもなり。この始末に困る人ならでは艱難を共に国家の大業は成し得られぬなり」そこに名前は書いてないが、その人とは山岡鉄太郎(居士号、山岡鉄舟)をいったものだった。

 1868年4月江戸城無血開城といえば西郷と勝海舟の会談ということになっているが真の立役者、功労者は山岡鉄舟だった。それが知られていないのは山岡がその功績を一切口にしなかったからである。現代の武士、即ち国会議員といえば権威、権力の私物化、その根底には国民軽視、本音をいえば「黙れ町人、四の五の言わず税金を払え」という傲慢不遜でしかない。

 2016年夫婦で国会議員をしていた宮崎謙介は男性育児休業を一ヶ月とると宣言したからワイドショーに取り上げられ大いに名を売った。しかし国会議員の妻が妊娠し出産中のとき、宮崎は自宅マンションに女を連れ込んで不倫していた。宮崎の腹は育児休暇を取った男議員第一号として歴史に名を刻むことだった。それにしても妻が出産で自宅にいない事をもっけの幸いとばかり女を連れ込む、それが国会議員で妻も国会議員、しかし仲睦まじく何もなかったように同居している。議員は国民の税金1億円、2人で2億円もくっている。10年なら20億をどぶに捨てる計算だ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

西郷隆盛と山岡鉄舟①

  西郷は勤王、山岡は幕臣つまり敵同士である。

 1868年3月9日。官軍の駐留する駿府(現在の静岡市)に単身のりこむや『朝敵、徳川慶喜家来、山岡鉄太郎(鉄舟)ただ今まかり通る』と大声で叫びながら歩んできた。撃ち殺されても不思議はなかったが、あまりにも堂々として「打つなら打つがいい」とばかり胸を張って虎のように歩いてくる雄志に一同呆気にとられ、西郷にその知らせが入るとその度肝を抜く男に興味を持ち、会うことにした。

 遂に山岡は西郷に直談判して悪びれもせずに大きな姿で引き上げていった。それから4日後の3月13日江戸城、今の皇居で西郷と勝海舟は会談し、後の江戸城無血開城が成立することになる。これにより「江戸八百八町」が大火に見舞われることなく収束していった。しかしそのお膳立てとして命を賭けて準備万端にしたのが山岡鉄舟そのであった。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月18日 (金)

北も南も皆朝鮮

先月(2018年12月)韓国駆逐艦が自衛隊の哨戒機(潜水艦も発見できる戦闘機)にレーザー照射したが、当初は天気が悪く間違えたと主張、その日は晴れていたというと今度は捜索していた。

そのときは既に救助した後だったとバレると「日本がレーダー照射した」「低空飛行してきた」と嘘を連発、いよいよ言い訳が出来なくなってくると逆ギレして「謙虚になれ」「謝罪せよ」「無礼である」と放言。そこから韓国への幻想はまぼろしだったと「2004年、冬ソナブーム」から15年目いいかげん小母様たちも覚醒してきた。兎も角、双方嫌なら遠ざかればいい。「北も南も皆朝鮮」が如実なのだから危うきに近寄らずを実行する季節になってきた。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月17日 (木)

ファーウェイ

 自動運転はAIと第5世代の通信網との融合と練度によってバージョンアップしていく。自動運転中に子どもが飛び出した。これを如何に対処、制御するのか、瞬時のことは瞬時に対処しなければならない。

 そのことから高速通信網の構築、具体的には5G(第五世代の携帯網)でファーウェイがシェアを握れば通信網のOSを握り、自動運転は戦車の無人化、戦闘機の無人化のシェア率にも影響する。つまり自動運転と通信網は軍事産業そのものである。しかもファーウェイにはスパイチップが入っていて情報は中国共産党にタダ漏れ、……そういうわけでトランプはそこに「蟻の一穴」ならぬトランプ)の一穴を中国にぶち込んだわけ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

29年前

 29年前、1990の「朝生」をみた。まだ大島渚、野坂昭如、小田実が健在だった。バブルが崩壊するのは翌年1991だからこの頃から日本は低迷していく、元号は平成2年でようやく平成になれだした頃でもあった。つまり日本はつかの間のよき時代で左翼の大島渚、野坂昭如、小田実らはこの先戦争はないということを、今の景気は常態化、恒常的になると決めていた。これに対し自民党側は戦争はないかも知れないが国防は国の一丁目一番地、よって日米安保の強化と憲法改正を語るのだが、イマイチ迫力がないのはそうした理由かある。

 私の興味は30年後の今日を誰が言い当てていたかであったが、結論は誰もいい当ててていなかった。ワイドショーのコメンテーター達は日本が戦争に巻き込まれることを全く想定していない。どうせ当たらない未来予測より過去をつくづく、丁寧に歴史はただ繰り返すことを知るべきである。

https://www.youtube.com/watch?v=cijGHo3_tKg
朝まで生テレビ1990年06月30日 3/5

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

共産国より日本は共産国である。

アメリカでは1%の富豪が40%の富を持っている。カナダも40、イギリスが30、オーストラリアが25、ニュージーランド17%でアングロサクソン系の国では、貧富の格差が凄まじい。

因みにドイツ フランス イタリアは1%が10%日本は資産1億円以上もっている者を富豪としているが1%が6%だから極めて平等な社会である。何しろ完成された共産主義国、北は上位0.0001%が北の富の99%を金正恩が握っているのだから……

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月14日 (月)

GDPシェア率

 日本でいう大東亜、アメリカでいう第二次大戦でアメリカが勝利した頃、つまり1945年当時は世界のGDP60%をアメリカ一国で牛耳っていた。その後ソ連が台頭し軍事力ではアメリカとタメだったが、経済ではアメリカの15分の1程度でしかなかった。

 そこで1983年アメリカのレーガンはソ連を悪の帝国と決め日本を含むアメリカ同盟国でソ連を封じ込め政策を取り、その8年の1991年12月25日にソ連が崩壊した。しかしその後アメリカのGDPシェア率は60から15%となり、それでもNO1だが中国がアメリカに肉薄してきている。よってアメリカはソ連の15倍の経済力でことは予定調和(筋書き通り)だったが、中国はそういかない。無能極まりないオバマの8年間の無能無策時代が中国という敵に塩を送り続けた。最早アメリカ一国で中国に対せない。日本と日米安保を日米相互条約にしてでも二国でスクラムを組まないと中国に対せない時代になってきた。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

あぁ韓国③

 韓国は日本GDPの30%、北は日本330分の1でしかない。北の人口は1900万で朝鮮人民軍は190万と全人口の10%が軍人、韓国は人口5145万に対し65万で1.2%。比し日本は1億2520万で自衛隊25万だから0.2%で韓国の一割である。だがそれだけではない仮に明日戦争になると言われて「ボク、恐いから辞めます」といったら、そこが北なら銃殺、韓国なら軍法裁判が待っているが日本は軍隊でないから軍法違反にもならない。「どうしても辞めるんですか」
「ボクの退職金は幾らになりますか」
「今計算します」となる。つまり有事の自衛隊はその全員が退職することができるのである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

あぁ韓国②

 法的に韓国は友好国となっている。とんでもはっぷん歩いて12分、最大最悪の敵対国でしかも一番の隣国だというのだから嫌になる。先月(2018年12月)韓国駆逐艦が自衛隊の哨戒機(潜水艦も発見できる戦闘機)にレーザー照射したが、当初は天気が悪く間違えたと主張、その日は晴れていたというと今度は捜索していた。そのときは既に救助した後だったと分かると、電波状況が悪くてときて言い訳が出来なくなってくると、そんな事はいいから日本が謝れと逆ギレ。

 全てが嘘八百でけして謝罪しない。韓国の海兵は7割泳げずイージス艦内部のコンピュ-タの処理速度は初期のファミコン並み。ハードもガタガタ、ソフトの一丁目一番地は「歩兵に始まり歩兵で終わる」といわれるようにヒューマンエラーで戦争結果が決まる。前号で書いたが北の朝鮮人民軍は190万で全人口の10%が軍人、韓国は人口5145万人に対し65万だから1.2%、比し日本は1億2520万で自衛隊25万だから0.2%である。有事過ぎる季節、だが日本の新聞は国民にこの事実をけして報道しない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月11日 (金)

あぁ韓国

 韓国は日本の4分の1の国土で北海道と四国を合わせた大きさ。人口は日本の半分以下、GDPは3分の1である。しかし防衛費は日本の5兆2400億に対し韓国4兆7000億で日本に肉薄している。

 しかも韓国は徴兵制で65万人、自衛隊の数は25万、北の軍隊である朝鮮人民軍は190万人で南北統一軍だと255万、更に日本は殴られてから漸くやり返せる政府のように格調高くいえば「専守防衛(攻撃を行わず守りに徹する)」ということは一発目が致命的な核ミサイルを放たれた場合、それが都心なら400万人死ぬ。

 すわっ一大事! 核ミサイルが放たれた。「首相官邸に連絡を」
「……ダメだ。首相官邸を狙ったらしい」
「じゃあ専守防衛を誰が宣言するんだ」
「どうする。このままでは二発目がくるぞ」
 ……そのとき大阪でも核が落とされたらしいぞとなる。結局専守防衛を履行することは事実上困難でしかない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

日本共産党

 自民党の党是、悲願、目的は憲法改正である。現憲法はアメリカがアメリカ人の為に作ったものを日本人の為の憲法としたトリックとトラップ(罠)である。

 共産党の結党精神は君主政治の廃止、具体的には日本の歴史そのもの三千年続いた天皇を中心とした国家体系の破壊である。無論、自民党の憲法改正は天皇を中心、シンボルとしていくことに変わりはない。共産党の議員も平気で民主主義を語る。だが自民党の総裁に当たる共産党の委員長といえば徳田球一、野坂参三、宮本顕治、村上弘、不破哲三、志位和夫と戦後73年で6人しかいない。

 比し自民党の戦後総裁、つまり首相は河野洋平を除いて23人、選挙と派閥の領袖たちの話し合いで決まっている。共産党は誰一人、選挙で決めていない。それではどうやって決めるのかが分からない。不破哲三などは森の中の豪邸に住んでいるという。であればその豪邸で密室の談合というものなのか。兎も角、共産主義者が集まってできたのが共産党で、平等といって不平等の極み。首領は独裁、故に共産党と書いてカルト共産党と読めば間違いない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月 9日 (水)

日本共産党

 プーチンの個人資産は10兆円といわれていた。だが2016年パナマ文章でその20倍、20兆円だと分かった。ロシアのGDPが1.58兆ドル(170兆円)だから20兆は11%になる。ゴーンの5年で100億でいえばその2000倍である。 

プーチンの小学校からの友人チェロリストは2兆円の資産があるとも言われ、友達というだけで大金持ちになれるのが共産国の大特長だ。それにしても共産主義の一丁目一番地は1にも2にも平等じゃないのかいということである。

 何しろ日本で換算するとGDP530兆円、その11%だと安倍首相が58兆円もっていて、加計学園の友人は5.8兆円持っていることになる。かけ問題は単に安倍首相が口利きをしたかどうかで国会を1年半も野党がかき回したがなんにも出なかった。オール・ナッシングだったのである。共産主義というのはカルトで国家におけるペテン主義、その政治手法の本質は「今だけ、金だけ、自分だけ」である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

日本共産党③

国力とは国民力で表裏一体、不離一体である。日本の平均寿命は男81、女87。比しロシアは男66女76歳で、男は日本より15歳、女は11歳も短命である。というわけで国民という細胞の寿命が短いのだから国であるロシアも短命でソ連崩壊は1989年だからロシアはまだ29年でしかない。

 なぜロシア人は短命なのか、それはウオッカの飲み過ぎで54歳ともなると4人に1人が飲酒が原因で死亡している。北朝鮮の10児は世界の平均身長より10㎝低い、国力の源である若木が全く育っていない。平均寿命が一年延びて皆が働くとGDPは2%上がるといわれるが、これだからロシアと北は先行きが暗い。ましてそこが共産国ともなると未来はない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

日本共産党②

  共産主義というのは10万人の街で9万人は喰えているが、1万人が食べられないとしたら喰えている9万人が一割カットして喰えない1万人に回せば、10万人が生きていける。どうだ共産主義はいいだろうという訳だ。 さて1914第一次大戦で世界の戦死者は3700万、1941第二次で8700万、合計1億2400万人戦死している。

 だがスターリンは露西亜を共産主義国にするために同じソ連人を2300万殺戮、毛沢東も同胞の中国人を大躍進政策で6500万人、文化大革命で6500万人、合計1億3000万人殺している。つまり共産主義は人類史上2回の世界大戦より600万人も多く殺している。しかもそれは同胞の国民を頭領が殺戮しているのである。

 地上に残った共産主義の完成版、北朝鮮は公表2400万の国だが実際は毎日餓死者が出て1900万台だともいわれている。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月 5日 (土)

日本共産党①

  今、共産党、共産主義に憧れる若者はマズいない。100年前1917年にロシアのロマノフ王朝を打倒したマルクス主義のレーニンはソビエト連邦(ソ連)を名乗った。この出来事は世界に伝播し戦後GHQの中にも共産主義者が多くいて、そのGHQが日教組(日本教職員組合)を作っている。

 日本共産党が結党されたのが1917年から5年後の1922年、それから19年後が大東亜戦争で日本は3000年来の大敗。日本が戦争に負けたのは錦の御旗がそもそも正しくなかった。正しければ負ける筈がない。そうか共産主義ではなかったからだとなり共産主義にかぶれた若者が日本で革命出来ると思った。

「今は世界の3分の2が社会主義、資本主義も社会主義へと変化する」と空手形のプロパガンダだったが
「君たち若者の双肩にかかっている。主役は君たちなのだ」といれると有頂天となり共産党の民青(民主青年同盟)等は20万人を超組織になった。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

プロはさぼれない。

マラソン選手は1日サボると取り戻すのに3日かかり、3日サボると1ヶ月、1ヶ月サボると3年かかるという。外交評論家の佐藤優氏は原稿用紙2枚程度でも3日書かないとレベルが下がる。又、悪文を読んでいるとリズムが狂ってくるという。小説家の女流宇野千代は書くことがなくても鉛筆を削り、原稿用紙の前に30分は座ることといい。松本清張は作家とはどれだけ座っていられるかの職業といった。

 これは何の職業でも同じでバッターは休みの日でもバットを振らなければ落ちる。そう捉えると景気が悪い、なら働けというのなら分かる。だが実際には残業はするな休みをもっと取れ、そこにハッピーマンデーだとなると連続三日休みはザラとなる。
 これでは生産性をわざわざ落としているも同然だ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

日本人と中国人は違う!

(イエローとホワイト③)でアメリカは中国などチョロイ、日本のように御せると踏んだが、まんまと逆手に取られパックス・アメリカーナからパックスチャイナを計画しだした。

  中国のケータイ・スマホ会社のファーウェイの中にはスパイウエアが入っている。これでは中国にカネを払ってアメリカ情報が筒抜けとなる。それを知ったトランプはファーウェイを買うな、アメリカ製にしろと世界に迫った。そんなことをして何が自由貿易だと噛みついたら日米安保は破棄となる。だからソフトバンクも直ぐにファーウェイは使わないと声明したのが昨年の12月だった。

 しかし既に主要な貿易国はアメリカではなくチャイナという国の方が過半を超えている。嘗て米ソ冷戦の時代、ロナルドレーガンがゴルバチョフに強気に出ても、ソ連を貿易主要国としている国などなかった。というよりソ連製品など誰も欲しくない。それで米ソ冷戦ではじわじわと差が拡大しソ連が崩壊した。中国は2014年実質の経済規模、企業でいう総売上ではアメリカを抜き2030年にはアメリカの二倍になるという説がある。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年1月 2日 (水)

二日

 日本の技術は世界に冠たるものだと言われて久しい。だが多くの日本人は首を傾げている。日本人が日本で日本製でないPC、スマホの外国アプリでコミュニケーションを取りグーグル、アップル、マイクロソフト、フェイスブック、アマゾンがなければ生活出来ないようになっている。

 30年前はソニー、NEC、パナソニック、東芝、シャープという日本製品が当然だった。今や二社が消えている。私の家にはフランス製がない。ある家のほうが珍しい。せいぜいがシトロエン、プジョーだがそれでもフランス製の車にどうしても乗りたいという願望もない。

 処がルノー如きが日産を三菱自動車を引き連れて中国と提携を画策している。日産とは日本産業の略でその最初は国策会社、日本最大の自動車メーカーであった。それが知らぬ間に中国の自動車会社になる可能性が否定できない。……するとどうもおかしい。こうした漠然とした不安、こんなときに消費税を10%にし、またリーマンショック級の事が起きたらエライことになる。だからリーマンショック級の経済ショックがあったら引き上げ延長というのは、相変わらずのお花畑論理である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019元旦

 元旦とは元日+地平線だという。地平線といえば海と空の水平線、その先に未来がある。先代の日本人は元旦という文字だけでそれを表した。

  日本人は中国人、韓国人も同じ人間だと思っている。だがそれが違う。今年は去年より動乱、激変、怒濤の時代になる。中国人、韓国人それから北朝鮮も全く違うという強い意識をもった方がいい。

 1978年鄧小平が来日し鉄鋼メーカーにいくと溶鉱炉があり「中国も欲しい」というと日本は溶鉱炉と技術をセットで差し上げ、松下電器の工場へ行き奥から「ところてん式」で押し流されて出てくる家電の様子に、びっくりたまげると松下幸之助は日中友好の架け橋となるべく惜しみなくシステムと技術を提供し中国に松下電器、今のパナソニックの工場を建設した。

 するとまもなく松下のコピー会社が雨後の竹の子ように出てきた。1978年鄧小平来日から41年、2019年の幕が切って落とされた訳だが中国とはと問うて「一党独裁政権下での資本主義経済を導入した選挙なき非民主の巨大発展途上国を装う中共全体主義のファシスト政権である」と答えて異論はないだろう。

 日本人は世界唯一の被爆国でそれも三日とおかず2発落とされた。断末魔の苦しみの中、虫の息で「仇をとって下さい」といって死んでいった。だがそれから73年、仇を取るどころかアメリカのポチになっている。本質を忘れるほど感謝しすぎる日本人は、感謝より他国他人を徹底的に利用するばかりの中国人を同列視してはならない。故に同じ人間種だが同じ人間ではないと書いた。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »