« ゴーンは舛添要一の超大型版 | トップページ | 名前の話 »

2019年2月22日 (金)

ゴーンは舛添要一の超大型版②

 2016年ゴーンは二度目の結婚式披露宴をパリにあるベルサイユ宮殿で開いた。一日貸し切りでその費用は620万円、趣味が悪いと思うが自分の金ならイチャモンはつけられない。

 ところが実はルノーの会社資金だったことが発覚した。つまり日産のみならずルノーすらも私物化していたことになる。ゴーンが羽田で逮捕されたときフランス政府は不当逮捕だ。日本の国策捜査だ。フランスの名誉が傷つけられたとしきりにゴーンを庇っていたが、こうなると庇いきれない。

 ベルサイユ宮殿だけでなくまだまだ出てくる可能性が濃厚である。それにしてもベルサイユ宮殿を借りたときゴーン61歳、金の亡者、銭ゲバに加えもう一つ、ナルシストという精神疾患も持っていたことになる。

人気ブログランキングへ 

|

« ゴーンは舛添要一の超大型版 | トップページ | 名前の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴーンは舛添要一の超大型版 | トップページ | 名前の話 »