« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

赤の巨塔③

常に左翼は現在を否定する。現在を肯定すれば共産主義にする必要がないからだ。司馬史観といわれた司馬遼太郎は「人類は思想で幸せになった例は嘗てない」といった。その通り、ソ連スターリン、中国でいえば毛沢東、カンボジアでいえばポル・ポト。だが彼らは敵ではなく自国の守るべき国民をスターリンなら2300万、毛沢東は大躍進と文化大革命で現在の日本人口1億2520万が殲滅する程の中国人民を、ホーチミンは600万人殺しまくった。共産主義の一丁目一番地は平等だが平等どころか殺されている。
 しかし民衆は気づかないのか、それは共産主義は最初からカルトで共産主義者は共産主義という宗教のカルト信者だからである。竹中平蔵の先輩格の中谷巌は2009「竹中平蔵君、僕は間違えた」といったのに竹中はまだまだ構造改革が足りないといっている。竹中は小泉純一郎が「俺、辞めた」と首相を降りると味方がいなくなったとばかり直ぐにいなくなった。その時点でまだ構造改革が足りないと思ったのならやめるはずがない。最低最悪の学者、政商で大学教授であるが、未だ政界に君臨し資本主義を語る。竹中もまた実は赤い巨塔である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

赤の巨塔②

日本のGDPはざっと530兆、中国は1500兆といっているが、中国は最低3割水増しだから実態は1200兆円以下である。よって中国の経済は日本の2倍、これは嘘ではないが真実ではない。日本の人口1億2520万、比し中国の人口を中共政府は13億人としているが真実は語らない。実は14億人いるので中国は日本の人口の11倍である。この地球には240ヶ国の国があり、そのうち国連加盟国は193ヶ国(北朝鮮を含む・台湾は入っていない)それで一人あたりのGDPでいえば中国は70位である。だがこの真実をけして朝日、NHKは見させない。赤い巨塔たちの洗脳報道の為せる業である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

赤の巨塔①

私はテレビを見ない。よってNHKも見ない。NHKのアナウンサーが日本と韓国は同盟国なのに、ここのところ不仲になっているといったらしい。これはいちアナウンサーの仕業とは思えない。同然、上からのお達しがあったのだろう。
 未だ嘗て日韓同盟など存在しない。日本と台湾は戦争していなかったが2010年NHKは日台戦争としてNHKスペシャルで放映した。その中で日本は人間動物園を作って台湾の部族を見せ物にしたといったがそれも捏造だった。NHKとは N(日本)H(放送)K(公共団体)の頭文字を取っているが実態は日本捏造洗脳放送だからNNHというべきである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

徴用工問題は70年後に起きる。

日本は甘い、甘すぎる。韓国は景気がすこぶる悪く、日本の大企業に就職する韓国のエリートが増えている。そして日本政府はこれを支援しているが第二の徴用国問題に将来発展するのではないか。すったもんだの徴用工は募集に応じた韓国人を雇ったら70年も経過してから日本に強制連行されて無理やり働かされたと言い出した。
 つまり日本に就職した現代の朝鮮人も50年も経てば強制的に労働させられたと言い出すだろう。なんといっても韓国大法院(韓国の最高裁)は日本企業を有罪だと根拠もなく決めつけ、賠償しなけば韓国内の日本企業の財産を差し押さえるという国とはいえないヤクザ集団である。河野太郎の父親、河野洋平は、ありもしない慰安婦問題をあったと断言する反日政治家だった。だから河野太郎外務大臣は経産省と手を組み第二の徴用工問題になるから、韓国民間企業リスクは、カントリーリスクに化ける。故に韓国人の就職を取りやめるといったらアッパレ! で有力な総理候補になるだろう。日本人は変わった。弱い日本から強い日本を欲してきている。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

時代はこのように変遷していく④

ダイハツの軽自動車タントは「急発進の防止や、車線をはみ出しそうになると自動でハンドルを戻すなどの先端技術」また「軽自動車では初めてハンドル操作をしないでも自動で駐車場に停止することもできる」駐車支援機能を備えた。これでもまだ自動運転ではないらしい。
 それは兎も角、従来なら新技術はトヨタでレクサス、本田でレジェンド、日産ならシーマというのが定番だった。だが高速道路を走っているような高速経済の場合、戦後パナソニック、その前身である松下電器はナショナルブランドで天下を取っていた。これにナショナルショップの販売店が御用商人のようにダイハツのオート三輪「ミゼット」(排気量750CC、二人乗り)の荷台にテレビを載せスゴイ剣幕のエンジン音でやってくる。
「隣はテレビを買った」今までなかったアンテナが聳え立っている。ああうちもテレビを見たいと聞こえてくるのが近隣住民の合言葉だった。

 

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

時代はこのように変遷していく③

フロッピー1枚が1メガ、1000メガで1ギガ、1000ギガで1テラ、これはフロッピー換算10億枚である。1980年開発のコンピュータが5メガバイト、フロッピー5枚。現在、走り幅跳び日本小学校の記録は5.54メートルだが5メートルとして40年経つと10億倍で50億メートル、5億キロにもなる。地球一周が4万㎞だからひとっ飛びで世界一の戦闘機でも追いつかない計算である。
 ダイハツの軽自動車タントは「急発進の防止や、車線をはみ出しそうになると自動でハンドルを戻すなどの先端技術」また「軽自動車では初めてハンドル操作をしないでも自動で駐車場に停止することもできる」駐車支援機能を備えた。これでもまだ自動運転ではないらしい。
 テーマは時代は変遷していくだが今から5年後が全く分からない。例えば引っ越し、大阪から東京へ無人トラックが運び、引っ越し業者はそれに乗らず東京の業者が荷物を下ろすということになっているかもしれない。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

時代はこのように変遷していく②

時代は日々の更新で毎日1ミリずつ変わっていく。初日は0でも1ミリでも伸びていけば10年で3m65㎝、世界一のノッポより1mも高くなる。だが川に激流、急流が起きるように一日でいきなり10cm変わることがある。それが何だこの坂、こんな坂、えぇ真っ逆さまのまさか! まさに天災は忘れた頃にやってくる。銀行といえば絶対に潰れないという職業であった。だが1998年長銀(長期信用銀行)と日本債券信用銀行、政府系銀行北海道拓殖銀行が経営破綻した。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

時代はこうして変遷していく①

野村、大和、日興、山一証券は日本四大証券といわれた。しかし1997年山一證券は経営破綻となった。因みに倒産だと潰れて万事窮すという感覚を国民は持つが実際には株式で運用しているから100から敵対的買収(ヘッジファンドの空売り)などで1%になっても資産価値は残る。
 そしてもしかするとうちが買ってもいいぞという敵対的買収を仕掛けるブラックに対して助けの手を差し出すホワイトナイトを演ずる投資家が現れれば、経営再建が可能になるかもしれない。それで現在は倒産という言葉ではなく経営破綻を使う。閑話休題
その後日興證券は外資(米系列)となり野村と大和だけになった。であれば日本二大証券となりブランド力が上がったかというと一方でスマホやPCで売買できるネット証券が20社以上となり、安売り合戦で手数料が10%以下である。こういう経緯で時代は変わる。

 

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

韓国は沈んでいく

「恨(ハン)五百年」の韓国、2013年、朴槿恵大統領が「日本の加害者、韓国の被害者という立場は千年経っても変わることはない」といって恨五百年が二倍の千年になった。だが韓国の若者は「日本への恨みは100年、だが中国への恨みは1500年」といっている。そこで安陪首相は韓国の若者が100年といっているのに大統領が1000年と火のない所に煙を立てた。一般国民が千年の恨みといえば大統領は冷静に100年というのが政治家、官僚の役割である。それができないのだから今回の参院選は脱韓国、ウエルカム台湾を考える。国民は自民党へ入れてもらいたいといえば国民は橋本龍太郎、官僚、政治家のように中国のハニートラップ(色気による諜報活動)にはかかっていないので、素直に国益を優先するだろう。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

情報量

 情報化社会とは情報が最大の資源になってくるということである。現代は江戸時代の一万倍もの情報量がある。といってもピンとこない。例えば江戸時代、将軍様とはいったかもしれないが徳川ラスト将軍、一橋家の徳川慶喜まで一般庶民が知っていたかどうか分からない。
 現代は首相といっても安陪総理だけでなく吉田茂、岸伸介、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、中曽根康弘は知らないと戦後史は分からない。それに米がトランプで中国が習近平で北が金正恩、韓国が文在寅までは常識、これに英がメイ女性首相、ドイツはメルケル女性首相、これにイラク、イランの誰それ、インドの誰々となったら脳みそバーンである。
 ああまだあった。自国の日替わり定食のようなコロコロと大臣変更もいれたら脳みそみそバーンである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

習近平はG20の前に北に寄った。

習近平は北に寄ってから日本に来た。このところ習近平は陰が薄い。そこで北に寄り北朝鮮、金正恩を管理できるのは私だ。私を軽く見るなよという意味があったのだろう。だがそれよりも香港国民700万、内200万が動いた脱中国運動の方が中国の衰退が顕著で、いまさら北にすり寄ってもその効果はないだろう。何故なら香港国民200万に対して催涙弾を放ったからだ。中国主体のAIIB(アジアインフラ銀行)、もといAIIB(アジア、イカサマ、インチキ)銀行の停滞も甚だしい。大変だ。習近平よ。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

誰もが知っているがこの男が世界を今も苦しめている③

 誰がいったか知らないが宗教はアヘンであるとマルクス主義者の誰かがいったらしい。それで現世の民はマルクスを宗教にいれない。だが私はマルクス主義は宗教を超えてカルトだと思っている。宗教というとアーメン、南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)と直ぐに念仏を連想するが神道、神社は念仏がない。ユダヤ教もない。宗教の宗の字は綜から来ていて、総合という意味を持つ。
 つまりコンピュ-タでいえばOSに当たる訳で、日本のアプリケーションソフトは全て共通OSで起動する。ところが日本のオペレーションソフトのOSをマルクスで起動させ、明治時代から武士道を抜き取り不純物のマルクスをいれたために慢性的血清肝炎になっている。カルトだから大国ロシア、小国北朝鮮でもダメなのに改めようとしない。共産主義国のスローガン、キャッチーコピー、謳い文句のマルクス主義とはカルト・マルクスであり、マルクスと聞いたらあぁカルト・マルクスだと自分で自分に赤のワクチンをインジェクト(注射)すれば間違いない。

 

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »