« 誰もが知っているがこの男が世界を今も苦しめている③ | トップページ | 情報量 »

2019年7月 2日 (火)

習近平はG20の前に北に寄った。

習近平は北に寄ってから日本に来た。このところ習近平は陰が薄い。そこで北に寄り北朝鮮、金正恩を管理できるのは私だ。私を軽く見るなよという意味があったのだろう。だがそれよりも香港国民700万、内200万が動いた脱中国運動の方が中国の衰退が顕著で、いまさら北にすり寄ってもその効果はないだろう。何故なら香港国民200万に対して催涙弾を放ったからだ。中国主体のAIIB(アジアインフラ銀行)、もといAIIB(アジア、イカサマ、インチキ)銀行の停滞も甚だしい。大変だ。習近平よ。

人気ブログランキングへ 

|

« 誰もが知っているがこの男が世界を今も苦しめている③ | トップページ | 情報量 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰もが知っているがこの男が世界を今も苦しめている③ | トップページ | 情報量 »