« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

明日から消費税が上がる

政治家の一丁目一番地は今しなければならないことを何よりも優先すること。だが世界で唯一戦争放棄している国で、同じくスパイ防止法もない日本はこれができない。
 そうなるとできること、してはならないことを明らかにして防衛するしかない。しかし安陪政権はしてはならない消費税を明日から始めるし、移民法ではないといいながら実は
移民法でしかない外交人労働者受け入れに躍起だ。
 原点を考えよう。日本政府は誰を代表しているのか、それは一部の日本国民ではなく全ての日本国民である。であれば日本国民は景気を良くして所得を上げて欲しいのにその真反対を行使している。現在日本は労働者不足である。よって本来なら買い手市場となり、給料を上げなければ社員が集まらない。絶好の天の時、外国人を安い賃金で働かせれば日本国民の給料も下がってしまう。
 しなければならないことをせず、わざわざすべきでないことをする。その第一日が明日から始まる。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

裏工作、裏事情の裏根回し②

実際、大方の事は裏工作、根回しで決まっている。報道された事実はその結果の断片にすぎない。つまり舞台や芝居はその10倍以上の練習の結果である。野球の投手でいえば
一試合の球数は100球でもその檜舞台に立つには日々1000球の積み重ねがある。
 よって裏面にこそ真実があるが3流は表面を信じる。それはニュースや報道の味方も同じである。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

裏工作、裏事情の裏根回し①

2019年9月8日菅内閣官房長官のはテレビで「日韓関係の悪化は全て韓国に責任がある」と声明した。敗戦後74年も黙り続けていた自民党がいきなりテレビでカマした。これは当然、大いに問題にする。いや国民あげて議論しなくてはならない案件であった。だが地上波を席巻するNHK、全民放と産経新聞を除く朝日、毎日、日経らの左翼連合新聞は水面下で火消しに躍起だ。何しろモリカケ問題は火のないところに煙を立て続け、都合の悪い火が起きたら直ぐに火消しである数年前朝日は一日800万部が売りだった。昨今は400万部を割ったという。つまり日本メディアは真実より、偽の情報を流して読者を増やしてきたが、それが裏目で朝日離れは続くだろう。

 

 

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

歴史は常に繰り返す。


1467年、日本で応仁の乱が起きた頃、世界は大航海時代(15~16世紀)でヨーロッパがインドやアメリカ大陸へ到達した。その後ポルトガル、イスパニア〈スペイン)オランダの影響を日本も受けた。しかし世界の覇者は大英帝国と呼ばれたイギリス、そのイギリスも第二次大戦で座をアメリカに奪われ、現在では大米帝国も中国に取って代わられるかもしれないと米中貿易戦争を仕掛けた。20年前はPCが売れた。10年前はスマホ、今はそれがない。ポストスマホはドローンとAIと自動運転車だという人がいるが果たしてどうか。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »