« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月30日 (水)

田嶋陽子とカールマルクス

よくもまあこんな奴を出すものだというのに田嶋陽子、金恩珠、姜尚中が入る。彼らは揃いも揃って大学教授だが日本人への妬み、僻み、嫉み、恨みと呪縛だけである。学者としての見識など微塵もない。その中でも田嶋陽子は韓国人でもない韓国人もどきである。 一言目には男が悪い、二言目には日本人が悪いという。それで日本の男となれば憎悪の対象でしかない。よって田嶋陽子をこの世に送り出した源泉の親は、日本人ではない男かと思いきや紛う事無く日本人で田島も日本人の子だった。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

韓国の財閥④

 日本人の常識は世界の非常識で世界の人は日本人を「技術の人だ」と思っている。しかし日本人は自己評価が低く「とんでもない。
日本なんてまだまだです」といっている。その反対が支那朝鮮で国でいえば「中・北・韓」である。オリジナルティは全くなく国そのものがパクリ、騙し、脅しの三種の神器しかも恥を知らない、反省をしない、実は自分を知らない。
 何しろ北の輸出品といったらミサイル、偽タバコ、保険金詐欺、国いうよりマルボウ集団である。子どもの頃は薪を背負いながらも一瞬の時間も無駄にしないよう本を読みながら歩いたという二宮金次郎(二宮尊徳)は「道徳なき経済は犯罪である」といっている。国は国民を以て国を磨くものだが、中華人民共和国(中国)は14億という民の上に中国共産党という政治家がいる。故に中国の軍隊・人民解放軍を所有、使用、管理しているのは中国という国ではなく、中国共産党という幹部の私有軍隊である。
 よって自国の中国国民を殺すことも憲法のない中国共産党軍には合法なのである。北に至っては国の上に金正恩という神がいる。この二国ににじり寄る文在寅は国家の私物化で、どこにも道徳がない。道徳がなければ倫理が起こらない。エゴの先の国家の私物化は……。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

韓国の財閥③

韓国の十大財閥は韓国企業でありながら株式の50%は外国人ヘッジファンドのものである。だから10大財閥の大スポンサーはアメリカで「トヨタが躍進、世界一」と報道されたらトヨタとは直接無関係の日本人でも胸を張る。それはホンダでもパナソニックでもソニーでも同じだが、韓国人の本音はできれば現代自動車を買いたくない、現代の社員は入社すると一生楽に食べられるが、それ以外は厳しい生活を強いられる。


 韓国民の勝ち組、負け組は20代前半戦で新幹線と鈍行が決まる。韓国は団結しなければならないときだが、それが貧富の格差による上級国民と下級国民という恨み、妬み、嫉みが根底にあるから一枚岩になれない。よって韓国の下地、バックボーンも行幸の兆しが全く見えない。

 

| | コメント (0)

韓国の財閥②

韓国十大財閥とはサムスングループ、LGグループ、現代自動車グループ、SKグループ、ロッテグループ、韓進グループ、斗山、
コーロングループ、ハンファグループ、錦湖アシアナグループでGDPの76%を占めている。中でもサムスンはGDPの22%で財閥の息のかからない職業は4%しかない。どうしてそうなったか。
 1997年~1998年、アメリカヘッジファンドはタイのバーツを叩き売り荒稼ぎをしたその金でインドネシア、韓国ウォンを浴びせ売り、そもそも通貨も原油も高値でも安値でも乱高下しなければ破局をまねかない、乱高下したらジェットコースターのように売られ韓国株が売られ国債が安くなる。韓国はアメリカドルをIMF(国際決算通貨)から借りた。その担保としてアメリカは安くなった十大財閥の株を買い占め小さい企業は傘下に置いた。その成れの果てが現在である。

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

韓国の財閥①

韓国経済は10の財閥で形成されている。その中でもサムスン電子は韓国GDPの22%を占める。日本換算でいえば日本は550兆、
トヨタ時価総額24兆円で4%、NTTグループが20兆で3.6%、ソフトバンクが9兆円1.6%である。世界のトヨタでも4%、それが今後どう影響がでれくるかは明日

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

-の中に+がある

 一休禅師は晩年、京都の大徳寺の再建に尽力した。なんとか再建は果たすも今でいう倒産の危機に襲われた。一休は弟子達を呼び「この先どうにもならないと思ったときに読むといい」と遺言を残した。弟子たちは必死に寺を維持しようと尽力したがどうにもならない。
 最早これまで、一休に教われと秘伝の書を開くことにした。その書を読んだ弟子たちは思わず笑い出した。
「心配するな、何とかなる」とあった。「-の中に+がある」まぁ私ならこういう
「幸せを追いかけたり掌中にする努力より、いつでもどこでも幸せを見つけ出す心を手に入れる才能に磨きをかけた方がいい」

 

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »