« 韓国の財閥④ | トップページ | 田嶋陽子とカールマルクス② »

2019年10月30日 (水)

田嶋陽子とカールマルクス

よくもまあこんな奴を出すものだというのに田嶋陽子、金恩珠、姜尚中が入る。彼らは揃いも揃って大学教授だが日本人への妬み、僻み、嫉み、恨みと呪縛だけである。学者としての見識など微塵もない。その中でも田嶋陽子は韓国人でもない韓国人もどきである。 一言目には男が悪い、二言目には日本人が悪いという。それで日本の男となれば憎悪の対象でしかない。よって田嶋陽子をこの世に送り出した源泉の親は、日本人ではない男かと思いきや紛う事無く日本人で田島も日本人の子だった。

人気ブログランキングへ 

|

« 韓国の財閥④ | トップページ | 田嶋陽子とカールマルクス② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国の財閥④ | トップページ | 田嶋陽子とカールマルクス② »