趣味

2008年5月 7日 (水)

三国志の始まり 第二弾

張角も最初は中国の為を思って立ち上がったのですが、だんだん統制がとれなくなった黄布賊は農民達から搾取、略奪を繰り返し朝廷から逆賊として討伐されます。その時に立ったのが劉備玄徳・関羽雲長・張飛翼徳です。彼らは自ら義勇軍を率いて黄布賊討伐に乗り出します。ここから三国志の物語が始まっていくのです。

これは現代にも通じる事だと思います。革命家は最初は理想を掲げますが権力を握ると独裁的になり私利私欲に走るのだと考えます。フセインしかりヒトラーしかりです。前者は
バアス党に入党して革命活動に入り王制を打倒して政権についたアブドゥルカリーム・カーセムの共産主義寄り政策に反対しました。その後大統領に就任すると、その直後に開かれた党大会で突如66人の人物を会場から連行させました。この内22人は死刑となり国民に恐怖政治を印象付け、その後も反体制派の虐殺などを含む様々な手段で強硬に弾圧し、大統領の独裁体制を構築しました。

後者は第一次世界大戦で(大ドイツ主義的)愛国心から熱狂し、また停滞した人生や貧困を打破するためもあって、オーストリア国籍のまま(ドイツ国籍取得は1932年)バイエルン領(1918年まで、バイエルン王国の主権を保持したまま、ドイツ帝国の一領邦として存在した)の志願兵として入隊しました。が、しかしドイツ帝国は敗北してしまい、このときヒトラーは祖国の誇りを取り戻すために、建築家を目指すことを放棄し、政治家を目指すようになったそうです。その後、ヒトラーは敗戦後も軍の情報関係の仕事を続け、激増した新党の調査を担当していた。その一環として参加した「ドイツ労働者党」の集会で演説者をやり込めたのが党議長の目に留まり入党します。その扇動的な演説によって多くの党員を獲得し、党の要人となったヒトラーは退党をほのめかすなどして上層部に圧力をかけ、独裁を認めさせました。党名を国家社会主義ドイツ労働者党(略称NSDAP、対抗勢力による通称ナチ)と改め1921年7月29日その党首となります。そしてベルリンオリンピック開催前後には諸外国からの批判を受け、一時的にユダヤ人迫害政策を緩和するものの、国力の増強とともに、ドイツ国民の圧倒的な支持の基「ゲルマン民族の優越」と「反ユダヤ主義」を掲げ、ユダヤ人に対する人種差別をもとにした迫害を強化してゆきました。

この記事を読んで良かったと思った方はランキングに投票して下さると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

メタボの大本はグルメブーム?

あまりポピュラーではないのですが私見を述べます。

世界三大珍味とは
キャビア、フォアグラ、トリュフ
私は、この中のひとつも食べたことはありませんが栄養価は確かにありますが、今は飽食の時代なので栄養をとる時代から、なるべくとらない時代に移っています。それどころかフォアグラ自体が脂肪肝ですからそれを口にすれば人体もまた脂肪肝となるのではないでしょう。三ツ星レストランガイドのミシュランに載るような店は味を競います。ということは濃い口、濃い味を人々は求めているので必然的にそうなります。たとえば塩分の多いラーメンのスープをラーメン好きな人が一日一回、一年で365杯食べた場合、塩分の量を半分にすれば180杯ということになります。当然、塩分半分の法が健康にはいいわけです。つまり高いお金を出して濃い味の料理を頼むとワインを飲み、ワインを飲むと運動ができなくなります。これは間接的に寿命を縮めていることになります。

健康には興味があるので私も色々とやっているのですが結局できることは日々の生活の中でよく眠ること・食事の量を少なめにすること・体を動かすこと、それから薄味にすることです。これは少しずつ薄めにしていけばダイエットというと量を減らしがちですが、味を薄くしていくほうがストレスもたまりませんし有効だと思います

以前、おからについて記しました。
家のハンバーグは、おから25%入りです。慣れてくると不思議なものでこれがハンバーグだと思っています。コンビニで肉まんを食べていると中華街の肉まんがまずいわけではないのですが、おいしいとも思いません。人間の味覚はいい加減なもので食べなれているものがおいしいと記憶されていくのだと思います。ホットケーキもお好み焼きもおからが40%入っています。ホットケーキには蜂蜜とかバター、ジャムはつけません。ホットケーキの中に等分が入っているので慣れてくればこれで十分です。つまり薄味に慣れると甘い・しょっぱい・辛い・すっぱいの味を察知するセンサーが鋭くなってくるような気がします。

味を濃くしておいしい料理を考えるのは楽ですが、薄味のおいしい料理を作るほうがよいと思っています。朝食はキムチとトーストで食べていますが、バターをつけるより健康的だとおもいます。キムチはタレが残りますので、それをパンにつけて食べるといいです。ぜひ、お試しください。

この記事を読んで良かったと思う方はランキングに投票してくださるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

三国志の始まり 第一弾

三国志は桃園の誓い、劉備玄徳と関羽雲長・張飛翼徳の三人が杯を交わし義兄弟になる時からの物語なのですが、それ以前の事をご存じの方はご存じの方は少ないのではないでしょうか。私も知らなかったのですが最近、弟がハマっている三国志大戦というゲームの中で動乱の始まりが説明されていたので記してみたいと思います。

「蒼天すでに死す、黄天まさに立つべし」
これは黄布賊率いる張角が掲げたスローガンです。時は後漢の十二代皇帝・霊帝の時代、政に感心を持たなかった霊帝の政権下で政治の実権は張譲ら十常侍と呼ばれる宦官らが握っていました。この十常侍は賄賂がまかり通る悪政を行ったため、売官により官職を得る者が後を絶ちませんでした。逆に賄賂を贈らない官吏は容赦なく罷免するという悪行三昧をしていました。次第に朝廷の勢力は衰えていき社会が不安定になり黄布の乱がおこりました。頭に黄色の布を巻いた事から黄布賊と呼ばれた集団はスローガンと共に中国全土に知れ渡りました。この黄布族を結成したのが張角という男です。彼は貧しい暮らしをしていて、薬草を採って売ったり、商人の荷物運びを手伝ったりしてなんとか生計を立てていたのですが人々の病をなおしている家に教祖の様な存在になっていきました。やがて太平道という組織をつくり自らが指導者となった張角は腐敗している朝廷を(蒼天)黄布賊(黄天)と称し「蒼天すでに死す、黄天まさに立つべし」というスローガンを掲げて朝廷に反旗を翻したのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな都市伝説知っていますか?

私の弟から聞いたドラえもん都市伝説です。どこから仕入れたのかは分かりませんが、有名な話から知らない話もあったのでアップしてみます。

ドラえもん都市伝説とはいくつかあり最終回に纏わる話があります。一つ目はある日、事故にあって植物状態になったのび太くんを、ドラえもんが天国へと連れて行くとゆう物語。二つ目は今までのドラえもんとの生活は植物状態ののび太くんが見ていた夢、実はのび太は心身障害者で、ドラえもんはのび太くんによる作り話(妄想)とゆう物語。 三つ目は植物状態で動かないのび太くんにドラえもんが自分の全エネルギーを与え、自身の命と引き換えに助けた。その後のび太くんがとまったドラえもんを抱きしめて、泣きながら『ドラえもん』と叫び、のび太くんの涙がドラえもんに当たった瞬間にドラえもん元どおりになり終わるという物語。

ちなみに3つめのエピソードはアニメ化された『丸出だめ夫』の最終回ほとんどそのままの話なんでそうです。 私は知らなかった話なんですけど有名な話らしいです。皆さん知ってましたか?

 ゆうき 蘭でした

この記事を読んで良かったと思った方は投票してくださると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

メタボ対策におから

最近、おからを使った料理を作っています。何と言っても良い点はおからは安い上に量が多いところです。豆腐屋さんによってはタダ、或いは20円くらいで買えます。最近は物価上昇で特に小麦は投機の対象になっていて高騰しているのでおからを使う事によってヘルシーで嵩が増えるので一石二鳥です!

今まで作った料理はハンバーグ・クッキー・ホットケーキ・お好み焼きです。一番いいのはホットケーキのように思います。それにオリゴ糖を付けて食べるのがお勧めです(^_^)

ゆうき 蘭でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

CCBが復活!

ものまねタレントのコロッケさんが美川憲一さんのものまねをしたところ、ご本人登場で(その事は初期だったので新鮮だったそうです)大ウケして、それから美川さんは再ブレイク、しかもお姉キャラを全面にだし紅白の常連となり今では小林幸子さんとの衣装対決は年末の恒例行事にまでなったと聞いたことがあります。まさに不死鳥の如く蘇りました。 

CCB復活の要因は内藤大介VS亀田大樹戦で亀田選手が反則行為を犯し、反則をけしかける父の言葉が録音されていて、その劇的な展開から内藤選手がクローズアップされました。内藤選手は30過ぎ子持ちで夫婦合わせて毎月12万の稼ぎで家族3人の生計を立てていたそうです。まさに亀田ファミリーの亀田トレインに対する地味だけど努力している見えない内藤ファミリーが脚光を浴びたのではないでしょうか。この時、内藤選手の入場曲「Romanticが止まらない」が使われた事によりCCBも注目されました。これは内藤選手がいじめにあっていた時、C-C-Bのラジオ番組にいじめのことを相談する葉書を出し、それが採用されたことから自分の入場曲にしたそうです。つまりハガキが採用されなかったら内藤選手の入場曲にならなかったかも知れません。そうなるとCCBの復活も無かった可能性がある訳です。

人生、努力しても報われない人はたくさん居ますし努力しないのに浮かばれる人も居ますが瓢箪から駒というか棚からぼた餅というか、ひょんな事からブレイクする事もあります。私はよくこのブログで因・縁・果という言葉を使うのですが、こうなるとどのようなメカニズムでなるのか全く分かりません。でも昔から類は共を呼ぶといいますので内藤選手が光って次にCCBが光るという事は偶然ではなく何か共通する見えない他生の縁の様なものがあるのではないでしょうか。これから先、科学が進んで因果関係が解明されることがあるかも知れません。この「Romanticが止まらない」は電車男でBGMとして流れていた時がホップ、ステップで今回がジャンプだったのではないでしょうか。

ゆうき 蘭でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)